日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

前の家(ジェフの両親の家)では、そこにすでにあるものを
多々使っていたので、空っぽの家に引越して、
いざ生活を始めてみると、
あ、アレがない。
と、改めて気づくものが多い。
で、同じものが2つある場合、1つを遠慮なくもらってます(笑)
その中の1つがコレ↓

                 ★コンポーストビン★
生ゴミをいれて、腐葉土を作る入れ物。
これがあるだけで、ゴミの量がかなり違います。
これにからんでもう1つ足りないものが・・・
台所で作業中に生ゴミを入れておく容器。。。
蓋がついていれば何でも良いのですが、
ま、これくらいは自分でなんとかしましょう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

いまだ庭作成中。
似たような作業を8年くらい前に行いましたが、
あの頃より、ジェフともども体力が落ちていると
思われ、作業の進み具合が遅め(笑)
前回の庭は、好きな木を好きなだけ植えましたが、
今回はシンプル&できる限りlow maintenance路線。
ということで、今回は『パームツリーなし』。
代わりに言ってはナンですが、
絶対に植えたい!と思っていたものがコチラ↓


       ★フレンジャパニー (別名プルメリア)★

実は、これは近くの道路際に生えている木より
失敬してきました。 
フレンジャパニーは枝をこのように
土にさしておくと根を出します。
まあ、大きくなるまで時間がかかるでしょうが、
がんばって大きくなっていただきたい。
   
・・・  ← ポチッとお願いします♪

先日、ただいまネイルの学校で資格をとるべく
がんばっている某知人より、
『ネイルのモデルになってくれませんか』
という依頼を受けまして、行ってまいりました。

実はですね、ネイルをいうものを初めてやりました。
日本を出る前・・すでに10年近く前の話になりますが、
そのころ、仕事場にいつもネイルをきれいにやっている先輩が
いまして、たしか、その先輩曰く、お値段、指1本1000円。
え、両手で1万円?
今はもっと安いんでしょうけども。。。
オーストラリア、ことにタウンズビルに来て以来、
ガーデニングに目覚めたこともあり
まったく興味がわきませんでした。
が、しかし・・・
やってみるといいもんですね。
そして、ただいま庭作成中につき
野良作業をガシガシやっていますが、
(もちろん手袋をして)今のところ問題なし。
この後、どうなっていくのか(どれくらい持つのか、
どうやって剥がれるのか??)
興味津々。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

いまだせわしない引越し作業が続いており、
落ち着いたような、落ち着いていないような。。。
さて、今回の引越しにあたり、
念願のアレを購入しました。

          ★ iROBOT・Roomba(=掃除機ロボット)★

ちなみに、目と眉毛はマジックで描きました。
ただ今、名前を検討中。
こちらの家は、おそらく入り組んだデザインを
わざわざ頼まない限りは、タイルの部屋も
カーペットの部屋も段差がなく、平ら。
うちも段差がなく、半室内犬となっているマペットが
やはり毛を落とすので、引越ししたら買おうと狙っていました。
最近のものはかなり改良されたようで、
床とその上においてあるカーペットの段差くらいは問題なく
乗り越えるそうです。
電池がなくなりそうになると
自分で『home』に帰ってチャージをし、
なんらかの理由でその『ホーム』が傾いてたりすると
『家に帰れないよ〜』みたいなことを話すらしいです。
これはまだ実験してませんけど。
見ていてもなかなかおもしろい。
部屋の隅々まで掃除できるわけではないので
通常の掃除機も必要ですが、
きれいにしておくにはかなり良さそう。
マペットも興味津々。
後をつけてまわってます。
これから毎日働いてもらいましょう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2010/09/20

庭、作成中。

ただいま、急いで庭を整備中。
芝をひかないと毎日埃で家の中も汚れるので急務。

家を建てるときは芝をひくところまでビルダーに
任せる人が多いらしい。
ですが、うちはガーデニングが好きなのと、
どうも今まで見た限りでは、ビルダーに任せると、
土の質が悪かったり、大雨になった時の水の逃がし方まで
ちゃんと考えて作ってない家が散見されるので
自分達でやってます。

特にこの辺は大雨の時の水の逃がし口を意図的に
作らないといつまでも大きな水溜りが残っていけません。
虫がわく原因にもなります。

で、芝をひく前に土を引きますが、意図的に高低を
つけてから芝を置くわけです。

 

↑購入した芝。
1枚が書初め用半紙を一回り大きくしたくらいの大きさ。
結構重いんです、これが。

ジェフともども腰がギブアップ状態に近い。。。(笑)

ちなみに土はトップレベルのものを使用。

トップレベル・・・つまり、
栄養分がたくさん含まれている=肥料がたくさん含まれている
→ 臭い → ハエがたくさん集まってくる(笑)

そういう意味でも早くこの仕事を片付けねば。

ちなみに本日は季節はずれの大雨。

昨日、向かいのおじさんが半日以上かけて車を2台
丁寧に洗車していたせいでしょう。

ああ、土が流されてゆく。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

いまだ引っ越し作業中。
なんだか、後からいろいろなものが出てくる、出てくる・・・。
その中の1つがコレ↓


               ★レントゲン写真★
オーストラリアでは救急などは別として
かかりつけの医師に『レントゲンをとってきなさい』と指示されると
専門の場所に行って撮ってもらいます。
そして、現像したものとレントゲン医師からのコメントを
もらい、レントゲンを撮って来いと指示された医師のところに
持って行って診断してもらうという仕組み。
診断が終わったレントゲン写真は
患者保有となります。
昔のことですが、なぜレントゲン写真を個人で
保有するのか、数人の人に聞いたところ
次のような回答がきました。
パーソンA) 『ある意味個人情報だから各自が保管すべき』
パーソンB) 『そんなのいちいちクリニックで保管してたら
         いくら部屋があっても足りなくなっちゃうわよ。ははは』

どちらが本当かは調査したことありませんが、
まあ、どちらも本当・・・というか、2つ目の回答の方が本音のような。。。
ということで、ひとまず捨てずに保管してます。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2010/09/15

引越し作業中

ここ数日引越し作業中。
引越しをすることはわかっていたので、
前の家からのものは開封せずに保管していたものもあり、
たいして荷物がないだろう・・・なんて思ってたら
大間違い。
結構、『物』があるもんですね・・・。
さて、『近場の引越し』につき、大物だけを引越し屋に頼み
それ以外は自分たちで運んでます。
前回の引越しで利用して、なかなかよかった方法がコレ↓


大型のシーツにあらゆるものをおいて・・・

包む。
そう、風呂敷と同じ発想。
これはオージー女性から教わったもの。
この方が、引越し先で取り出して次の場所に
置くのも早いのでお勧め。
機会があればお試しを。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、研究でタウンズビルにいらっしゃった大学生のグループですが、
ある学校の先生のご自宅にBBQの招待をされました。
今回参加された学生さんと、BBQを招待してくださったご家族への
お礼もかねて、『サプライズ♪』で、アレを再びやりました。。。



                 ★流しソーメン★
3月より数回活躍してます。
日本人の皆さんは、流しソーメンは何かを知っていても
実際にやったことのある人というのは、とても少ないのですよね。
と言う私も、実は初めてこれを体験したのは
タウンズビルにて(笑)
湿度や気温のせいで、レールとなる竹の長期保存が難しいのですが、
竹が問題ない限り、活躍させる予定。
さて、いつまで持つかわかりませんが、がんばってもらいましょう♪

・・  ←ポチッとお願いします♪

朝、いつものように犬たちと庭にでたところ、
スクービーと私だけ、蜂の大群に襲われました。
黄緑っぽいもの30〜40匹にスクービーの体に
くっついており、何かな?と思って追っ払おうとしたところ
私の方にもやってきて刺されました。
今のところに4年ほど住んでいて、
遭遇したことのない体験だったのですが、
蜂に刺されるのは、何しろ痛い。
追っ払いつつ、一目散に逃げました。
で、他の人にも危ないのでこの話をするわけですが、
実は『蜂』の話をするのは少々面倒。
なぜならば、英語の場合、
・ミツバチ系の『bee』
・狩りバチ系の『wasp』
と分けなければなりません 。
ワタクシ的には、『危険』を伝えたいだけなので、
どちらでもいいんですが。 ┐(´ー`)┌
『ワニ』と言うのに、『クロコダイル』か『アリゲーター』と
使い分けねばならないのと同じ。
で、どちらだったかと言えば、bee。
なぜならば、ミツバチ系は一度針を刺すと死んでいきますが、
狩蜂系は何度も刺してきます。
はらった蜂を容赦なくつぶしましたが、そういえば、
一度肌の上に乗ると動かなかったなと・・・。
1匹から何度も刺されなくてよかったわけですが、
なんで、蜂はああ痛いんでしょう。
でもって、私は若干蜂の毒にアレルギーがあるようなので
抗ヒスタミン剤をすぐに飲みました。
ちなみに飲んだ薬は『claratyne』という市販のものですが、
日本に行ったときに、これで花粉症を乗り越えました。
結構効きます。
そして、スクービーはどうしたかというと、毛が厚いからか
何事もなかったようにすごしております。
毛深くてよかったね。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

★★タウンズビル子ども留学サイト『留学悩み相談室』2010年9月9日★★

今年の日本の夏はとても暑いようですが、タウンズビルの冬も
ちょっと暑いです。さらに雨も降り、なんだか夏のような・・・
そんなタウンズビルよりラーシュ和代です。みなさん、お元気ですか?

さて、今月の質問は、来年あたり小学生のお子さんを連れて親子留学を
したいお母様よりいただきました。

===【今月の質問】================================

年齢的に大人の半分も食べない子供と、さらに子供といっしょの部屋を
使うにもかかわらず、親子のホームステイ料金はどうして割高なのでしょうか。

===【回答】=====================================

■ 質問の背景ですが、このお母様が20代のころ、単身でホームステイを
された経験があり、その時の料金と、親子用のホームステイ料金を
比較されています。

年数が経っているので物価上昇を考慮しても、割高感があるとのこと。

さらにその料金ならばアパートを借りることもできるのではないか?
とのことです。

■ そうですね。確かに割高感があるかもしれませんね。

まず、ホームステイ料金ですが、お子様が通う学校が手配する場合と
ホームステイ業者が手配する場合が考えられますが、いずれにしても
手配するところによって料金が違います。

タウンズビルにある、ある私立校の場合は1泊1人$40。
親1名、子1名でホームステイをすると、1泊合計$80。

■ このホームステイ料金に基本的に含まれているものは、

・3食 
・そのお宅にステイするにあたっての基本的なコスト(電気代、水道代、
 リネン類の使用など。国際電話とインターネット使用については相談)

もし、お子さんが通う学校からのホストファミリーであれば、学校の登下校を
自分の子供といっしょにしてくれるのが通常のパターンです。

■ さて、なぜ割高か・・・・

大雑把に言ってしまえば、18歳未満のお子さんは、18歳以上を
受入れる以上に気配りやケアが必要なことが多いからです。

保護者が一緒でも現地の事情にあまり明るくない場合や車が
ない場合は、なんだかんだとやはりホームステイ料金に含まれている
以上のケアが必要。

例えば、小さなお子さんは病気にかかることも多いですし、怪我を
することもあるでしょう。

医者に行きたい場合や、医者まで必要なくても薬局に行きたい場合、
車を出して必要な場所に行ったりと、やはりホストファミリーがヘルプ
せざるを得ません。

いくら自分でやりますと言っても、あまり現地に明るくない状況では
行動に制限がでてくるのではないでしょうか。

ということで、言い方は悪いかもしれませんが、『手間』がかかる分の
コストが考慮されています。

■ それと、オーストラリアはここ数年物価上昇中で、2002・3年の頃
よりも30〜40%物価が上昇しています。

以前はほとんどのものが日本より安かったのですが、最近では
逆転現象が起きています。

ホームステイ料金には食費が含まれていますが、アパートを借りる
場合は食費は別に必要になりますので、こちらもご注意ください。

この物価上昇は、ホームステイ料金だけなく、授業料などあらゆる
ものに影響を及ぼしています(泣)。

そういったことも考慮して、留学をする場合は予算を多めに
見ておきましょう。

■ 私も個人的にホームステイの受入(18歳未満と以上両方)を
経験してみましたが、結構大変でした。

特に18歳未満を受入れる場合は、受入れる側と
してもある程度経済的な余裕と体力がないと受入れるのは
厳しいだろうなと予想します。

■ ホームステイとアパート滞在・・・・
料金やそれぞれのメリット・デメリットを考えて
どちらにするか決めることをお勧めします。

 

===========================
『留学に関する悩み相談室』で取り上げてほしい悩みがある方は
是非メールをください。

info@tropicadoo.com.au   ←@を半角にしてください。
タイトル『留学悩み相談室トピック』でお願いします。

===========================

■編集後記

ホストファミリーとの間に相性があるのは仕方のないことですが、
受入れる方もどんな方々くるのか、ワクワク・ドキドキであります。

特に自分の住んでいる領域に、今まで知らなかった人を
入れるわけですから、ホームステイを成功させるのは
お互いの協力が必要ですね。。。