日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

うちには水槽があり、エンゼルフィッシュ2匹と
オレンジ色のなんとかテトラが3匹います。
エンゼルフィッシュの大きい方は、
うちにきてすでに7年くらいでしょうか。
ペアでやってきましたが、1匹は死んでしまったので
最近の引越しを期に新しく仲間を購入しました。


最近の話ですが、この先住の方が他の魚を
追っかけまわしてるので
『またお仕置き部屋に移すぞ!』
なんて言っていたら、ふとこんなものが目にはいってきました↓

何これ、卵??
卵の上にフワフワした白いものが
でてきて、数日後こんな感じに・・・↓


写真では見づらいですが、ほのかに黒いのが稚魚。
これを守るために、近づいてくる魚や
私たちにも威嚇。
が、しかし、自分もおなかがすくわけで、
餌を食べに水面に上昇する時は
子ども達から少しだけ離れなければなりません。
その隙を狙って、数時間のうちに
残念ながら、全部食べられました。
しかもパートナーのエンジェルフィッシュに。
過去7年間で初めての出来事。
ということは、死んだもう1匹も同性だったということか。。。
海の魚は状況により性別を変えるのが多いですが、
エンジェルフィッシュはどうなんだろうか。
また卵を産んだら、次は隔離して育ててみるかな。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ジェフはほとんど、いや、まったく朝食をとらないのですが、
唯一、これなら食べる!というのがあります。

    ★ Chalala Micro-Bakeryの Wyangapanni nut crunch ★
オーツ、アーモンド、マカデミアナッツ、ピーカンナッツ、レーズン、
ココナッツ、ひまわりの種、ゴマをミックスしたものに
ハチミツ、ブラウンシュガー、シナモンなどをまぜたキャラメルが
まぶさっております。
なので、牛乳をいれると、そのキャラメルが
溶け出して、ほどよく甘くなります。
私も大ファン。

で、どこから取り寄せたのかと言えば・・・
Chalala Micro-Bakery

ブリズベンより西へ車で2時間ほど行ったピッツワースと
いうことろで、ジェフの叔父さんと叔母さんが作ってます。
もともとは、趣味で自宅の庭に釜戸を自作し、
これまた、趣味で近所の農場から、挽きたて、かつ漂白していない
スペルト小麦を購入し、オーガニックにこだわった酵母パンを
作ったり、ピザを手作りしていたのですが、
評判が評判を呼び、販売を始めました。
このパンが、また香ばしく美味。
いくつか種類がありますが、どっしりタイプで
チーズとの相性も抜群。

↑ 本当は、このパンもほしいのですが、
これは叔父さん・叔母さん、郵送をためらってまして、
現在郵送してくれるのは、シリアル系のみ。
パンがほしい方は、最近トゥーンバで始まった月に2回の
『ダーリング・ダウンズ・ファーマーズ・マーケット』へGo.
ただし、毎回朝7時過ぎに販売がはじまり、200本のパンが
9時すぎには完売するらしいので、ほしい方はお早目に。
ちなみに、このマーケット、CO2排出量や他の環境面の要素を
考慮した計算により、トゥーンバから160キロ以内でとれた農作物や
それで作られた物の販売しかできないそうです。
。。。
シリアル系、一般のものよりお高めですが、
オーガニックやヘルシーにこだわる方にはお勧め。
興味のある方はサイトでご注文くださいませ♪

・・・  ←ポチッとお願いします♪

贅沢な話ではありますが、何かの収穫が始まると
一気にその在庫がたまってきますよね。
でもって、腐らすのも悔しいので
さてどうするかと調理法を考えるわけです。
で、思い切って挑戦してみました。

      ★マンゴーチーズケーキ & マンゴ添え★
あ、いや『思い切って』とあるからといって
難しいわけではありません。
むしろ、
『間違っても失敗しそうにない簡単レシピ』
をサイト上で検索しました。
甘さ控えめで、おいしかったです。我ながら。
特に甘みの強いデザートや料理が好まれるオーストラリアでは
自分で作った方がおいしいのはわかってます。
わかってますが、料理は好きですが、デザートやパン系は苦手。
なぜならば、
1.きっちり材料を計らないといけないのが、なんとも面倒
    (→ でもって、いい加減にやっているから失敗する)
2.デザートを作った後は、やけに洗い物が多い。
  しかも、強力な油物が多い
  (→ これは気のせいかもしれない。
     が、しかし、これがまたビミョーに腹がたったりする)
なので、デザートやパンを手作りする人は
素直にすごいなと思います。
このブログでも何回か紹介したこのブログ(Happy Cakes)
その手作りのすばらしさが見たくて、頻繁にのぞいてます。
才能ですな。
。。。
残りのマンゴーはやはりチャツネにしよう。。。
(↑ 材料を1つの鍋にバンバカ入れて煮るだけ〜♪)

・・・  ←ポチッとお願いします♪

数ケ月前からマペットとたまに通っているアジリティクラス。
我らはいまだ初級の下、一番下のクラス。
週1回1時間程度の練習ですぐに上達するわけでないので
自宅でも毎日練習が必要。
それを怠っているのもありますが、
どうも、マペット本人があまり興味がない様子。
得意な障害物は元気にやるとして、
『は?何でこれやんなきゃいけないのよ?』
みたいな態度をとる障害物が
わりとはっきり分かれているような。
興味を失った瞬間がわかりやすく、
興味を失うと、コマンドを無視して
地面を探索し始めます。
ボーダーコリーやケルピーが嬉々として何でも
積極的にこなしているのを見ると、
犬種のせいか、もともとの性格の問題か。。。

そんなマペットが最近、大好きなのがサッカー。

ジェフと私が庭にでると、ツカツカとサッカーボールのところに行き、
こんなポーズでやる気を見せます。
(これに王冠を載せたら、英プレミアリーグのライオンみたい・・・
とは言いすぎか?)
私たちが蹴ったボールを追いかけて、ボールを止めるだけで
蹴り返してはくれませんが、まあ、いつまでも
飽きずに続けます。
高く蹴り上げたボールを空中でとらえるもの
楽しそうなので、アジリティコースからフリスビーコースに
してみるかと検討中。
ヒトもイヌも習い事は何事も本人のやる気次第か。。。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

オーストラリアの生活では、あまりテレビを見ないのですが、
毎週見る数少ない番組の1つが、
『アメージング・レース』
アメリカのリアリティショーですが、
スタートとゴールがアメリカ国内で、あとは
世界一周オリエンテーリングと言いましょうか、
指示にしたがって、いろいろな国行き、
そこでのアクティビティをこなしながら、
アメリカに戻ってくるゲーム。
10ケ国、30日間だったでしょうか。
1位は100万ドルもらえます。
だからみんな必死。
(※日本では こちらの番組で見られるようです)

チームが日本に行くこともありますし、
各アクティビティを見ながら
『あれは楽勝だな』 (例:韓国での生タコのブツ切り食い、とか。
               もちろんアメリカ人はゲーゲー)
『あれはダメだ』 (例: 垂直のがけを登る、とか)
とブツブツ言ってみたり、
あとは、自分が観光した場所なんかが写るとそれも楽しい。
で、昨日は、『オマーン』編。
去年、UAE訪問ついでに行きました、オマーン。
ジェフと2人で、ああ、あそこ行った!
などと騒ぎながら見ていたところ、
最後のタスクが、首都マスカットのスーク(市場)で
決まった店からお香を預かって、別のおみやげ屋にいる
『アリババに渡せ!』。
で、店とアリババがテレビに映ったとたん、
『ああ、あのおじさんだ!』
そう、アリババのお店、行きました。
マスケット在住のジェフの伯父さん・伯母さんが
そのお店からいろいろ買っており、よくしてもらってるんだそうな。
で、このアリババ、物腰が柔らかくて、常に優しいスマイル。
これぞサービス業の手本、みたいな。
なんだかの祝日が近いとかで、我々全員に
『幸運が訪れますように』というおまじないをしながら
これをいただきました。

名前不明のクォーツですが、ピアスにでもしようかな。。。
ジェフのおじさんが、最近どう?なんて聞いていると、
『車買おうと思ってね、どれにしようか迷ってるんだ・・・』
となにげなく、机の下から取り出したパンフレットは
レクサスの大きな4WDシリーズ。
UAEもそうでしたが、オマーンでも人気なのは
ランクの高い4WD。
砂漠とか岩肌をこれでガンガン、ドライブするらしい。
いやあ、羽振りがいいなあ、石油の国。
ちなみにオマーンの王様は、石油がなくなったときのことを
早くから想定して民を教育し働かせ、いろいろと動き回っているとか。
話を戻して、このスーク、カシミアのストール、ゴージャスな
ベッドカバー、ランプなどお買い得なものがたくさん。
似たような品でも、UAEの半額以下で、超お勧め。
個人的にはまた行きたい。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先月、近所の道端に生えているフランジャパニーの木から
失敬してきた枝が、どうやら根がついた模様。
新しい葉がでてきて、花も咲いたので
プラスチックの鉢から焼き物の鉢へ
アップグレードの植え替え。


すぐ地面に植えてもいいのですが、
いかんせん成長が遅いので、
ひとまず鉢植えで様子見。
それにしても、最近はなんでもインターネットで情報が
拾えて便利な世の中になりましたね。
すごいなあ。
みなさん、おっしゃるように、
枝をしばらく自然乾燥させ、樹液を
出し切らせてしまうと、根っこを出す準備をしました。

ところで・・・道路際に植わっているこの木の隣に、
王道の白いフランジャパニーの木もあります。
ここ数日の雨・風だかで、枝が折れて落ちているのを
散歩中に発見。
拾って持ち帰ろうか考え中。。。
王道の白もいいけど、
赤、というか赤に近い濃いピンクもいいんだよねえ〜♪
問題は植えるスペースだ。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

今夏シーズン初・・だったように思いますが、
週末、(厚い)曇り&雨。
週の前半はこんなんでしたが・・・

次の日には雲がワーとでてきて、雨。
ずーーーーと降っているわけではないので、
たまにこんな虹が・・・

久しぶりに見た、パーフェクトな大きい虹でした。

ダブルの虹です。。。
というか、虹はすべてダブルなのかも。
雲の流れが早いので、この後、またあっという間に雨。
夏の雨シーズン到来。
空が真っ黒になってくると、なんかワクワクします。
嫌いじゃないです、雨。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

昨日は、遠くアデレードより、ジェフの幼馴染マークが
やってきました。
もともと、イネスフェイルというケアンズから南に1時間ほど
下がったところ、数年前にサイクロンの直撃を受けた町で
小学校時代を共にすごした仲。
ジェフは、
『マークのお母さんが病気だから
マークの分も作ってあげて』
と言い、マークは
『ジェフのお母さんが病気だから、ジェフの
分も作ってあげて』
と言い、その余分なランチを他の生徒に
売りさばいてたそうです。
何日も続いたので、お互いのお母さんがおかしいと
思い、これが判明。
大目玉をくらったという、アホ友達。
他にもいろいろやったらしい(笑)

さて。。。。
マークが来たら、あれをやってもらうのだ!と常々狙っていたのが、
『留守電のアナウンス』
マークは声が非常にいい。
しかもメチャクチャ聞き取りやすい。
それもそのはずで、もともとはラジオのアナウンサー。
以前もうちの留守電を吹き込んでもらいましたが、
ジェフが誤って消去。
以来、ジェフが吹き込みましたが、ジェフの声は低すぎて
通らない。
私の声も低すぎて、日本の会社勤めのことは
意図せずに、話し相手をよく怒らせてました〜♪
悪気はないんですが、そういう声のトーンなんですよね。
ということで、上司からは
『2トーン上げて話なさい』
と言われ、そうしてます。いまだに(たまに)。

話はそれますが、オーストラリアにお住まいの方なら
誰でも知っている家電量販店のHarvey Norman.
毎週セールがある感じなので、かなり頻繁に作り変えてますが、
声は同じ人。
この人、たった90秒のCMのしゃべりに
$400(約32000円)チャージするそうです。
たかが声、されど声。。。

・・・ ← ポチッとお願いします♪

ドバイから到着した引越し貨物。
我らが待ちに待っていたその理由は、こちら↓


         ★ majlus (マジュラス) ★
アラブスタイルのソファー。
昨年、UAE(アラブ首長国連邦)に行ったときに
その座りやすさに一目ぼれ。
床にすわる文化がある日本人には
特に居心地が良い。
うちで購入したのはアラブ人用の通常の高さ。
ちなみに、西洋人用はこんな感じ↓

やっぱり正規のものは低すぎるらしく
高さがあります。
この部屋は、UAEの現在のトップのシェイクが幼少を
すごされたという宮殿の西洋人用の客間。
なので、部屋も大きいわけですが、マジュラスは
こんな感じで壁際にズラリと並べます。
そして、その前にじゅうたんをひきます。
通常の高さの場合は、じゅうたんの上にテーブルは置かず、
真ちゅうのでっかいトレイを置いて、
カルダモンの効いたコーヒー、デイツなどをふるまいます。

こういうやつ↑
このトレイはさすがに手がでなかった。。。
いつかほしい。
我家の小さいマジュラスコーナー、
本を読むにも、昼寝するにも最高♪
カバーだけ現地かネットで買って、
中身をこちらで注文して作るのも有り。
興味のある方、検索してみては。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、ジェフの両親の引越し荷物が
やっとドバイ港から到着。
いろいろ買い揃えて捨てるのももったいし、
さすがに4年間も住むと、手荷物だけで荷物を
すべて運ぶのは無理というもの。
ということで、到着したのが、
20フィートのコンテナ1本分、箱数にして123個!

さすがに多いな。
unpackをみんなで手伝うこと半日。
それでもまだ片付かない。。。
この荷物は8月中旬にドバイを出発し
シンガポール経由で9月末には到着するはずが、
引越しエージェントが音信不通、
荷物の行方がわからなくなって
家族中若干パニック。
われらもジェフの妹家族も
訪問時に買った品々を託してあったので
あれが全部無駄になったのか!とドキドキ。
そこで大昔、海外輸送の会社に勤めていた頃の知識を
呼び起こし、シンガポールで荷卸されたところまで
情報はつかんだものの、その後がmissing。
積み替えのある輸送はこれが怖い。
まあ、シンガポールで放置状態であろうと予測したところ
案の定、放置されてました。
そのまま香港、台湾、南米まで行かなくてよかったけども。
嗚呼、ちゃんと到着してよかった。
我らが首を長くして待っていたものは、
また次回にご紹介。

・・・ ←ポチッとお願いします♪