日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

 週末はジェフが遠方で
同窓会だったため
私1人。
1人ということはですよ・・
夕食はアレで決まりだ!

イカ墨ペースト。
ジェフが某オーガニック店で
入手してまいりました。
ちなみに、私が楽天で購入
したものと偶然同じもので
スペイン産。
で、作ったのはこちら。

☆イカ墨リゾット☆
ジェフはペーストを買ってきたと
言っても、これは食べられません。
やはり色が強烈らしい。
最近、タウンズビルでもやっと
イカ墨練りこみ煎りパスタが
購入できるようになり、ジェフは
これはクリア。
が、パスタの場合は
パスタに練りこんであるくらいじゃ
風味なんかわからないではありませんか。
甘い、甘い ┐(´-`)┌
そうじゃなくて、やっぱり
ソースそのものがイカ墨じゃないとね〜。
とうことで、ジェフがいないときは
これ。翌日はパスタも作りました♪
調理としては全く難しくないというか
むしろ簡単。
レストランと違い、口の周りが
真っ黒になろうが、誰の眼を
気にすることもないので
これについては、お家ご飯が◎。
おいしゅうございました♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 最近、ジェフが育てだしたアレが
我が家の食卓の定番になる感じ。
さて、これはナンでしょう?

ヒマワリでございます。
先日、オーガニックのヒマワリの種を
かかえて帰ってきまして
種でも煎って食うんかい?
と思いきや、ぎっちりトレイで
育ててます。
いわゆる「スプラウト」ですね。
双葉をいただきます。
スプラウト系は概して栄養価が
高いようですが、
ヒマワリの場合は、ビタミンA,B、C,E類、
アミノ酸、ミネラル類、葉酸、抗酸化作用などなど
あるらしいです。
今の季節、まだ野菜を作るには早く
葉物はスーパーに頼るしかないのですが
大して新鮮でないものも多く・・・
が、しかし、これのおかげで
安い+うまい+早い(成長が)、さらに
栄養価が高い!!
ということで、最近のサラダは
こればっかり♪
ジェフ、なかなか良いものを
見つけてきました。
すっかり我が家の定番。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2015/03/25

Anniversary!

 私事ではございますが、
先日、14回目の結婚記念日でした。

レストランで夕食をとりまして
結婚記念日だといったら
こんなデザートをいただきました。
「ブラッド・オレンジのソルベ」
満腹ではございましたら、この手の
さっぱり系はおいしくいただけました。
ああ、幸せ。
ところで、オーストラリア人は・・・
というか、西洋諸国ではなのかもしれませんが
誕生日は当然として、結婚記念日やら
『記念日』というものを大切にする人が
日本より多いような気がします。
小さなお子さんがいても
ベビーシッターをアレンジして
二人で食事に出かける人は多いのでは
ないかと思います。
結構、みんなちゃんと覚えてる
のがすばらしい・・・・と、
なぜか思ってしまうのでした。

それと、英語でいうanniversary。
この単語、使用される範囲が結構広くて
慶事だけではなく、不幸な出来事でも
その日がやってくると、この単語と使います。
anniversary=記念日=祝う
で覚えてしまった私としては
最初は違和感を感じましたが
本来の意味は、『忘れないように
思い出す』という意味ですね。
辞書の字面だけでなく
やはり前後の文章の理解があっての
外国語習得ですね。。。




・・・ ←ポチッとお願いします♪

 昨日ハイウェイを走っていると
こんな集団に遭遇。

うおおお、バイキーズだ!!

この方々は良い人達なの
悪い人達なの、どっちなのーーーー?

こちらの暴走族は
テレビ番組でいうとアメリカの
sons of anarchyに近いでしょうな。
犯罪・暴力集団。が、日本のそれと
違う点といえば、その年齢層の高さ。
日本の集団が世界的に見れば
特異なのかもしれませんが。
最近、QLDでもanti-bikies law、
正式名称としてはVicious Lawless Assocation
Disestablishment lawsなるものが導入され
暴走族26団体が指定され、
その活動の抑制に力が入れられております。

でもって、方や、
こうしたツーリングを趣味とする団体や
チャリティ団体もあるわけなのですが
見た目がほぼいっしょではないかと。
今回は、列の合間合間にパトカーが
いたので、チャリティだろうなとは
思いましたが。
ググッてみたらこの方々は
Black Dog Rideという
精神面の健康を推進する
チャリティ集団でした。
真っ黒のヘルメットで
見た目は怖ったけども。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 ジェフの枝豆がやっと収穫できました。

やはり採れたてのものを
さっと茹でていただくのは
歯ごたえが違います。
日本のものより小粒ですが
まあ、こんなものなのでしょう。
こちらで手に入る冷凍ものは
中国産。
中国産でなくても
一度冷凍しちゃうと味と歯ごたえは落ちるし
中国産のものは衛生面が疑問だし。
先日の中国でパッキングしたベリー類から
A型肝炎になった事件も追い風になり、
なおかつ、いまだタウンズビルで枝豆を
作っているのはジェフ1人らしく
マイクロ農園ながら、ここ数週間は
オーダーに追われる模様。
サイクロンがこちらにこなかったので
ぐんぐん成長中。
が、しかし雨少なすぎ!
次の野菜シーズンを考えると
雨がもっとほしい。
ということで、ジェフ雨乞い中。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 ただいま、タウンズビルの学校で
インターンシッププログラムに参加している
日本からの大学生がいます。
その中の1名がトロンボーン奏者なのですが
ジェフとたまたま話をしていて
すごい発見をしてくれました。
ジェフの祖父(ドイツ人)もトロンボーン奏者で
大学の教授でございました。
それをもとに、その学生さんが調べたところ
その義理の祖父とは
現在のNHK交響楽団の首席トロンボーン奏者
栗田雅勝氏の師匠だったとか。
日本には行ったことないのではないかと
思いますが、こんなところで日本とつながりが
あったとは。

ジェフの祖父は写真右。
ちなみにこの写真は義父が持っているもの。
実は、この時の演奏がユーチューブでも
見られるという!ヒャ〜!
写真中央のどちらかの方は
芸大の客員教授で
手前のアジア人の方はどなたかわからず。
残念ながら一度もお会いすることは
できませんでした。
いろいろ作曲もされていたそうで
オクトーバーフェスト(ビールのフェスティバル)で
歌われるビールソングも作曲し
ドイツ人なら良く知っているものもあるらしい。
(ビールソング自体は多数あります。
シャウエッセンのCMで流れているようなヤツ)。
で、裏話としては、かなり昔の話だ
そうですが、そのコピーライトを
何の役にも立たないだろうと思って
超低価格で誰かに売ってしまったらしい。
そのコピーライトを取っておけば
今頃莫大な遺産が入ってきたのでは
ないだろうか・・・・と憶測するファミリー
メンバー。
というオチ。

・・・ ←ポチッとお願いします。

 ラグビーリーグ、シーズン開幕
しまして、土曜日は久しぶりに
わがカーボイズのホーム観戦。


また同じ席に戻ってまいりました♪
結果は、16-14で負け。
前半14-0で勝ってたのにね〜。
が、しかし、素人目でも
負けるな・・・とは
予測できましたけども(笑)
一人一人はよくても
チームとして上手く動けなければ
勝敗はわかりませんのう。
特にこういう大所帯のスポーツは
そこが醍醐味といえばそうなのか。。。
先週のラウンド1も負け。
スロースターターではありますが
早くも波乱万丈気味。
大丈夫か、カーボーイズ。

・・・ビールがまた値上がった。
オーストラリアとは、値上げに
本当に躊躇がない国であります。
トホホ。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 本来の自然に戻そうという
あるプロジェクトに参加したことにより
数年前に、専門家がきて
うちにあるネイティブの植物を
リストアップしてくれました。
そのうちの1つが
これまたなかなか見られない、
というか、なかなか芽を出さないものが
ありまして。
ところが、2年ぶりに花を
咲かせているのを発見!!


名前はnative Rosella
( Abelmoschus moschatus subsp. tuberosus)
普通、ロゼラというと、
日本でいるハイビスカス茶に
使われているもの。
ということで、ハイビスカスにも
似てるし、オクラにも近い。

本当に鮮やかな小さな花。
花も葉も茎も根っこも
本来はすべて食べられるそうで。
薬草としても知られてるのだとか。
もちろん、食べませんけども。
今のところ1株だけだし。
いや、増えても食べないけども。
前回は、どうやらワラビーに
根こそぎ食べられたので
今回は、ワイヤーをはって保護。
ワラビーは、草なら何でも
食べるのかもしれませんが
特にハイビスカスの新芽は
好きですな。
うちはことこどくやられたので
ハイビスカスもフェンスの中。

来年の夏はもっとたくさん
顔を出しておくれ〜♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 先日ご紹介した高校生グループ、
次はジェームズクック大学の
Marine and Tropical Biology部門に訪問。
海洋生物学、熱帯生物学、
養殖関連、動物学、遺伝子関連、
環境保全などを研究しています。
その中で、キャンパスの中で
見られるプロジェクトを見学。

海ガメの生態を調べるプロジェクトの
一環で、小さな海ガメの赤ん坊を
採取してきて、ある程度の大きさまで
育てて、GPSをつけて放すのだそうです。

小さくてかわいいですのう。
ちょうど食事の時間だったので
生徒さん達もお手伝い。
イカか何かだったような。
一般の私達が見ても普通に
かわいいと思うのですが、
こういう海洋系の研究は
さらに輪をかけて心から愛している
方々が多い。
つまり、仕事となれば
趣味=仕事に限りなく近づくわけで
空きも頻繁に出る方でもなく
就職は難しいのだとか。
最低でも、master(修士号)が
ないと厳しいらしい。
そりゃそうでしょうな。
たいてい、説明してくれるスタッフや
学生の目がキラキラ輝いてます。
そういえば、昔ご近所に
熱帯生態学の教授がいらしたのですが
専門は、家畜につく寄生虫でした。
食事のときでもいつでも
本当に子どものように
うれしいそうに寄生虫の話を
してくれたものです。
聞く方は、うぇ〜って感じでしたが(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

 先日は高校生グループにアテンド。
このツアーはサイエンスに特化した
内容で、訪問校の方でもサイエンス系の
特別授業を組んでくれました。

簡単な実験もありました。
本当に簡単な内容でしたが、
白衣(青いけど)を着たり、
いつも使っている器具を英語で
把握したり、英語で指示を受けたりでは
またいつもとは違った、
新鮮な経験になったことと思います。



ところで・・・・
先日、ある方のブログで、
『現在の千円札の色は何色ですか?
と聞かれたら、迷わず『青』といいますが、
若い子は全員『緑』と言い、きれいに
2つに分かれました』
という話がありました。
私も迷わず青。
緑なんかあった?と思うくらい。
この質問の答え、20代のどこかで
分かれるようですが、今回の高校生に
聞いてみたところ、なんとほぼ全員
迷わず『緑』と答えました。
(なかにはグレーと答えた生徒さんも
いましたが・笑)
なんなのでしょうか、この違いは。
色覚は年齢で変るのか?



・・・ ←ポチッとお願いします♪