日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

バジルがもじゃもじゃ状態。。。
一旦成長し始めると
ブッシュのように育つバジル。
一品に数枚使う程度では
消費に追いつかないので
バジルペースト(ペスト)を
たまに作ります。

ざる一杯のバジル。
これに、松の実、ガーリック、オリーブオイル、塩、
パルメザンチーズをフードプロセッサーに入れて、
ガガガガガーーーーと混ぜるだけ。
量は適当♪
どうせ、料理するときに味を調整するのでね。
とはいえ、
塩は入れすぎないように。
冷凍する場合は、パルメザンチーズを
入れない方が良いのだそうですよ。


これで、瓶1つ分。
バジルペースト、すなわち、
パスタ・ジェノベーゼの素。
4〜5人分のパスタであれば
これを全部使うくらいでしょうか。
バジルペーストに生クリームを
いれたパスタも美味〜♪
うちでは、パスタの他、
オムレツやキッシュに少し入れたりもします。
そうすると、お味が引き立つのですね〜。
あら不思議。
ハーブの力は絶大。
料理好きの人にはもちろんのこと、
いや、むしろ料理が苦手な人こそ
ハーブ類を使うと良いのでは。
出来上がったペーストを
買うより、自分で作った方が
絶対ウマイ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

最近、朝はめっきり涼しくなりました。
夏の象徴でもあるフランジャパニー(プルメリア)も
とうとう終わり。
花が散り、葉も落ちてきて
丸坊主状態に近づいております。

花が盛んについている時期に
ある異物を発見。


ポッド(=鞘)?
フランジャパニーに鞘なんか
つくんだ!
へ〜。
うちにある成木4本のうち、
この鞘をつけてるのは
わずか1本のみで、鞘は2つ。
見守ってましたところ、
間に割れ目がでてきました。


ネットで調べたところ、
英語では、seed pod(=種鞘)。
中に種が詰まってるんだそうで。
この種からも木を育てることが
できますが、このポッドをとる時期が
大事だそうで。
このように裂けてきたら時期だとか。
さらには、直に地面には種を植えず
鉢かなにかで発芽させる。
12種植えたら、ちゃんと育つのは
そのうち3〜4つだそうで、
時間がかかり忍耐が必要だとか(笑)
でもって、不思議なことに
親の木とまったく同じ花が咲かないのが
興味深いのだとか。
白い花をつける木の種から
真っ赤な花をつける木に育つとは
思えませんが、カラーバリエーションが
楽しめるなら、挑戦してみようかな。。。
と検討中。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日、オーストラリアはANZAC DAYで祝日。
Australia and New Zealand Army Corpsの略です。
第一次世界大戦のときに、トルコのガリポリに
4月25日早朝に上陸し、死闘を繰り広げ、
同軍の強さを世に知らしめたとか。
その戦没者記念日でしたが、今は、オーストラリア軍が
参戦したすべての戦争における戦没者記念日。
さて、この日が近づくと思い出すのが、
3年前のベトナム旅行。
ジェフのお父さんは元軍人で、
ベトナム帰還兵であります。
その時の仲間とともに、ベトナムでの慰霊祭に
参加するというツアーに、我々が日本から便乗。

早朝の上陸時間に合わせるので
午前5時くらいだったか・・・

ツアー自体は、プライベートツアーなので
バスをチャーターして、戦場だった場所など
ホーチミンから、オーストラリア軍のメインの
戦場で慰霊碑のあるロングタンの間を訪問。
その中で忘れられない場所が一つ。
ある寺院↓
ある参加者が、
『ここ寄りたい〜♪』
とツアー中に発言し訪問。
なので行程表になく
寺院名不明。

ベトナム南部に行ったことある人は
わかると思いますが、大通りを走る車や
バスは、クラクション鳴らしっぱなしで
非常にうるさい。


ところが、この寺院。
大通りに面しているものの、
入ったとたんに、あの喧騒がうそのように消え、
静寂そのもの。
『結界』とはこういうものか。。。
と思ったほど。


残念ながら、英語のパンフも看板もなし、
誰も英語を話せず。。。(泣)
インターネットで探してみても
それらしきものは見つからず。。。
ここだけは、ネット上でもいいから
どうしてもまた行ってみたい。
どこなのここぉぉぉぉ!!!

・・・ ←ポチッとお願いします♪

『あ、ロゼラを植えねば!』
まるで使命かのように、
ふとジェフが思いつきまして
1本購入し、庭へ。
順調に成長し、第一回実の収穫をしました。

ちなみに、ロゼラはハイビスカスですが、
いわゆる『ハイビスカス・ティ』はこれです。
外側の赤い部分を乾燥させたもの。
その他、ジュース濃縮用シロップやジャムが
作れます。
中の緑の実は食べませんが、
ジャムを作るときは、これが
setting agent、つまりペクチンのような
ジャムを固める役割を果たすので
いっしょに煮ます。
というわけで、食用が目的ですが、
なにせ、ハイビスカスですので
花もかわいいのですよ。


これは少しピンクが強いかな。。
以前の木は黄色い花でした。
今回の収穫量では何を作るにも
少ないので、実とガクをはずしてから冷凍。
お茶、シロップ、ジャムのどれにするか検討中。
おそらくジャムになるでしょうが、
ジャムを作るのは好きでも、
ジェフと私はあまりジャムを食しません(笑)
ということで、たいてのジャムは
どなたかの家に行きます♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

開墾した畑ではすくすくと
野菜成長中。
先日は、こちらを初収穫。

             ★ラディッシュ★
このラディッシュは、
1つの種袋で、色が3種類〜。

定番の赤、ほんのりピンク、そして、
白・・・ではなく、葉に近い首の部分に
赤の模様が少し入ったもの。
スライスしちゃえば、あまり
わからないんだけど(!)
見た目に楽しいラディッシュです♪
昨年も育てたものの
全部ネズミ(ラット)にかじられ
人間まで到達せず。
が、先日、初めて庭でラットに遭遇し、
ああ”ああ”あ”あああああ!!!
やっぱりいたか・・・と愕然としたものの、
現在は鶏のえさに夢中になっているようで
野菜には気づいていない様子。(ホントカ?)
前の土地は新規に開発した場所で
木々が一掃された後、すぐに家を建てたので
ネズミに天敵がいなかった状態。
が、今の土地は蛇がそこそこ
いるので、前のようには出現しない・・・
ことを祈るが・・・
ラットに食われる前に
収穫すべし。
見た目には、つぶらな瞳で
かわいいんだけど。。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

この前のクリスマスに
こんなプレゼントをもらいました。

      ★FAST AID KIT:救急セット★
一家に一つあるべきものでしょうが、
いままで購入したことなし。
バンドエイドくらい。
この前のクリスマス前に
SEMI-RURALエリアに引越したということで、
ジョーク混じりか、大真面目か、
何かあった時大変でしょ!と超特大サイズを
いただきました。

中型犬のマペットと比較すると
その大きさがお分かりいただけるでしょうか。
片田舎とはいえ、車で走れば30分ほどで
大病院には行けますが、すぐ近くに
薬局はないし、救急車を呼んだとしても
ここまで来るのに30分はかかるか・・・
ということを改めて考えると、
納得の代物♪
これがまた、ひじょ〜に実用的(アタリマエか・笑)


アイテム数にして40。
なかなかの品揃え。
land shed仕様(陸上倉庫仕様?)なので
外で仕事をしている時に発生しそうな
あらゆる怪我を想定。
包帯類はもちろんのこと、消毒液、
器具類、救急処置の記録メモ&ペンまで装備。
先日、料理中に少しやけどをしたので
早速、火傷痛み止めクリームを使用しました。
これが即効性があって◎。
なかなか役に立ってます。
そういえば、先日、金具を使わなくても
勝手に自分で張付いてとまる包帯に遭遇。
個人的には非常に画期的。
あれは便利ですな。
こういう物もいろいろと進歩してるんですね。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

うちに新たな訪問者が・・・
とはいえ、今まで我等が
気づかなかっただけと思われますが。
そのお方はこちら↓

なかなか上手くカモフラージュされてます。
のそのそとゆっくり歩く。
こちらもゆっくりと近づくと
それに気づいて、非難のためか
近くのガムツリーに登り始めました。

     ★ゴアナ: goanna★

こう見ると結構長い。
体長1メートル弱か。

こうやって木に登るので
爪もかなりシャープ。
ガムツリーについてる
小さな傷はこれだったのかと納得。
ブッシュには比較的いますが、
タウンズビルのシティ中心にある
キャッスルヒルの頂上やその周辺の
古い住宅地にも生息してます。
昔車であるお宅にうかがった時に
道を横断するゴアナをみつけ、
のっそり、のっそり歩くので、
数分かけて通り過ぎるのを待った記憶が。
早く走れるのか??
まあ、また顔出してちょうだい♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

自然の中では、目に飛びこんで
きやすい色があります。
私にとっては、鮮やかな青ですが、
鮮やかな赤もそう。
白とか黄色はわりと緑に同化しやすい。
先日のこと、庭の緑の中に生える
小さい赤が目に飛び込んできました。

      ★ グロリオーサ ★
オーストラリアが原産ではなく
熱帯アジアとアフリカ。
(まあ、十分近いか)
うちの庭と隣のブロック(空き地)に生えてます。
野生?
タウンズビルの花屋では
見たことがなく・・・・
とはいえ、南国なので
切花が持たないことから、販売されている
切花の種類も少ないのですが・・・
花屋はやはり少し寒いところの方が
おもしろいですな。
日本の花屋さんでは
結構なお値段で売っていたような。。。
またまた意外な発見で
ちょっぴり得した気分。
うちの周りの植物は
切って花瓶に生けたとたんに
持たない花が多いので
切花にせずに放置して楽しみます♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ボーナス的に庭の一角で
発見したカスタードアップルの木。
そういえば、実はどうなったかなと思い
見てみたところ、半分以上がすでに
食べられていた(泣)
おそらく、ポッサムあたりではないかと思われ。。。
全部食べられるのは悔しいので
無事なものを3つほど収穫。

右のものは、大人の握りこぶしより
一回り大きいサイズ。
おそらくこれが収穫すべきサイズ。
マンゴーと同様、南国のフルーツは
常温で熟れさすものと推定し
外に放置。
すると、数日で大きいものが
やわらかくなりました。
それを冷やして、早速味見。


中はこんな感じ。
軸を中心に、小さいセクションが
詰まっていて、それをはがして食べます。
中には真っ黒い種が。
カスタードアップルというだけあって
カスタードのような甘さ。
特に酸味も癖もなく、冷やして食べると
なかなか美味。
あるサイトによれば、甘いのに低カロリー、
ナイアシンと鉄分が豊富とか。
へ〜、それは貴重だわ。
残りも誰からに食べられる前に
収穫しよう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日、イースター休暇最終日。
ゆったり、のんびの4連休。
昨日、ジェフがイースターならではの
パンを作りました。
レーズンとシナモンなどスパイスを
良く効かせた甘いパン。


        ★ホットクロスバン : hot cross bun(s)★
パンの上の十字は、
十字架に張りつけにされたキリストの受難を
表すんだそうです。
甘めのパン・・・ジェフは砂糖を入れ忘れましたが、
バターでいただくと、レーズンの甘みとバターの
塩気がちょうどよく、とてもおいしい。

このパンはイースター前から
スーパーなどで出回るのですが、
毎年出回るのが早くなっていて
今年は1月末か2月頭からあったような。。。

『早すぎる!』
新聞などによりますと、
文句を言っている人が
多かったですな、今年は。

確かに、季節モノとは
期間が短いほど、有り難味があるもの
ですね、桜のように。

・・・ ←ポチッとお願いします♪