日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

現在研修中の某高校生グループに、英語レッスンの一貫として
島の原住民であるTorre Strait Islander Auntiesをお迎えし
通訳なしで、ココナツの葉でクラフトを作るというアクティビティを
アレンジしました。
オーストラリアには原住民が2種類あり、
島の原住民がトレス・ストレイト・アイランダー(Torres Strait Islander)

本土の原住民がアボリジニです。

↑ 旗もそれぞれ違います。
今回は島の原住民トレス・ストレイト・アイランダー出身の女性を
お迎えし、生徒のみなさんにココナツの葉で、飾りのクラフトを
教えてもらいました。

↓ 作ったのはこちら ↓

           ★ 風車を作り、魚に変身した最終形 ★

↑ こちらは見本ですが、電気もガスもなかった時代は、
こういったデコレーション、遊び道具をはじめ、
家の屋根、食器、燃料、そして食料として
ヤシの木を利用してきたのだそうです。
『ヤシの木は捨てるところはどこもないのよ』
という言葉が印象的でした。
少し日本文化にも通じるものがあります。
。。。。
ちなみにトレ・ストレイト・アイランドとは、
オーストラリアとパプアニューギニアの間の小さな島々ですが、
日本では『木曜島:サースディアイランド』なら
聞いたことがある人がいるかも。
昔、真珠貝の養殖ダイバーとして、和歌山や鹿児島あたりから
日本人の移民がたくさんきていたそうで、たまにですが、
オーストラリア人で、
『イシヤマ』さん、『フジイ』さん
といった、日本人の名字をもったオージーがいます。
お祖父さんや曾お祖父さんが、こういった移民だったそうです。
意外なところで、日本とオーストラリアが
つながってます。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

昨日はなかなかきれいな満月の夜でした。

月の光が水面に映るのは、川でも海でもきれいです。
さて、話は変わりまして、先日のことですが、
留学中の生徒さんが病院に運ばれました。
大事には至らず、その日のうちにERから退院したので
入院もなく、学校にも元気に登校中。
病院に行く時に救急車を呼んだのですが、
その請求書がきました。
(保険でカバーされます)
病院までわずか10分ほどの距離ですが、
請求金額は、
$585 (1ドル$80換算で、46,800円)
ヒエ〜。
高〜。
もし、地元の人が救急車を使ったらどうなるかというと、
同じく請求書が来ると思います。
身近な人で使った人がいないので、違うかもしれませんが、
何しろ、プライベートの医療保険がカバーします。
(↑ 追記: やはりこちらの住民は電気代といっしょに請求されるもので
すむようです。失礼しました)

3ケ月ごとにやってくる電気代の請求にも
community ambulance cover

なるものを約$30ほどとられます。
電気代といっしょなら、とりっぱぐれがないであろう
という賢い考え。
ケアンズで大怪我をするとタウンズビルに運ばれるのですが、
それで、ロイヤルフライングドクターを使おうものなら、
80万円ほどするらしいです。

救急車は無料というのは日本くらいなのでしょうか??
これから旅行や短期留学で海外にでる方が多いと思いますが、
皆さん、旅行保険にはきちんとはいってから出かけましょう。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

数日前にご紹介した『一日一個!米国発・本当に使える日常英会話フレーズ』の
うろこさん
より、このような本をいただきました♪

  ★今日から英語でTwitter 〜つぶやき英語表現ハンドブック★

『ツイッターを英語で楽しむ会』の10名のメンバーにより
書かれたもので、語学教育のプロの方や海外在住の方で
英語学習を応援されている方が、日常会話で使える表現を
厳選して本にまとめられました。
その1人がうろこさん!!
きゃあー、うろこ先生、おめでとうございます。
まだお会いしたことありませんが(距離的に、ちょっと・・・いや、
かなり難しい・笑)、長いお付き合いになります。
この本も地球を半周して届きました。
ありがとうございます。
さて、こちらの表現ですが、
朝、夜、仕事、食事、家族、情報発信、相互コミュニケーション(お悔やみ、
会えなくて残念、etc) など、様々なシチュエーション別に、
使えそうな表現が満載です。
1文だけのものもありますが、2・3文で1つのやりとりをまとめているものもあり、
かなり応用が利きそうです。
その上、海外で日々頻繁に英語を使う方々が
英文サンプルをだしているので、
『ああ、これ、そういえば、こういう風に言うよね』
というものたくさん。
北米英語がメインですが、オセアニアでもイギリスでも
問題なく使えると思います。
会話力を向上させたい方、必見です。

(うろこ様・・・・いやあ、7・8月の語学研修前の5月か6月くらいに
ご紹介したかったす。
ホームステイ先でも使えそうです♪)

・・・  ←ポチッとお願いします♪

先日は、都内某高校様の視察に同行。
初めてタウンズビルにやってくるグループの先生が
あいさつと事前打合せにいらっしゃいました。
訪問が決まっている学校は、8〜12年生のセカンダリースクール。
生徒数が2200人ほどいて、クィーンズランド州の中でも非常に大きな学校。
2000人級は州内で3校ほどしかないとか。
この学校、原住民(アボリジニ)の生徒も他の学校に比べると多め。
そこで、校内には原住民の文化があちこちに見られます。

おそらく生徒達が描いたもの。
他にもゲストにダンスや音楽をゲストに披露する生徒のチームを
原住民の血をひく生徒で結成してるとか。
自分のルーツを理解して、表現する場を設けているのは
すばらしいではありませんか。
その披露がプログラムにはいっているので、
私も是非とも見に行く予定。
いや、楽しみ。
この学校、実はすごくインターナショナルで、
北米、南米、ヨーロッパからの長期留学生も多い。
でもって、近所に我カーボーイズ(ラグビーリーグのプロチーム)が
あるので、そこですでに契約しているティーン・プレーヤーも
この学校に通ってます。
こちらはキーウイや南の島からの生徒がいるらしい。
実は、数年前のスポーツキャプテンが
ブリズベンのブロンコスに所属中。
そのお母さんはいまだ学校でスタッフとして働いてます。
お母さんと仲良くなってサインもらってもらおうかな(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日は、英会話の勉強中の方には特にお勧めのメルマがの紹介です。
題名からしますと、さも私が発行するような感じですが、違います♪
我がタウンズビルよりももっと濃い南国であろう『ツツイラ島』に
住まわれ、今は寒いアメリカ・ワシントン州にお住まいのうろこさんが
始めたメルマガ、
『一日一個!米国発・本当に使える日常英会話フレーズ』
これ、とても役に立ちます。
ちょっとした言い回しでも、学校の教科書では
でてこないような表現が毎日でてきます

まさに『使える』表現。
例えば、本日届いた表現は、
It’s been one thing after another all day
→ 『一日中、一難去ってまた一難状態なんだよ』
いやあ、こういう日、ありますよね。
でもって、one after anotherとか、 all dayなどは熟語として
習うと思いますが、現在完了形を使って、こうやってつながると
あ、なるほどこういう表現になるのか。。。
と思いませんか?
難しくない文章ですが、言われるまでわからない、みたいな。
興味のある方は、うろこさんのブログへ行ってみてください。
『オンラインで楽しく英会話上達・オンタノ英会話』

ここでは、メルマガ登録の他にも、毎日配信した内容の補足、
役に立つ無料勉強素材、
それと、なんとも愉快なうろこさんのコメントや生活の様子が
楽しめます♪
興味のある方は是非のぞいてみてくださいね〜。
勉強になります!

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、こんなものを日本経由でゲットしました。

          ★ イカ墨のペースト ★

数年前から『イカ墨のパスタ食べたいな〜』なんて思っていたのですが、
ペーストが手にはいらない。
(イタリア移民の多いInghamだったら手に入るのか?)
タウンズビルにある某レストランで、
『スクイッド・インクパスタ』
というメニューが目に飛び込んできたので、
即座にオーダーしたものの、
イカ墨はソースではなく、パスタに練りこんであました。
んんん・・・これでは物足りない。
やはり、あの黒さがオージーにはまだダメなのか。。。。
この国では『黒い食べ物』に抵抗を感じる人が多いようです。
が、寿司ブームのおかげで、海苔に慣れてきた人が
ここ5・6年でぐんと増えたような。
そういえば、5・6年前くらいに親子留学で来ていた小学生3年生の
生徒さんの話を思い出しました。
学校のランチにおにぎりを持っていったら、
友達が海苔の黒さに『ギョエ〜』という反応を示したとか。
それ以来、おにぎりを我慢して、サンドイッチを持っていったそうな。
が、最近では、インターンシップにきている大学生によると
小学校の日本語クラスでおにぎりを作っても、
みんな結構パクパク食べてるという話。
時代は変わったもんだ。
で、イカ墨パスタですが、ウキウキしながら作りました♪

手作りパスタで。
いやあ、おいしかったです。
あのコクのあるソース、久しぶり。
おいしかったですが、ジェフは手もつけませんでした。
どうにもこうにも色がグロテスクでダメだそうです。
人生、楽しみ損ねてるな、おい。
白いお皿に盛るとかそういう工夫も必要だったのかも。
そんなジェフを無視して、
次はリゾットだ♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

今年の冬はあまり寒くないのですが、
今朝は久しぶりに、少しキリリと冷えました。
川の湯気も高かったです。

5メートル以上ありましたかね。。。

さて、昨日、友人よりお花をいただきました↓

こういう南国のジンジャー系は、大きなガラスの器に
ドン!といけると、とってもゴージャス。
写真のものよりも2〜3倍大きな器があると、なお◎。

私自身は不在のときに来てくれたので、話はできませんでしたが、
おそらく大きな庭のあるお宅なので、庭から採取したのではないかと
思います。
日本に帰ると、いまだにお華のお稽古に参加させてもらうのですが、
いつも密かに思うのが、
『あ、これ、うちの庭にあるな〜』
『あ、これは○○ん家の庭にあるな〜』

バラとかチューリップとか、そういうお花はないですが、
意外にいけばなで使う枝物、葉物が、うちに周りの庭に
あるんですよ。
つまり、無料素材がたくさん。
ジンジャー系の大きな葉っぱは、大きなお皿にしいて、
その上に料理を盛ると、結構サマになります。
そんなところが南国生活が好きな理由のひとつでもあります(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、マペットとともにアジリティ・クラブに初参加してきました♪
タウンズビルには、『Townsville Outdoor Agility Dog Sports』という
団体があり、毎週クラスを開催しています。
この団体、頭文字を略して、『TOADS』と呼ぶらしい。
ちなみに toadとは『ガマガエル』という意味もあるので、
クラブのロゴはガマガエル。
で、マペットが参加したのは、本格的なアジリティコース、
しかも『ビギナーズコース』に入る前の超初心者コース。
なので、このコースの名前は
『Tadpoles』 ※意味: おたまじゃくし

↑ これはTadpoleクラスだけ。
全部で15頭くらいいたでしょうか。
我々の後ろには、バーを飛び越えたり、
いろいろな障害物をこなすコースのグループがいたので、
全部で40〜50頭のワンコがいたと思います。
メチャクチャ小さいのから、巨大なグレートデーンまで
いて、見てるだけでもおもしろい。
で、Tadpoleクラスは何をするかといいますと、、、
アジリティは、飼い主のコマンド(命令)を聞きながら
リーシュなしで行動しつづけるため、
まずは命令を聞くための基本的なルールを学ぶところから。
こんなものを使います。

       ★ clicker ★
ワンコに痛みを与えないで調教していく『Positive method』なので、
このクリッカーとご褒美の食べ物を併用して、教えていきます。
そして、インストラクターが、『あ、このワンコは大丈夫だな』と
思わないと、ホンチャンのアジリティコースには行けない仕組み。
・・・もし、OKがでなくても、コマンドを聞いてくれるようになるだけで
私としては、◎。
どうも、私は甘いので、それがすっかりバレバレ。
言うことを聞かないこともしばしば。
それに、これだけ大勢のワンコと会うと
社交性も伸びて◎。
初日の結果ですが、マペットは積極的にいろんなワンコに
あいさつしに行き、練習もまあまあ楽しんでいた模様。
私自身も結構おもしろかったです。
さあ、うちでも練習して、またトレーにイングに行ってみよう!

・・・ ←ポチッツとお願いします♪

数週間前に魚屋でカレイを買い、ジェフの
『そんなのどこにでもいるじゃん』
発言をきっかけに、釣りに行く決心をしたのは以前の記事
書きましたが、ついに購入しました♪


              ★ MY 釣竿〜♪ ★
うほ〜。
初心者&ビーチ釣りなので、高いものではないですが、
『シマノ』ブランドをゲット。
やはり日本物は安心〜。
他にも、ナイフやら特殊な手袋やら箱を買いました。
箱は『タックルボックス』というそうです。
なんか、ちょっとかっこいい響きでないかい♪
ところで、こういうアウトドアものを扱っているお店は結構あるのですが、
その割には釣竿とは地味ですな。
紫とか黄緑とかそんな色がほしかったんですが。
なので、せめて釣り糸を赤にしてみました。

さて・・・
どこにつりに行くか。。。。
ジェフがかなり釣りから遠ざかっており、場所はなんとなく覚えて
いるようですが、心もとないので、友人に聞いてきました。
で、帰ってきた言葉がこれ。(ちなみに日本人です)
『お勧めの魚ですが、キス、カレイ、コチ、grunter, trevally(アジ科)、
breamでしょうか。
最近では、キスが甘くてお気に入りです。
でも、つりたての新鮮な魚はどれもおいしいと思います』

魚が甘い?なにそれ。
それってどんなお味?
新鮮な魚は甘みがあるの???

俄然、やる気になりました。
が・・・・しばらく仕事が忙しくなるので、
実際にいけるのは8月中旬か。。。
早く超新鮮なお刺身を堪能したい。

・・・ ←ポチッとお願いします♪                               

先日、うち同様犬を2頭飼っている友人から、
『スパムかと思ったけど、念のため・・・』と
こんなメールをいただきました。
Please tell every dog or cat owner you now.  Cocoa Mulch, which is sold by Target and garden supply sotres contains a lethal ingredient called "Theodromine".  It is lethatl to dogs and cats. It smells like chocolate and it really attacts dogs…… (中略)This produce is highly toxic to dogs and cats.
Mulchとは『腐葉土、マルチ』で、こちらではガーデンベッドをこれで
埋め尽くして、土からの水分蒸発を防ぎ、養分もあり、そして、雑草を
生えるのを抑える役割もあります。見た目もよし。
で、先ほどのメールで話題のマルチがこちら↓
※会社によってデザインが違います


ネットで調べてみたところ、
『これは本当か?』
という質問が多く、メールの出所などの情報もありました。
ちなみに、でっち上げのいたずらメールのことを英語で
hoax email』 と言います。
で、真相ですが、多くの情報によれば partly tureだそう。
たしかに含まれている物質は毒性があるものの、
死に至るのは稀だとか。
でもですね、やはり毒性があるならダメでしょう。
しかも、このマルチの場合、ココアというかチョコレートっぽい臭いに
誘われるらしい。
ということは、ダメだ。
絶対にうちの犬達、食べます、これ。
かなりの確率で。
昔の話ですが・・・・
犬を飼うことに関する知識が乏しかったころ、
ある腐ったものを庭に埋めたらば、知らないうちにスクービーが
掘り返して食べ、病気になり、VETに連れて行ったことがあります。
しかも、その理由に気付くのに数日かかったという大マヌケな話。
人間にとっては臭くても、犬には魅力的な臭いなのでしょう。
あれ以来、近寄ってはいけないものには
フェンスを立ててます。
特に、食いしん坊なうちの犬たちには
危険物は遠ざけるのが一番。
Wさん、ありがとう。

・・・ ←ポチッとお願いします♪