日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

先日行われた某高校生グループの
さよならパーティでのこと。
5年以上毎年ホストファミリーを
してくれている2家族から
思いがけないプレゼントが!!

ある家族からは花束と
チョコレートとカード。
もう一つの家族からはワイン♪
一番下の子が今年で卒業なので
今年が最後。
ホストファミリーとしての『機会』を
提供してくれて有難う。
こうした「仲介人」の努力は
見落とされがちだからね。
というメッセージをいただきました♪
感謝感激雨あられ〜。
こちらのさよならパーティでは
訪問校の校長先生などが
ホストファミリー、オーガナイズ
担当の先生方を皆さんの前で
名前を出してねぎらいます。
ここで弊社の名前がでることは
なかったわけではないですが
ほとんどありません。
私としては、商売でやっている以上
あくまで黒子の立場を徹したいので
それでいいと思ってます。
ホストファミリーがいて
初めてこうした研修は成り立つ
わけで、こちらが感謝・感謝なのですが
それでもこうして伝えてくれるのは
やはりうれしいものです。
泣かないようにするのに必死でした(笑)
これからも、できるだけ
全関係者が貴重な体験をできるよう
最善を尽くしていこうと新たに
思った次第であります。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ただいま日本からの夏の語学研修の
団体様絶賛受け入れ中♪
某高校の団体が地元の小学校に
半日訪問するプログラムがありました。
こちらの小学校は、海洋生物を
本格的に飼育していることでも
定評ありの学校。
先日、ある生物の赤ちゃんが生まれたそうな。

さて、何でしょう?
親御さんはこちら。


他にも水族館並の魚などが
多種います。



ちなみに育ってきたところで
一般に売るそうですよ。
これは良い資金になるでしょうなあ。
海洋生物の飼育に詳しい先生が
いらっしゃるので
実現しているプログラム。
平日は生徒が順番で
お世話しますが、
週末もスクールホリディ中も
毎日学校にいらっしゃるそうです。
でもって、夏にサイクロンなどがきて
停電になると、もう大惨事。
数年前にそういうことがおきて
しまって、すべて作り直したとか。
停電にならないことを祈ります。。
先生の努力にもアッパレ!

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 先日ご紹介した高校生グループ、
次はジェームズクック大学の
Marine and Tropical Biology部門に訪問。
海洋生物学、熱帯生物学、
養殖関連、動物学、遺伝子関連、
環境保全などを研究しています。
その中で、キャンパスの中で
見られるプロジェクトを見学。

海ガメの生態を調べるプロジェクトの
一環で、小さな海ガメの赤ん坊を
採取してきて、ある程度の大きさまで
育てて、GPSをつけて放すのだそうです。

小さくてかわいいですのう。
ちょうど食事の時間だったので
生徒さん達もお手伝い。
イカか何かだったような。
一般の私達が見ても普通に
かわいいと思うのですが、
こういう海洋系の研究は
さらに輪をかけて心から愛している
方々が多い。
つまり、仕事となれば
趣味=仕事に限りなく近づくわけで
空きも頻繁に出る方でもなく
就職は難しいのだとか。
最低でも、master(修士号)が
ないと厳しいらしい。
そりゃそうでしょうな。
たいてい、説明してくれるスタッフや
学生の目がキラキラ輝いてます。
そういえば、昔ご近所に
熱帯生態学の教授がいらしたのですが
専門は、家畜につく寄生虫でした。
食事のときでもいつでも
本当に子どものように
うれしいそうに寄生虫の話を
してくれたものです。
聞く方は、うぇ〜って感じでしたが(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 先日は高校生グループにアテンド。
このツアーはサイエンスに特化した
内容で、訪問校の方でもサイエンス系の
特別授業を組んでくれました。

簡単な実験もありました。
本当に簡単な内容でしたが、
白衣(青いけど)を着たり、
いつも使っている器具を英語で
把握したり、英語で指示を受けたりでは
またいつもとは違った、
新鮮な経験になったことと思います。



ところで・・・・
先日、ある方のブログで、
『現在の千円札の色は何色ですか?
と聞かれたら、迷わず『青』といいますが、
若い子は全員『緑』と言い、きれいに
2つに分かれました』
という話がありました。
私も迷わず青。
緑なんかあった?と思うくらい。
この質問の答え、20代のどこかで
分かれるようですが、今回の高校生に
聞いてみたところ、なんとほぼ全員
迷わず『緑』と答えました。
(なかにはグレーと答えた生徒さんも
いましたが・笑)
なんなのでしょうか、この違いは。
色覚は年齢で変るのか?



・・・ ←ポチッとお願いします♪

今月より学校の新年度が始り
姪っ子2番目は7年生、日本で
いうと中1になりました。
で、先日のこと・・・
夕食の後にキッチンで何か
やってるなあ。。。
と思っていると
これをもって登場。

りんごの飾り切り?とでも
言うのでしょうか。
(丸いものはキャンドルで単なる飾り)
学校で習ったそうですよ。
時間はかかるものの器用に
やるもんですな。
これにトライして指を切った生徒が
7人いたそうです。
デイジーは大丈夫だったとか。
中1にしてはなかなか高度なものを
教えるもんですね。
そういえば、ナイフの正しい使い方を
覚えるということで、私の場合は
小3で全員小刀を持たされました。
そして毎日鉛筆を自分で削る。
鉛筆削り大会なんてもののありました。
ラジオが取材に来たのを覚えています。
指を切ったこともあったでしょう。
でも、どこかで習うべきものですね。
鉛筆削りも実用的でいいですが
りんごはその後おやつになるので
こちらの方がうれしいかも(笑)
・・・ ←ポチッとお願いします♪

 あっという間に1月も4週目。
オーストラリアでは来週から
学校(1学期)開始。
この1学期間に留学にくる
生徒さんたちがいらっしゃいまして
短い留学ならば日本の学校の
制服で登校しますが
ある程度長いので、留学する
学校の制服を着用すべし
という指令が学校からでました。
こちらの場合通年夏服だし
日本の学校よりは総額は
低いのではないかと。
セカンドハンドも普通に学校で
販売されております。
ちなみに、この学校の制服で
『高いんだから失くすんじゃ
ないわよ』と
言われているアイテムはこちら。

帽子。
麦わら帽のようにも見えますが
かなりカチッとしたしっかりしたもの。
これは女子の場合で、
男子は全く別のデザインですが
これが、また1つ$80〜90で
はっきりした値段はわかりませんが
1番高いアイテムらしい。
で、ある生徒さんの希望により
セカンドハンドをゲット。$20.
今回は、たまたま保護者間で
セカンドハンドを売買するイベントが
あったのでそこから購入。
購入を予約したときに
『じゃあ、洗っといてあげるね』
と。
白いので汚れも目立つのでしょう。
で、引渡しの時に
『これ洗うのに一番良い方法しってる?』
と聞かれまして、
『さあ・・』と答えたところ
『ディッシュウォッシャー(食洗機)で洗うのよ』
そうなの?
これまた意外な発想。
どれだけの人がそうしてるのか
わかりませんが、主婦同士の
情報交換で伝わってはいるでしょう。
最初にやってみようとしたお母さん、
なんだかスゴイ。
・・・ ←ポチッとお願いします♪

 某語学研修グループの
歓迎アフタヌーンティに同行。
メニューは特にリクエストしませんが
オーストラリアならではのものが多い。

今回のグループは、参加生徒さん
各自にオーストラリアに関するテーマが
与えられて、それを調べて全員で共有する
という事前研修をされていました。
その方が、現地に来てからの発見が
『ああ、これか!』
と、知識と現実がつながって
学ぶことも多いし、記憶が残りやすい上
感激度が違うのであります。
今回のテーマのひとつに
『食べ物』があり、
そこで情報共有したものが
ドンピシャで出てきました♪

☆べジマイト・サンドイッチ☆
オージーですら何でできているのか
よく知らんという、茶色いペースト。
酵母から作られており、ビタミンB群が
豊富だとか。
オージーに限らず外国人にとって
日本食では納豆が難関なのに対して
オーストラリアではこれが日本人には
好き嫌いが激しく分かれるものの一つ。
見た目がチョコレートのようなので
見た瞬間に『甘いもの』と決めてしまう上
そのまま食べるから、うぇ〜となるのではないかと。
写真のように、焼きたてのフワフワパンに
バターを塗って、べジマイトを薄く塗ると
おいしい、と私は思います。
ちなみに、今回は訪問校でホスピタリティを
履修している生徒さんが全部用意してくれました。
このように機会をとらえて
授業や課題の一部にしてしまう方式は
個人的には好きでして多いに賛成。
先日、別の学校では
約200人分のさよならパーティ用ディナーを
生徒12人で1日かけて作ってくれました。
どちらもとてもおいしゅうございました。
その熱意と努力に感謝!!
・・・ ←ポチッとお願いします♪

 夏の語学研修、前半のピークを
迎えようとしております。
タウンズビルまではるばる
お越しくださる方々は皆様
スペシャルでありますが、
今年は特にスペシャルな
グループがありました♪
なんと、訪問10周年!
これを記念しまして
訪問する学校で、過去10年間に
受け入れに携わってくださった
スタッフ、しかもすでに同校では
働いていない方までお招きしまして
盛大なディナー開催。
そして、最後にはこんな演出が。。。

スペシャルケーキ登場♪
こういうのはオージーは
上手いんだよね〜。
(色はすごいけど・笑)
どんどん人気がでている、この研修。
来年もお待ちしております♪
・・ ←ポチッとお願いします♪

 先日タウンズビルに訪問された団体。
共学ですが、今回はたまたま女子のみ。
ツアー自体がサイエンスに
焦点を当てたもので
まさに、日本で今話題の
『リケジョ』の皆様。
訪問先の学校では
素晴らしいプレゼンの数々。

『日本のトイレ』
これ、本当に海外では
良いネタ。
恐らくすべることがないのでは。。。

そして、中山教授のiPS細胞。

学校から貸し出されたiPadを使用して
動画で説明していた生徒さんもいました。
時代は本当に変わりましたね〜(トオイ目)
この他にもジェームズクック大学で
特別講義を受けたりしましたが、
同大学が今行っている研究やその背景に
ついても説明を受けました。
長い話を短くすると、
今この地球では、経済や人口が
急速に伸びているけれども
食糧や自然保護はそのスピード
ともなっておらず、今後の地球の運命に
関して、現在非常に大切な岐路にあると。
なので、今の若い人たちが
もっとサイエンスを勉強し、
賢い選択をし、未来を切り開かねばならない。
The World needs YOU!!
と、リケジョの皆さんに
力強くおっしゃってました。
確かにその通り。
皆様、これからも理系に
英語にがんばってくださいませ!
・・・ ←ポチッとお願いします♪

中・高校生の語学研修グループでは、
通常、学校の最後の日の夜に
ホストファミリーも招いて
さよならパーティを開催します。
お別れのごあいさつ、
お礼のパフォーマンス、
プレゼント交換などなどが
ありまして、
夕食もでるわけですが、
デザートとして、こんなケーキを
用意してくれる学校もあります。


A3用紙を上回る大きさの
特大ケーキ。
日本人の好みを知ってか知らずか、
見た目は地味目。
学校によっては、赤・青・黄色・緑・・・など
いかにも、『オーストラリア!』的な
カラフルなケーキだったり、
その学校のスクールカラーだったりします。
バタークリームケーキなので、
味はほぼいっしょのような気がする。。。
これを小さく切ってとりわけてくれますが、
これだけ大きければ、150人分のパーティで
ほどよくなくなります。
生クリームたっぷりのケーキが
食べたいな〜という思いが
頭をかすめつつ・・・
が、しかし、
これは主旨が全く違いますので(笑)
なかなか心憎い演出に感謝♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪