日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

繁忙期が一段落し、うちにいることも
増えたため、ワンコはうれしそうであります。
さすがに外出が多いと
あまり手をかけてあげられず、
モシの毛も伸び放題。


いまだ、朝晩寒くなることがあるので
まだヘアカットは早いかなと思うものの、
いかんせん、怖がり。
試しにヘアクリッパーをあててみたところ
怖がって逃げ出す始末。
どうしたものか。。。

さて、話は変わって
うちにはこんな植物があります。

日本の寿司屋なんかで使われているハラン。
相変わらず、どこにでもついてくるワンコ達が
私が窓から外へ出たとたん、この植物の前で
ピタリと止まりまして、
マペットは、鼻で葉をつついては
後へ引く・・・を繰り返す。
怖がりモシは、その1歩後で
ガゥゥゥゥ〜。
まあ、何かいるんだろうと思って
葉を持ち上げても何も見当たらず。。。
それでもまだマペットは
鼻で葉をつついているので
遊んでるのかと思って、
悪乗りしまして、葉を揺らしてみました。
・・・数秒後、何も起こらんので
その場を離れ、何だったのか?と
何気なく振り向くと、
ニョロ〜ンとヘビがでて来たではありませんか!
子どものイエローベリーなので
毒はなく小さかったからよかったものの、
毒のある攻撃的なヤツだったら
葉を触った瞬間にかまれてたかも。。。
と、想像したら、
ぞぉぉぉぉ〜としました。
ワンコの反応にはもっと信頼を
寄せて敏感にならねば。。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

日本の学校では、今週から2学期が
始まるところもあるようで、
夏も終わりですな。。。
ということで、こちらも
夏休みの団体は一段落。
ジェフも直ちに畑に戻り、
せっせと手入れ中。
そして、冷蔵庫には
食べなければならない野菜が
ギッシリ。
まあ贅沢なことではございますが。。。


ここ最近は、ビートルートが収穫時期。
スーパーでよく出回っているのは
真っ赤なヤツ。
その真っ赤なやつの他、写真上部の
オレンジ色のものと、
脇の少しピンクぽいのは
中を切ると、白と赤の渦巻き状の模様が
あるものも作成。
ナルトみたいなもんです。
ビートルートは好き嫌いが
分かれるようですが、
うちでは人気の食材。
少し手間がかかるといえば
そうかもしれませんが、
酸味と相性がよく、最近のお気に入りは
ホースラディッシュクリームをベースに
したドレッシング。

↑ 我が家はこれを使用。
日本では手にはいるかわかりませんが、
これは結構使えます。

ところで・・・・・
変な話で申し訳ないですが、
ビートルートの真っ赤なやつを
大量に食べますと、
次の日、トイレで肝を冷やします。
色素が強いせいか、
大も小も少し赤くなるので
病気か?と一瞬ビビリます。
大好きになった方は
ご注意ください。
病気ではありません♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

最近、ボトルショップ(酒屋)に行く度に
気になっていたもの有り。

自宅で生ビールが飲めるらしい。
専用の注ぎ口部分と
樽部分に分かれてます。
注ぎ口部分を1個購入すれば
あとは、樽部分を変えればよいだけ。
ただいま、6ブランドのビールを
楽しむことが可能。
先日、思い切って購入してみました。

こんな感じ↓


正しくは、冷蔵庫内に設置。
通常の冷蔵庫(ミニバー以外)なら
ぴったり収まるサイズ。

(※我が家の冷蔵庫ではございまへん)
オージーらしく瓶から飲むのも
いいのですが、
この方が、味が少し上がるような
気がする♪
ちなみに、樽1個で、
こちらのビール瓶(330ml)が10本分。
ゴミも少なくなりそうで◎。
あと1本もいらないけど
ちょびっと飲みたい時には◎。
が、しかし、飲みすぎにも注意(笑)

・・ ←ポチッとお願いします♪

昨年知ったことですが、
某エアラインで購入したコンフォートセットの
毛布は持ち出してよいとか。
さらに、某添乗員さんが、
『オーストラリア滞在中、朝晩寒いことが
あるかもしれないので、持ち出しましょう。
帰るときにもまたもらえますので
出発前に捨てればいいですから』
と、おっしゃっていたのを聞きました。
ほお。
が、捨ててしまうとは
もったえない。
で、あるアイディアが浮かび、
今年は、その捨てる予定のものを
いただきました♪


40ほど集まりました〜。
これを、ある団体へ寄付。

RSPCA(the Royal Society for the Prevention of Cruelty tp Animals)
のシェルター。
こちらでは、捨てられたり、虐待やネグれトされた
動物を保護して、健康にも行動にも問題ない動物は
新たに家族がみつかるまで管理します。


↑ こんな感じで、新たな飼い主を待つワンコ。
ワンコの他、猫、鳥類、馬など
動物ならいろいろ。
室外なので、冬は毛布が役に立つでしょう。
スタッフの方々も大喜びで
受取ってくださいましたよ〜♪
生徒の皆さん、ご協力有難うございました m(_ _)m

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、あるお宅にお伺いしたときのこと。
ペットを多く飼っていらっしゃるのですが、
ワンコや猫はおらず、
ちょっと、変ったものばかり。。。

小型のニシキヘビ。
この種は、大きくなっても1.5メートルと
小さいもの。
小さくて細くても、
締め付ける力はほどほどありまして、
家主曰く、
『テレビ見てるときに
首に巻いておくと、
ほどよくマッサージしてくれる』
とか。
へえ。
ちなみに食べ物は
ペットショップで売っている
冷凍のネズミなんだそう。
オーストラリアでは
爬虫類を飼うにはライセンスが
必要です。
詳細は知りませんけども。
州によっても
違った決まりもあるのだとか。

さて。。。
そろそろ暖かくなってきました。
ヘビの活動開始時期であります。
ちょうど先日1匹庭で目撃。
これからは、ざっと地面を確認してから
庭を歩きます♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

8月16-18日はタウンズビルで
『カルチュアル・フェスト』なるものが
開催されました。
ここ10年近く、毎年この時期に
行われるイベント。
様々な文化に触れるのが主旨で、
世界各国の食べ物屋さんや雑貨の屋台、
そして、各国の踊りなどパフォーマンスも
朝から晩まで、プログラムぎっしり。
ワタクシもかつては
よさこいダンスチームに参加してましたが、
腿の筋肉が踊りについていかず、
とうの昔に引退。
そして、こんなものもありました↓

ラクダ・ライディング(←と、言うのか?)
写真取り忘れながら、
海の中で遊ぶ巨大チューブとか、


ココナッツの葉で作ったテントとか。
その場で作ってましたが、
作っていたのは、アイランダーの
皆さんではなく、
白人の、見た目ヒッピー系の方々。
そういう集まりがあるのか??
適度に日差しが入り、
なかなか涼しいテントでした。
うちにも1つほしいなあ。。。

アフリカ料理とか、
珍しいメニューもあるので
行くと面白いですが、
それにしても入場料が毎年
高くなってるのが難点か。。
昔はタダだったのにね〜。

ヘナのペイントは
ティーンエイジャーの長い列でした。
今後は私もやりたい♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

前回に引き続き、
庭および畑放置により出来た産物で、
おもろしろかったのがコチラ↓

ああ〜、酔っ払っちゃった〜。
もう歩けないよ〜、
みたいな大根。

豪快にクルリと一回り。
ワンコは全く関係なし。
この前の夏に雨が少なかったせいで
雨のない冬場の現在は地面がカチカチ。
そのような中、これだけ
大暴れしながら、育つ大根の力とは
なかなか強いものですのう。

そして、最近ジェフが最近みつけた
お気に入りのイラスト。

オーガニック、いいじゃないの。
味、鮮度、栄養価、安全性、
そして、
そして、
エンターテイメント性も忘れない
あなたたち、最高!

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ここ数週間、のんびり庭に出る時間もなく
あれよ、あれよと言う間に時間がすぎ・・・
先日、ふと気づいたら、
こんなステキなものを発見。


              ★ オレンジ〜 ★
まあ、10個もなってませんけど(笑)
それでも良いのです。
引越してきた当初は、
シトラス系の木だとはわかりつつも
何の木か不明でした。
去年実をつけなかったので、
ジェフが、シトラス系用の肥料を
買ってきて、さらに愛情を注いで
育てたところ、やっと実をつけました。


さて、お味は・・
これが、驚き。
めちゃくちゃ、甘い!!
こんな糖度が高いオレンジは
初めて!というくらい甘い。
あ〜、なんか得した気分〜♪
もっと実をつけてくれたら
マーマレードに挑戦してみよう〜♪
(→ジャム系、作るの好きでも
ほとんど食べない・笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

中・高校生の語学研修グループでは、
通常、学校の最後の日の夜に
ホストファミリーも招いて
さよならパーティを開催します。
お別れのごあいさつ、
お礼のパフォーマンス、
プレゼント交換などなどが
ありまして、
夕食もでるわけですが、
デザートとして、こんなケーキを
用意してくれる学校もあります。


A3用紙を上回る大きさの
特大ケーキ。
日本人の好みを知ってか知らずか、
見た目は地味目。
学校によっては、赤・青・黄色・緑・・・など
いかにも、『オーストラリア!』的な
カラフルなケーキだったり、
その学校のスクールカラーだったりします。
バタークリームケーキなので、
味はほぼいっしょのような気がする。。。
これを小さく切ってとりわけてくれますが、
これだけ大きければ、150人分のパーティで
ほどよくなくなります。
生クリームたっぷりのケーキが
食べたいな〜という思いが
頭をかすめつつ・・・
が、しかし、
これは主旨が全く違いますので(笑)
なかなか心憎い演出に感謝♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

★タウンズビル子ども留学サイト『子ども留学相談室』2013年8月9日★★

今月の質問は、高校留学をご検討中の中学2年生を持つ、
お母様よりいただきました。

===【今月の質問】=============================================

オーストラリアの高校の1日とはどんな感じなのでしょうか。

===【回答】==================================================

■ タウンズビルでは・・・と言いますか、おそらくオーストラリア全国的に
だと思いますが、こちらは小学校1年生から高校3年生(12年生)まで
登校時間と下校時間は同じです。

どの学年も朝8時30分から9時の間に登校し、15時ごろに下校となります。
曜日によって終わる時間という形態ではありません。
学校は月〜金曜日で、週末はお休みです。

学校により、4時間授業や6時間授業など多少違いますが、
おおよそ次のような感じです。

08:45〜09:00 登校
        1時間目
        2時間目
10:30前後  1回目の休憩
        3時間目
        4時間目
13時前後  2回目の休憩
        5時間目
        6時間目
15時      下校

※4時間授業の学校は、1時間が70分授業、6時間授業の場合は
50分授業など。

■ どこも休憩が2回ありますが、この時間は基本的には
食事の時間です。

●登下校は、徒歩、自転車、スクールバス、車による送迎になります。
小学生の場合は、近所で徒歩でも保護者とともに登下校をします。
子どもに対する安全面の監督は、オーストラリアの方が厳しいです。

■ 学校はその国々でそれぞれ違うものですが、
中学生以上のセカンダリースクールで、日本の学校と
大きく異なる点があります。

それは、放課後の部活がないことです。

正確に言うと、放課後の活動クラブや、学校のスポーツチームは
ありますが、それぞれシーズンがあるので、練習は期間限定で
なおかつ毎日ではありません。通年行っているものはほとんど
ないでしょう。

基本的には、15時以降は先生やスタッフも帰宅となります。
16時には誰もいないという状況も有り得ます。

スポーツを本気でする子は、たいてい地域にあるクラブチームに
所属します。

■ これも学校によりますが、楽器のレッスンや各科目の補習を
手配してくれる学校もありまして、その場合は朝の授業の前に
なることもありますし、放課後になることもあります。

■ 課外の活動が全くないわけではありませんが、
多数の生徒さんが15時に下校、何かの活動に参加していても
週1回の集まり程度で、帰宅後はクラブチームの練習や
習い事に参加、宿題をする、または遊んですごし、夕食は18〜19時、
21時までには就寝という家庭が多いと思います。

この就寝時間の早さは、語学研修でやってくる中・高校生の
皆さんは一様に驚く点で、ホストファミリーにとっても、
日本の中・高校生の就寝時間が深夜になることに
一様に驚きます。

■ こちらの高校は11年生から選択科目の幅が一気に広がります。
ビジネス、IT、グラフィックス、ホスピタリティなどなど。

それまでに自分が進みたい道を有る程度決めることが出来れば
効率的に勉強ができるでしょう。

===========================
『留学に関する悩み相談室』で取り上げてほしい悩みがある方は
是非メールをください。

info@tropicadoo.com.au   ←@を半角にしてください。
タイトル『留学悩み相談室トピック』でお願いします。

===========================

■編集後記

こちらの学校では、食事は基本的には教室外で、ベンチに
座ったり、芝生の上で食べたり。
気候の違いもありますが、一つ一つのちょっとしたことの違いに
日本からの生徒さんが驚く様子を見るのも楽しいものです。