日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

先週、クィーンズランド州では電気代が13.29%値上がりという
ニュースがありました。
これは、家族構成3・4人の一般の家庭では
年間約$200上がるんだとか。
電気代のような基本的なものが上がれば、
他のものも上がることになるわけで、
週末の新聞で、『じゃあ、一体全部でいくら生活コストが上がるのだ?』
という試算がありました。
で、その額ですが、
年間$1,200増し。

うぉ〜。
個人的な記憶で言うならば、
2003・4年あたりから、ずっと物価が上がりっぱなし。
いまだにスーパーマーケットで買い物をすると、
例えば、いつも買う2リットルのコーラなどは、
『昔は$2.24とかだったのになあ、今は$3.20かよ。。。』
と思うわけです。
。。。そういえば、数ケ月前のこと。
物価が上昇しているので、語学研修などのツアー料金も
毎年上昇中。そんな中、日本よりこんな質問が。
『毎年ツアー料金が上がっているのが、変だなという気が
するのですが、何か理由がありますか?』

物価横ばいまたは下降中の日本にあっては
このような質問がくるのはしかたないですな。
去年、昔営業途中でたまに行っていた銀座にある
イタリアレストランのランチに行ったときのこと。
2000年前で、ランチは1600円だったので、今ごろ2000円かな?
なんて思っていたら、なんと1500円。
いやはや、目を疑いました。
じわじわと生活しにくくなっているオーストラリア。
この物価上昇いつまで続くのか??
(定期預金は、金額によりますが6.0%台
半分近く税金で取られるとしても、貯めるなら良い時期♪)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、某小学校の日本語弁論大会の審査員をしてきました。
地元の学校は、日本人生徒の団体を受入れてもらったり
日ごろからお世話になっているので、
こちらでできることがあれば、なるべく協力しています。
この学校は5年生から7年生まで日本語授業があり、
各学年の上位数名が、8月半ばにある市内の日本語弁論大会、
つまり本選にいけるというもの。
スピーチ的には、中・高校生と比べると、やはり単調なのですが、
個人的には小学生の方を見るほうが楽しい。
合間・合間の子供同士のやりとりを見ていると
そこには、しっかりした社会が成り立っていて、
これまた興味深い。
今回は、開始までに少し時間があったので、先生の指示で
『charade』

つまり、『ジェスチャー遊び』をしていました。
(南伸介のデコボコ大学校を思い出しましたが、あれは
『エスチャー』ですか。。。古っ)

で、1人ぽっちゃりした女の子がでてきたとたんに、
後ろにいた男の子が、
Chubby!! (意味: ぽっちゃりした、丸々した)
と冷やかし始めました。
あまり悪い表現だとは思いませんが、(fatはかなり失礼らしい)
そろそろ年頃の女の子に『そりゃ、かわいそうだろ』と思いましたが、
その子はあまり意に介していない様子。
多分、『男子ってばかじゃない!』というタイプな感じのお嬢さん。
などなど、ぷぷぷと笑える場面が多い、楽しい時間でした。

最後に、Thank Youカードとチョコレートをいただきました♪

こういうのはチョチョイのチョイでできちゃうのかもしれませんが、
それでもわざわざ時間を割いて、作ってくれたというのは
うれしいものです。
生徒のみなさん、Well done.
本選に行く人は引き続きがんばってね。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

地元紙には、(恐らく)子供向けの特集ものがたまにでてきます。
2面をいっぱいに使って。
わりと大人も楽しめたりするのですが、先日のテーマはこれ。

         『Manga art and its influences』

漫画。
漫画はもはや『art』。
そして、最近は『Manga』として世界で通じるようです。
この記事が、またその起源まで詳しく説明していまして、
16世紀までさかのぼり、葛飾北斎、写楽、北川歌麿まででてきます。
へえ〜。
日本人の私も勉強になりました。
こういう文化や歴史については、興味のある外国人は
かなりつっこんで調べて知識が豊富だったりするので、
こちらが教えてもらうことも多い(汗)。
ちなみに、以前、仕事でオーストラリア中の大学情報を調べた時
発見したのですが、ほとんどの大学にマンガ・アニメクラブがありました。
日本の漫画やアニメは、外国人をひきつける日本文化として
不動の地位のようであります。

手塚治虫は医学博士だったんだ。
知らなかった。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日の夜中のこと。
ジェフ曰く、スクービーとマペットが野菜畑を荒らしていたので
急いでつまみだしたそうな。

ミズナとカブが全滅。
チキショ〜。ミズナなんかとてもビューティフルに
育っていたのに・・・・。
入ってはいけないことはわかっているはずなんですが・・・
おそらく、前日の夕方に私がカブを収穫していたのを
スクービーが見ていたからに違いない。
彼はカブ系が大好きで、去年、収穫の仕方を自分で発見。
カブの隣にあったミズナもカブと思って引っこ抜こうと
したのでしょう。根元からちぎられてました。
そこで、ジェフと私から大目玉をくらったわけですが、
耳と目が弱い、今年13歳になるスクービーは、
『何をおしゃっているのか聞こえません〜  ┐(´ー`)┌』

と、まったく意に介さない態度。そのへんは最近、老獪(笑)
対して、マペットはおそらく理解しており、その後は
お仕置きとして、家の中にしばらく入れなかったので
外でふてくされておりました。
ちなみに、この『ふてくされてる』とか『すねている』状態を英語で
Muppet is sulking.

そのうち、しょんぼり感が増大するので、
半日ほど経ってから話しかけて家の中にいれてあげると
そのあとはべったりくっついてきます。
このパターンになると、同じミスはしません。今のところ。
ま、そんなマペットも日曜日で1歳になりました。
個性もでてきて楽しませてくれます。

生まれたときにはペチャンコだった鼻も
遺伝どおり長くなって、よかったね。

スクービーとも仲良くやっております。
このまま元気に成長しておくれ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日はジェフのサッカー友達を招いて、ジェフの誕生日パーティを開催。
40歳になりました。
ジェフ曰く、Officially old。
たしかに、30歳と40歳では、かなり違いますわな。
まあ、みんな歳をとるわけだからしかたがない ┐(´ー`)┌。
今回は少し寒くなってきたので、
キャンプファイヤーを囲んでのパーティ。

毎回思いますが、炎というのは美しいですね。
常に形や色が変わり続けます。
私は途中で退散しましたが、男子はポーカーゲームなどを
朝までしていた模様。
途中、草の上や木にもたれて寝ていた人もいたらしい。
この家でアウトドア・パーティができるのもあと少し。
あと1回、サッカーメイトを招いてパーティをするかも。
自分の友達を招いてパーティをすると
ジェフが庭・ガレージをすべてきれいにするので
大歓迎(笑)

・・・  ←ポチッとお願いします♪

オーストラリアのテレビ番組は日本と比べるとイマイチなものが
多いので、テレビをつけている時間はあまり多くないと思うのですが、
そんな中、最近笑えるCMを発見。

ANZ銀行のCM。
Barbara lives in “Bank World”. We live in your wolrd.
と銘打った、バーバラさんシリーズが笑えます。
あと2つほどありますが、一番のお気に入りは、お客様から
相談を受けている最中に、携帯でメッセージを打ちながら、
『自分で決めなさいよ』と毒をはいてるヤツですが、
Youtubeでみつからず。
なぜ笑えるかと言えば、このレベルのカスタマーサービスが
オーストラリアではありえるから。
さすがに、顧客に面と向かって『Go Away!』とは言わなくとも
これに近い態度は有りでしょう。
ANZ銀行は日本にも支店がありますが、
日本で翻訳版が流れたとしても、日本のカスタマーサービスの
レベルが高いので、おそらく現実味に乏しく、
ウケないのではないかと思います。
サービスの悪さも、ここまでくると笑えます。
バーバラ・シリーズ、もう少し続いてほしい。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2010/05/19

レンガを切る

引越しにあたり、というか、ジェフの両親が帰ってくるにあたり、
それまでに完了させておくべきことのスケジュールに
火がついてきました。
その中の1つを完了すべく、ジェフが
こんな機械を借りてきました。

     ★ブリック・カッター★
これでレンガを切ります。

↑ こういうカーブの隙間1つ1つあわせて
切っていくというわけ。
なかなか地道な作業です。

↑ なかなかきれいに仕上がってます。
が、結局全部できず・・・というか、あまりに小さい隙間は
諦めて、セメントのようなもので埋めることにしたとか。
『ああ、タイル屋(タイルとかレンガをしく職人)にはなれない・・・』
とギブアップ。
腰が痛いそうです。
最初からプロに任せればよかったんでないかい?
と思い、なおかつ周囲もそうしろと言ったのですが、
自分でやりたいジェフ。
多分、オーストラリアではこうやって自分でやりたい人が
多いと思われ、こういう機械のレンタルは一般人でも簡単にできます。
全ての任務完了までまだまだ遠い道のり。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

昨日は念願の(いや悲願の?)チャリティに参加!!
『RSPCA Millions paws walk 2010』


RSPCAというオーストラリアの非営利の動物保護団体に対する
募金イベントで、毎年1回全国で一斉開催する恒例行事。
ペットの犬を連れてみんなで散歩するのですが、
この参加料がこの団体への寄付されます。
これね〜、ずっと出たかったんですわ。
いかんせん、スクービーの犬に対する社交性が著しく
低かったので、毎年控えておりました。
が、昨年より我が家に加わったマペットを、なるべく他の犬に
会わせるなどして、姪っ子2名と彼女たちといっしょに初参加♪♪

歩く距離はたいしたことないんですけどね、
他の犬を見たりとか、知らない人とおしゃべりしたりとか、
自分の犬が初対面の犬とケンカしないであいさつしてるのを
見るとうれしくなるとか、そんなのが楽しいわけです。

いやあ、それにしても、何頭いたんだろうか。
いろんな犬がいるもんですね。
ウルフハウンドなんか、初めて見ました。ほんと狼みたい。
馬か?と思うくらい大きいやつとか、
ダックスフントの着ぐるみが、ホットドック用のパンとケチャップで
まさに『ソーセージ・ホットドッグ』とか、
バレリーナや悪魔のコスチュームを着た犬とか
たくさんいました。
写真をたくさんとりたかったのですが、
お互いの犬が近いこともあり、大きなカメラで悠長に
写真をとっていられず。。。


散歩のあとは、懲りずにアジリティにも挑戦。
嗚呼、楽しかった。
姪っ子達も犬達にも喜んでいただいた模様。
(というか、私が一番楽しんだかも)
来年もまた参加しよう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

数ヶ月前に拡張された近所のショッピングセンター。
それを気に新しく魚屋さんがオープン。
タウンズビルでは、入手できるところが限られている『刺身grade』のまぐろや、
殻に乗った生ホタテもあったりして、日本の魚屋には遠くおよびませんが、
この辺では、なかなかの品揃え。
そんな中、最近みつけて、はまっているものがあります。
スモークサーモンのつもり買ったら、ちょっと違う。
あ、ちなみに下の写真はサーモンではなく、オーシャントラウトなんですが、
味的にはサーモンとあまり変わらず。

           ★ sugar cane cured ocean trout ★
(・・・という名前だったと思う・弱)
ほんのりオリーブオイル(多分)とブラックペッパーがかかっていて
スモーク系とはまた少し違ったおいしさ。
オイルがある分、こちらの方がしっとりしている感じ。
ところで・・・
sugar cane : さとうきび
cured  : 塩漬けされた〜
という意味から察するに、
塩漬けの段階で、サトウキビの葉か砂糖を使っているのか??
ちなみにノース・クィーンズランドはさとうきびが特産の1つなので
だからこんな調理法があるのか?
インターネットで簡単に見つかるだろうと思ったら、
これが一発ではでてこない。
はて、どうやって作るんでしょう?
都会だったら普通に売っているのかも。
とにかく、みつけた人はお試しあれ。
おいしいです。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

最近、日の出の時間が遅くなり、午前6時でも暗い。
ということで、メチャクチャ早起きしなくても朝焼けが楽しめます。
最近はこんなウロコ雲が多い。。。


さて。。。
本日は、空の話ではなく英語ネタ。
ただいま契約中のビルダーは、トップの大工がケアンズにいて、
ケアンズの案件が終わりしだい、タウンズビル進出を計画中。
実際のうちの大工は別の人。
仕事自体はほとんど不満がないのですが、そのケアンズにいる
トップがとってもdisorganized person、つまり段取りが悪く、
いろいろな下請けと顧客を怒らせております。
たしかに客の目から見ても、大工としての腕はいいのかもしれないけれども、
プロジェクト・マネージメントと顧客とのコミュニケーション能力が足りない。
うちと同じくスモールビジネスということもあり、上手く仕事をすれば
いろんな人に宣伝してあげようと思っていたのに残念ながら無理。
で、その彼が今週タウンズビルにやってくるらしい。
というのをジェフとうちの大工で話をしていてでてきた表現。
He has to face the music here.

『Face the music』

音楽と向かい合う?? いやあ〜なんか楽しそう♪
いやいや、違います。
意味は、
Accept the unpleasant consequences of one’s action

自分の行いが原因で起きた不愉快な結果を受け入れる、
そして、彼の場合は、『お叱りを真摯に受ける+早急になんとかしろ』ということ。
機会をたくさん与えられたのに全部無駄にしてしまった彼。
なんてもったいないことを。。。
私もそうならないように気をつけよう。

・・・ ←ポチッとお願いします♪