日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

先日、こんなアクションショットを撮りまくり、
おお、ちゃんとしたカメラはいいね〜
なんて言っていたら、、、


またカメラの調子が悪くなり・・・(泣)
昨年10月末に日本で買って、
1月末におかしくなって
オーストラリア内の指定の業者(メルボルン)に
修理に出して、帰ってきたのが3ヵ月後。
でもって、また同じ症状が。。。
また3ヵ月待つ・・・というのも
考え物だったため、
日本にあるメーカーと話をして
日本に帰る両親にカメラを託し
ただいま日本で修理ちう。
やはり、メンテナンス系というか
サービス系は相変わらず
心もとないな〜オーストラリア。
ちゃんと治って
早く戻ってきておくれ〜。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、たまたまランチ時に
シティに行ったので、
ブルーワリーでランチをしました。

             Brewery Townsville
ブルーワリーとは、その名の通り
醸造所。
こちらで、常時7〜8種類の
ビールを造っております。
『ビール界のオリンピック』
なるものが、ドイツで定期的に
開催されるらしいですが、
そこでよくメダルを取ってくるツワモノ。
どのビールでもおいしい、と思う。
で、ランチは
ビール1杯付きで$10.
物価高のオーストラリアでは
なかなかのgood deal.
ランチをとっているときに
一部のビールはカートンで
買える!ということに
今更気づき、早速購入。


MADE IN TOWNSVILLE AUSTRALIA
この堂々とした表記、いいじゃないの♪
このラベルにも書いてありますが、
モルトはオーストラリア国内産+
ポップは、チェコ共和国からの輸入もの。
聞いた話では、
このチェコ産の『サーズ』ホップというのは
ヨーロッパでは伝統的なもので
ビール界では有名らしく、
味としてはハーブの香りが強いらしい。
ハーブっぽいと、
ビタービールは作りにくいもの
らしいですが、こちらでは
見事にビタービールを醸造。
味は、ハイネケンに似てます。
最近、ジェフのビール復活より
我が家の冷蔵庫には、
ビールを3〜4種常備。
その時の気分で
ビールを選んで
夕日をみながら楽しんでおります。
夏だし。

ちなみに、
先ほどのブルーワリーでは、
こんなメニューもあります。

お試しビール $12.
個人的には、赤ビールと黒ビール
お勧め♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2013/09/25

並ぶ犬。

前回に引き続き
甘えん坊のモシ(ワンコ)の話。

うちのワンコは、
私が家で仕事をしているときは
同じ部屋でたいてい寝てます。
クッションというか、
ワンコ用ベットもおいてありますが、
最近暑くなってきたので、
床にそのまま寝る方が
気持ちがいいらしい。
最近の様子・・・


そんなに小さい部屋じゃないんだから
もう少しスペースを有効に使ったら
どうだろうか、君達。。。
というか、モシがマペットに
くっついていくというのが
本当のところ。


まあ、微笑ましいというば
微笑ましいが、
マペットはモシのうっとしさ(笑)を
我慢強く受入れております。
モシが来てから
マペットは少し老けました。
それにしても
両者の絡みを見ていると
面白いもんです。
多頭飼いのほうが
ワンコの性格がわかって
楽しいですな。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

我が家の若手モシは来月で1歳。
どんな動物でもそうでしょうが、
持って生まれた性格がありまして、
彼女は若干怖がりというか臆病。
いつも誰かにくっついている感じ。
ジェフと私が長期でいないときは
どうやってサバイバルするのか
ちと心配。
自立していて、わりとタフなマペットが
いっしょであれば大丈夫だとは思うものの、
もう少し強くならんかね〜。

ということで、先日、
ちょっと厳しくしてみました。


川に落とす。。。(ひどい?)
ヒャ〜という、なんともまあ
ステキな体勢。
一旦水にはいれば、
彼女は泳げます。

『ふう。。。あ、でも、平気じゃん、自分』
とでも、思っていただけたら
これ幸い。

今のところ、ビーチに行っても
ほんとに小さい波にも
ビビって海に入れない。
川もなんとなく淵から
覗き込んで、入るのを躊躇。
こればかりはマペットが
泳いでいても追いかけない。
先代スクービーのように
自分から川に飛び込めるように
なってほしい。

↑ これはスクービー。
彼の跳躍力はピカ一でした。
これくらいまで成長してほしいね、
モシ。
そうすれば、気兼ねなく
長く留守ができそうだ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

我が家には、初代オーナーが
作成したと思われる池があります。
水がたまって蚊がわくと困るので
グッピーを放してあります。
で、先日、その池で
ジタバタする音が・・・
滞在中の父がみつけました。

なんと、クッカバラ(ワライカワセミ)が
池から出られず、ジタバタ。


さほど高さはないのですが、
羽がどっぷり濡れると
飛べないのかしら。。。
しかたなく、
ワタクシの父が棒を使って
外に出してあげました。

その後も、地面でじっとしていたり、
少しずつ場所を移動。


飛び立つまでに約30分。
怪我をしているのか
もともと弱いのか
ドジなのか
それとも、
鳥とはそういうものなのか。。。

うちのワンコをフェンスの中に
いれておいたからよかったものの
これでは、野生では心もとないなぁ’。。。
ワルいやつらにつかまらんように
がんばって生きてね。

・・ ポチッとお願いします♪

7年ぶりに両親がタウンズビルに
遊びに来ております。
過去12年間で3回目の訪問で
ありますが、今まで行ったことのない
マグネティック島へ連れて行きました。

マグネティック島は、
中・高校生の団体ツアーの
エクスカーションで何回も
行っていますが、
ツアーのコースは若者向けで
シニアクラスには少々きつい(笑)。
いつもは、the Fortという、
第二次世界大戦中に豪・米合同軍が
日本軍侵入を見張る目的で
作られた見張り台まで行、ウォーキングトラックを
歩きながら、野生のコアラを見つけるアクティビティを
しますが、さすがにシニアにはちょっと長い道のり。
が、しかし、野生のコアラを見せたい。
で・・・
7月にジェフが島に行ったときに
バスのドライバーに秘密の場所を
聞いておりました。
バスのドライバーは、たいてい
コアラの居場所を良く知ってます。


いました、いました〜♪
この子は、ソフトボールより
一回り大きいくらいの赤ちゃん。
めちゃくちゃ、かわいらしい。
お母さんはこの下でお休み中。


こちらも親子。


足の裏ってこんなに
真っ黒だったのね。

こちらも親子。
ここは、比較的新しめの住宅地で
家が建っていない一角。
ユーカリの木10本程度が
密集してるだけですが、
そこに親子が3組も。
1組は手で触れるくらいの高さにいたので
(→もちろん、触りませんけども)
近所の皆さんも、野生のコアラを
遠くから優しく見守っているのが
伝わってきます。
あれだけ狭い場所で
赤ん坊が3匹とは、
なかなか健康的な生息状態ですな。

いつもはバスでのツアーですが、
今回は自分の車で行きました。
いつも行かないところも回りまして
なかなか楽しい1日でございました♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、ワンコ用の新しいブラシを
買いにペットショップへ。
たいしたものがないんだろうな、
またいつものを買うのか・・・
と思ったところ、
目新しいデザインのものに遭遇。


『SHEDEZE』
かみそりのように見えますが、
金属製の細かいブラシ。
普通のブラシよりは
少々お高いですが
その宣伝ビデオを見て
ちょっと賭けてみたくなりました。
これで抜け毛が90%減るとか。
ほんまかいな?


こうやってなでる感じで
(実際にはがっしり握りますが)
アンダーコートがごっそり取れる。
ワォォォ、ほんとだ!
普通のブラシより、全然画期的。
これで抜け毛が90%減る!
のが、本当かどうかは後日検証するとして、
90%減らなくてもかなりうれしいかも。
これでノッツ(毛の絡み)が減りそうだ♪

日本では、すでにありそう・・・.
そして、やはり、安物は避けた方が
良いものが多いオーストラリア(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日のこと、
少し前にアデレードに引っ越された友人が
仕事でタウンズビルにいらっしゃるということで
久しぶりに、数人で集まってランチ。
たまたまその日は、
彼女の誕生日+もう一人の参加者も
数週間後に誕生日ということで
これまたある方がケーキを作って
持ち込んでくれました〜。
お誕生日おめでとうございます〜♪
イェ〜イ!


堂々たる誕生日ケーキ(笑)
そう、お二人とも50歳。
そういえば、このお二人+もう一人
ブリズベンに引っ越されたお方合同の
40歳バースディパーティにも参加したのでした。
10年前か・・・(遠い目・・・)
月日が経つのが
どんどん早くなっていきますな・・・。

ケーキ2台、
チーズケーキとブランデーケーキ。
どちらもおいしゅうございました。
感謝♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2020年東京オリンピック開催決定万歳!
スバラシイ♪
9月7日は日本はこれで
大騒ぎだったことでしょう。
同日、オーストラリアでは国政選挙。
こちらは選挙は土曜日1日だけでありまして、
政権交代が実現。
これも大決戦でしたが、
タウンズビルでは、もっと大事な決戦が!

我カーボーイズ、今年最後のホームゲーム
         &
ファイナル行けるか?
         &
つまり、6連勝なるのか?
         &
Matthew Bowenの最後の試合、
有終の美を飾れるか?

という、えらい大事な夜でした。
(おそらく、多くの人にとり・笑)

結果は、50-22で圧勝♪
Mattyも2トライ決めてよかった、よかった。

通常、彼はトライの後のコンバージョンの
キックはしませんが、
現役最後の選手に最後にやらせてあげる
といのは良くあり。
いやいや良かった。
有終の美が飾れて♪
そして・・・
普通は試合が終わると
さっさと帰る人が多い中、
この日は、かなり多くの人が
試合終了後、ファンへのあいさつのため、
Mattyがグランドをぐるっと回ってくるまで
立って待っていたではありませんか。
この間、インタビューもあったりして
20分くらい。
辛抱強く待ちましたよ〜。
さすが、世間が認めたレジェンドは違うわ。

さあ、今週末はノックアウトファイナルで
シャークス戦。どうなりますことやら。。。

ちなみに・・・
ハーフタイムのダンスは
チアリーダー達より
マスコットの牛君を見てる方が
断然面白く(ダンス結構上手い)

そして、もう一つの矢印、
うちの姪っ子、仕事ちう。
カメラマンの後ろについて
マイク持ち。
さあて、来年も来るぞ〜♪
3月までしばしお別れ。

>・・・ ←ポチッとお願いします♪

★タウンズビル子ども留学サイト『子ども留学相談室』2013年9月6日★★

今月の質問は、高校留学をご検討中の中学2年生を持つ、
お母様よりいただきました。

===【今月の質問】===========================================

オーストラリアの医療は日本とあまり変わりないでしょうか。
何か気をつけた方がよい点などありますか。

===【回答】=================================================

■ 細かいことを挙げれば違いはたくさんありますが、永住者レベルに
ならないと関係ない話も多いので、ここでは『留学生』という立場からの
観点のみでお話します。

医療制度ですが、日本と比較しますと、受けられるサービスの種類に
ついては、おそらくほぼ変わらないと思いますが、一番違うのは医療
サービスを受ける方法で、

・家庭医(general practitioner:GP :ジー・ピーと呼びます)
・専門医(specialist)

に明確に分かれている二重構造方式です。

例えば、歯以外で、具合が悪くなると、まずはGPに診てもらいます。
いわゆる『クリニック』というところで、病院ではありません。

このGPがまず診断をし、その後に『これは、スペシャリストの
ほうがいい・・・』と判断すると、スペシャリストに照会されます。

ですので、日本ではいきなり病院レベルの診察科に行ったり、
耳が痛ければ耳鼻科へ直接行く・・・ということができますが、
オーストラリアではできません。

日本のように自分で診療科を判断できるのは時間の
節約にもなりますが、その判断が間違っているケースもありますね。
GPが総合的にみてくれたほうが見落としが少なくなるという
メリットもあります。

■ さて、あと1つ気をつけねばならない点があります。

通常GPへの診察は予約をとっている人が多いのです。

つまり、日本では『朝一番に行って並ぶ』、つまり診察の順番は
待った順番になりますが、こちらではこれをするのは、
フリー(つまり予約なし)患者を診る枠というかドクターを用意
しているクリニックだけになります。

このサービスがないクリニックも結構あるので、朝電話して予約が
埋まっていれば診てもらえないわけです。

数日後の予約を待っているうちに、なんか治って来た・・・と
いうこともあります。

■ 『じゃあ、具合悪い人はどうすればいいの?』

予約を待てないほど重症の場合は、
救急へ行きなさい、ということになるわけです。

■ この救急ですが、本当に緊急でない限り行くことは
お勧めしません。

なぜならば、来た順に診るのではなく、重症度と緊急度の
高い人から診るので、症状がさほど重くなければ、どんどん
後回しになり3・4時間待たされるというのはザラです。

(こうなると、待っているだけでさらに具合が悪くなることも。
家で寝ていたほうが全然楽)

■『救急に行くほどではないけど、でも具合悪い、
予約がとれない場合は、どうしたらいいの?』

オーストラリアの薬局で入手できる薬は、日本のものよりも
強いので、風邪程度であれば医者に行かなくても大丈夫ですし、
大した症状でなければ、薬局に行って『●●●』を買いなさいと
言われて、処方箋をくれないこともあります。

こうしたこともありまして、
『たいしたことないけど、医者に見てもらえれば安心する・・・』と
いう方には、少々厳しいシステムかもしれません。

■ お勧めするのは、前述のように具合が悪くなり始めの
とっかかりで、GPとの予約タイミングが合わないことがありますので、
滞在時間の長短にかかわらず、日本からは飲み慣れた薬を
持参しましょう。

・風邪薬
・胃腸薬
・痛み止め
・宵止め
など。

もちろん、こちらの薬局で買ってもかまいませんが、先ほど
触れたように、日本のものよりも強いので、
あまりに効き過ぎて気持ち悪くなる・・・という人が
いるというのもチラホラ聞きますので、ご注意くださいませ。

■ 大きな特徴と言えばこうした面ですが、医療の質の差は
さほどないと感じます。どちらの国も最新の情報に注意していると
思いますので、質には問題ないでしょう。

むしろ、新薬の承認は日本よりもずっと早いですし、
薬局で手に入る薬の種類も広いので、薬については
こちらの方が豊富かもしれません。

===========================
『留学に関する悩み相談室』で取り上げてほしい悩みがある方は
是非メールをください。

info@tropicadoo.com.au   ←@を半角にしてください。
タイトル『留学悩み相談室トピック』でお願いします。

===========================

■編集後記

オーストラリアでは、手洗いの習慣も日本ほど定着していませんで、
最近、『学校の手洗い場に石鹸をおくことを法律で定めよう』という
動きが出てきたほどです。

人口密度が日本ほど高くないので、菌をもらってくる確率も
少ないから、それで成り立っているのかもしれません。。。