日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

ただ今、ジェフは英語の先生をしております。
日本の学校では、クラスでのすわった授業が
多いでしょうから、少しでも動きがあり、
なおかつ、リスニングと会話をメインにしています。
本日は、クッキングを取り入れました。
3つのグループに分かれ、
それぞれ別のものを作ります。
レシピを渡し、極力説明せず、
買い物からスタート♪


こちらは『ピザチーム』。
ピザを粉から作ったのは初めてだった模様。
意外に簡単であります。

ポテト、ツナ、コーンなどをトッピング。
なかなかおいしそうではないですか。


↑ こちらは『お好み焼きチーム』。
こちらもなかなかの出来。
もう1つは『パブロバ』チーム。
オーストラリアのデザートですが、
写真撮るのを忘れたとか。
未知のものを作るのは難しいでしょうが、
おいしそうに出来上がっていたらしいです。
食べ物は世界共通の興味関心事。
作れる人は、ホストファミリーに作ってあげるも良し、
新しいレシピを覚えて帰るも良し。
ワタクシは、昔サンフランシスコにステイしたファミリーに
教えてもらった、シェパーズパイをいまだに
たまに作ります。
作っているとその時の思い出が
パーッとよみがえってくるんですよね。
それもまた良し♪
ジェフはさすがに3グループを同時に
見て回るのは大変だったようですが、
もともと料理好き故、本人も楽しかったようです♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ただ今、夏休みの語学研修グループ受入れ中。
プログラムはグループによりいろいろですが、
高校生のグループでは、小学校訪問をする
グループがあります。
その1つで、生徒さんが披露してくれたのが
コチラ↓

          ★ 黄金の巨大鶴 ★

数人で手分けをして、普通の折り紙を
きれいに張り合わせて大きな1枚の
折り紙を作ったそうです。
(121枚か169枚)
隅もピタリ&シャキーンと尖っており、
この黄金色がなかなかの迫力。
かなりきちんと張り合わせないと
いけないと思うのですが、さすが
手先が器用な日本人♪
小学生も大喜び。
数人の小学生が寄ってきて
『私のクラスに来てくれなかった〜。
いつまでいるの〜?』
と寂しそうに言って来た子もあり。
その代わりに、卒業して○○校に行くと、
彼らをホストできるよ〜と
将来のホストファミリー募集活動も
忘れず。
こちらの子ども達も先生も
みんな喜んでくれると
こちらも非常にうれしい♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

我家の畑から、待っていたアレがとれました。

サヤエンドウかと思い込んでおりましたら、
エンドウ豆の方でした。
ここ数年、豆系は虫にやられて
育たないため、あまり期待はしていなかったのですが、
今回は成功♪


なかか粒ぞろいでかわいらしい。
皮も食べられればいいのにね〜。


実は、こういう生のグリンピースは
タウンズビルでは手にはいりません。
(他の大きい都市はわかりませんけども)
なので、私の場合、豆ご飯は、
『日本に帰ったときに食べるものリスト』
に入っているのであります。
やはり冷凍とは違うのよね。。。
生のグリンピースを使ったパスタ
なんかもおススメ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

日本は夏休みにはいったころでしょうか。。。

今週は続々、日本からのグループが到着する週でも
あり、最終確認やらなんやらで、若干、頭が崩壊気味(笑)。

そんな中、花でもポ〜と眺めると
少しなごんだりします。

というか、ず〜と眺めていたくなる(笑)

ところで、ここ半年ほど探し続けている
ハイビスカスがあります。

コレ↓

大人の手のひらサイズのハイビスカス。
直径20センチ。

この花はそうでもないですが、
本来は花の中心部が黒いのであります。

悲しいかな、2月のサイクロンで
ポッキリ折れてしまい、再起不能。

同じハイビスカスを探していますが、
これがまたみつからない。。。

というか、ハイビスカスの種類は多く出回って
いるので、いつもいろいろな違うものが
店に並んでることが多い。

オーダーしてもいいんだけど、
もう少し待ってみるかな。。。

 

・・・ ←ポチッとお願いします♪

今朝起きたら、ちょうど女子サッカーの
ワールドカップのハーフタイムでした。
仕事をしようと思って早く起きたのですが、
ついつい見入ってしまいました。
すごく魅せてくれましたねえ、なでしこジャパン。
負けていながら追いついて勝つって
最高の勝ち方ではないですか。
オリンピックも含めて、『団体』競技で
日本が世界1になったのは、最近では
他にあっただろうか。。。?
(野球?)
それにしても、スポーツ観戦の
ハラハラ・ドキドキ感はいいですな。
勝った時はね。
負けた時は、その週はどんよりするほど
がっかり。。。

そう、わがカーボーイズは今ラウンド負け。
なんでタイガーズに勝てないのだそうか。
あああ・・・首位争いから脱落しつつあり。
が、やっとテイトがカーボーイズデビュー、
しかも80分無事にプレイできたのは御の字。
メンバー的には、決して悪くないと思うのだが、
どうも6・7のポジションが、薄いのう。。。
せっかく、甘かったサイドが補強できたのに
中間がダメとなると、これまたきつい。
次のホームゲームは
日本からのゲストもお連れするので
そういった意味でも
是非勝って。お願い!

・・・ ←ポチッとお願いします♪

なかなか順調な我家の野菜畑。
ジャガイモも挑戦しておりますが、
今年はこんなものをバニングス(日本で言うドイトの
ような店)で発見。

ただのバックではありませんで、
こんな仕掛けがあります↓

この窓から収穫できるというもの。
ある程度深いので、
最初は3分の1ほど土で覆って種を埋め、
芽がある程度伸びたら、また土を足して
種を埋めることなどもできます。

。。。
で、それはそれで賢いのですが、
気になるのは収穫方法。
実際の袋が手元にないのが残念ですが、
パッケージはこんな感じでした。

窓を開けると、
こんなにきれいな(=洗ってある)
ツルツルなジャガイモがでてくるという・・・
んなわけないっちゅーの。
という誇大広告。
『すごいな〜。
きっと、中に小人が住んでて、
良い仕事をするに違いない。あっはっは』
とジェフのお父さん。
んなわけで、試しに買ってみました。
さあ、どうやって掘り出すのかお楽しみ♪

日本だったら、JAROに通報。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

うちの犬は、夜はパティオで寝ています。
夏の暑い時は、ベッドだけですが、
冬はさすがに風が吹いたり、早朝気温が落ちる時が
あるので、『家』を作っております。
が、そんな家も最近遊びにやってくるパピーが
噛んで破いたり、いろいろとアクシデントが重なり
ボロボロ。

ということで、新しい家を建て直し。

これらは、子供用のテントです。
マジキャンプ向けではなく
おそらく庭や家の中で遊びで使うものと思われますが、
我家では、ワンコ用にこちらを利用中。
柄については、選択肢がなく、
決して満足するものではないですが、
まあ、もっても2シーズンなのでやむなし。


底がないので、ダンボールを敷き、
その上にカーペットの余りを敷き、
さらにブランケット&タオル&クッションを装備。
非常に軽いものなので
飛ばされないよう重石も
してあります。
これで次の夏まで安心♪
これだけで済むのも南国の良いところ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

週末、タウンズビルでは、V8スーパーカーレースという
一大イベントがありました。
ワタクシ、車のレースファンというわけではないですが、
2年前、初めてこのイベントがやってきた時に、
車好きのジェフに連れられ行ってみたら、
これが結構面白い。
テレビのスクリーンを通すと、
それほど速さを感じないのですが、
目の前を通る、あの轟音とスピードは
見る価値あり。

金曜日から日曜日までの3日間開催で、
1日に5〜6つのレースがあり。

↑ こちらはポルシェだけのレース。
オーストラリアでは珍しい、左ハンドル。

チケットは、1日だけ、3日間通し、席、席なし、コンサート
付きなどいろいろありますが、私たちは、土曜日のみの
通常エントリー、コンサートなしを購入。
これが一番安いはずですが、それでも大人1人$72。
13歳以下の子どもは無料♪
観客席にすわっても1ケ所だけ、しかも遠くにしか
見られないので、こうやって椅子を持参して、
移動しながら、いろいろな角度から
レースを見る方が私たちは好きです。
今回は、オーストラリアに戻ってきて初めてのV8レースで
あり、車好きなジェフのお父さん、上の姪っ子2名を
連れて行きました。
初めは『テレビで見る方が楽でいいよ〜』とか
言ってたお父さんですが、
椅子をおいて落ち着くなり、『ちょっと見てくる』と
言い残し、1時間後に楽しそうに戻ってきました。
いろいろな角度からレースを楽しんでたらしいです。
やっぱり、好きじゃん、ふふふ。
楽しんでいただけてよかった。


近くを通る車は迫力。
全部目で追うとすぐに首が疲れます(笑)
(フソウのおすもうさんもなかなかキュート)


ホンチャンの最終レースは、
大スクリーンで、コースの向こう側で何が起こっているかを
見ながら、すぐそばで走る車も直接見られるという、
なかなかの良いポジションで締めました。

60代後半と思しき、おばさま4人組が、
たばこを吸いながら車とスクリーンを交互に
真剣に見ていたのが印象的でした。
さすが、スポーツの国、オーストラリア。
来年も行こうかな。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

水曜日のステイト・オブ・オリジン、QLD6連勝、
ロッキヤーの有終の美を飾れたのはよかったですが、
(NRLもNSWも小ざかしい手を使ってもダメだったわね。おほほ)
我カーボーイズのキャプテンが5−6週間の怪我。
ああ、まずい。非常にまずい。
唯一のプレイメーカーが不在。
現在4位が転落の危機(マタカヨ・・・)。
が、しかし、ここは、プレイメーカーに頼らないチーム
作りのチャンスとして、是非生かしていただきたい。
と、にわかファンながら、少々気分がざわついております。
。。。
話は変わりまして、うちの5軒向こうには
インド人のご家族が住んでます。
立ち話で、ビルダーが同じだよと話したのを覚えていて、
ごくたま〜にですが、ガレージの自動扉が
開かなくなると、ジェフに助けを求めにやってきます。
説明書を読んで、リセットするしかないのですが、
ジェフに頼んだ方が早いと思っているのでしょう。
昨日も、やってきたのですが、
お礼にこんなものをもらってきました。


ココナッツ。
中にはタプタプとジュースがたくさんはいってます。
ココナツは、買うのではなく、近くのビーチ周辺にある
ココナツの木からとって来るんだそうです。
さすが、インド人♪
そして、インド人家庭なので、朝からカレーを料理していて
スパイスの良い臭いがするらしい。
インドカレー好きの私たちとしては、
次回はカレーのお持ち帰りをいただきたい(笑)
ちなみに、このインド人のお父さん、
ジェフを家まで連れて行くときに
ジェフの腰に手を回します。
たしか、インド人は男性同士でも手をつなぎませんでしたっけ?
近所の中学生男子2名がそれを見て
クスクス笑ってました。
私も家の中から大笑い。
ジェフもこっ恥ずかしいようですが、
異文化体験ということで、楽しんでおります(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

★★タウンズビル子ども留学サイト『留学悩み相談室』2011年7月7日★★

高校生の息子さんが夏休みにオーストラリアの某市に短期留学する
お母様よりいただきました。

===【今月の質問】================================

息子はアジア系のファミリーのお宅にステイしそうなのですが、
白人のファミリーに変えてもらうことはできないのでしょうか?

===【回答】=====================================

■ 回答から申し上げますと、人種を理由に変更を
依頼することはできません。

多文化国家で移民も多いオーストラリアでは、これは差別問題の
対象となり、法的な措置を取られても文句は言えません。

■ また、人種の他にも家族構成(シングルファーザー、シングルマザー、
子どもがいる・いない等)、ホストペアレンツのステイタス(結婚している、
事実婚など)によるリクエストも、差別問題の対象となるので
できません。

■ ただし、意思の疎通の問題もあるので、
ホストファミリーの中で、英語を話せる人がいない、という状況は
まずないと思います。

■ オーストラリアで生まれていなくても、
幼少の頃から住んでいる人は、母語はほとんど英語ですし、
例えば、日本人の親をもつお子さんであっても
英語の方が強くなってしまうお子さんがおそらく全員
なのではないでしょうか。

■ また、家族全員オーストラリア生まれの人でも、ヨーロッパに
起源を持つ人、原住民、両方がはいった家庭など
いろいろありますし、

「英語が母語」の家庭でも、イギリス、ニュージーランド、
または南アフリカから移住してくる人々もいます。

以前あったケースでは、お父さんがハンガリー人、お母さんが
ドイツ人、子どもはオーストラリア人で、家庭内では、
英語、ハンガリー語、ドイツ語が行き交うのだそうです。

■ 全員英語を話す家庭でも、自分達のルーツの文化を
守り続けている家庭もあります。

ですので、特に多文化な国に留学する方は
こういったいろいろなケースがあり得ることを念頭に置き、

複数の文化に触れられるなんてラッキー!

という気持ちで、この日本ではなかなか経験できない
『違い』を楽しむようにしてくださいね♪

 

===========================
『留学に関する悩み相談室』で取り上げてほしい悩みがある方は
是非メールをください。

info@tropicadoo.com.au   ←@を半角にしてください。
タイトル『留学悩み相談室トピック』でお願いします。

===========================

■編集後記

多文化の家庭にステイする方が、食事の面でも
いろいろ体験できて『一粒で二度おいしい』的に楽しそうです。。。