日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け
2014/08/17

オーストラリアの定番で歓迎。

 某語学研修グループの
歓迎アフタヌーンティに同行。
メニューは特にリクエストしませんが
オーストラリアならではのものが多い。

今回のグループは、参加生徒さん
各自にオーストラリアに関するテーマが
与えられて、それを調べて全員で共有する
という事前研修をされていました。
その方が、現地に来てからの発見が
『ああ、これか!』
と、知識と現実がつながって
学ぶことも多いし、記憶が残りやすい上
感激度が違うのであります。
今回のテーマのひとつに
『食べ物』があり、
そこで情報共有したものが
ドンピシャで出てきました♪

☆べジマイト・サンドイッチ☆
オージーですら何でできているのか
よく知らんという、茶色いペースト。
酵母から作られており、ビタミンB群が
豊富だとか。
オージーに限らず外国人にとって
日本食では納豆が難関なのに対して
オーストラリアではこれが日本人には
好き嫌いが激しく分かれるものの一つ。
見た目がチョコレートのようなので
見た瞬間に『甘いもの』と決めてしまう上
そのまま食べるから、うぇ〜となるのではないかと。
写真のように、焼きたてのフワフワパンに
バターを塗って、べジマイトを薄く塗ると
おいしい、と私は思います。
ちなみに、今回は訪問校でホスピタリティを
履修している生徒さんが全部用意してくれました。
このように機会をとらえて
授業や課題の一部にしてしまう方式は
個人的には好きでして多いに賛成。
先日、別の学校では
約200人分のさよならパーティ用ディナーを
生徒12人で1日かけて作ってくれました。
どちらもとてもおいしゅうございました。
その熱意と努力に感謝!!
・・・ ←ポチッとお願いします♪