トロピカドゥのオーストラリア・タウンズビル中学生・高校生留学サイト

タウンズビルについて

英語によるコミュニケーションがメインの静かな地方都市。

本気で留学をしたい人に最適!

観光地として有名なケアンズより南へ350キロ。国内線で50分、車で3時間半。
“Dry Tropics”と言わるタウンズビル周辺は、年間300日以上が晴天に恵まれ、沖縄の気候に近い温暖な地。

人口約20万人で、クイーンズランド州北部の行政都市。グレートバリアリーフのちょうど中心部に位置することから、海洋関連の研究機関が集まっています。在住日本人は推定で200人前後、タウンズビルより人口が少ないケアンズでは3000人とも言われていますので、街中で日本語に遭遇することはまずありません。

早くから商業都市として栄え、亜鉛や石炭などの天然資源や牛肉をはじめ様々なものが輸出されており、観光産業に力を入れる必要がなかったことから、現在でも観光客は他都市と比較すると多くありません。

こうした背景により日本での知名度は高くないものの、日本とのつながりはあり、1896年、オーストラリアで初の日本領事館が設置されたのはタウンズビルでした。19世紀後半、Torres Strait Islands(オーストラリア北部の島々)に、真珠貝の養殖ダイバーとして和歌山県串本町、鹿児島県からたくさんの日本人が出稼ぎに来ました。第二次世界大戦がはじまると全員収容所に送られたそうですが、それまでは約900人の日本人がいたという記録があり、タウンズビルには日本人のお墓があったり、日本の苗字を持つオーストラリア人もいます。

終戦後は、両国の努力により関係が修復され、タウンズビルでは、日本語授業のある学校も多くあり、現在は福島県いわき市と山口県周南市が姉妹都市になっています。

大きすぎず小さすぎない地方都市なので、地理を把握しやすいのもメリット。未成年のうちはこうした静かな環境で学校生活に集中し、自身で判断して行動できる年齢になってから大きな都市で活躍するのも一つの安心・安全な方法としてお勧めします。