日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

久しぶりにうちの犬ネタです。
マペットは4ケ月の誕生日を1週間ほどこしたところですが、2ケ月前の3倍くらい大きくなりました。

おまけに、黒と白だったのに・・・・

なぜか白い毛が抜け、ほとんど真っ黒。
日に当たるとこげ茶。
生まれてから10数年をいっしょに暮した黒と白半々くらいのコッカースパニュエルを求めたはずだったジェフは、若干がっかり(・・・それでもメチャクチャかわいがってますが)
そんな彼女も、スクービーや他の犬から学ぶことも多く、外出時も1匹を残していくわけではないので、飼い主としてはなんか楽。
で、ついにこれも他の犬をまねてやるようになりました。


飛び込んで、枝ではなく葉をとってくるのは、ジェフの妹の犬から学びました。

子犬を飼ったのは初めてですが、これで1匹しかいなかったら大変だろうなあと思います。
それにしても子犬の成長とはなんと早いことか。
4ケ月にして乳歯も抜け始め、どんどん大きくなっていく。
そんなに急がなくてもいいよ・・・と言い聞かせる今日この頃(笑)
スクービーとも仲良くやってます。
・・・というか、スクービーは相変わらずマイペースで、たまにいっしょに遊ぶのがしんどそうです(笑)
犬もそれぞれ個性があっておもしろい。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

多少のダストストームの中、エアショー開催されました!
≡゜∀゜)≡゜∀゜)≡゜∀゜)キタ━━!!!! 

普段は静かなストランドも昨日は7万人以上がつめかけたとか。
半日以上のイベントで軍隊のバンド演奏や夜は花火などあがりましたが、1時半から5時すぎまではいろいろな飛行機が空をとびかいました。
こんなのとか↓

が、しかし、目玉はやはり・・・

    ★US AIR FORCE THUNDERBIRDS!!! ★

いきなり後ろから登場。
上の写真にあるように、機体の裏側にはトレードマークのサンダーバードのデザイン。
約30分、あっとい間に魅せてくれた。
その一部を動画でご紹介↓


すごいなあ〜。
震えるような感動を覚えながら何かを鑑賞するというのは久しぶりでした。
才能だな〜。
私がもし空間能力と方向感覚があって、数学が得意だったら絶対にパイロットやってます。
かの有名な『マーフィの法則』にもあったと思いますが、女性はことのほかこの空間能力が弱いようですね。。。
この後グアムに行き、10月半ばには千歳、浜松、三沢でこのショーを行うそうです。
見る価値あります。
近くの方は行ってみたらいかがでしょう。
サンダーバードTシャツもかっこよかったです。(多分、買えます)

・・・   ←ポチッとお願いします♪

シドニーあたりですごいことになっているdust storm.
ひどい時は視界が数メートルだったもよう。
シドニーとタウンズビルは本州がすっぽりはいるであろうくらい離れているので、こちらは大丈夫かなと思いきや・・・


少しぼや〜としております。
オーストラリアの中心部から、1時間あたり7万5000トンもの砂塵が風の乗って流れているらしいです。
シドニーほどではないので、生活上も、おそらく航空便などは乱れていないと思われますが、明日までにスカッと澄み切った空が現れてくれないと困ります。
なぜかと言えば・・・
エア・ショーがあるから〜♪
しかも、USエアフォースのthunderbirdsやってくる!!

火曜日の午後にたまたま空港近くの交差点で信号待ちをしていたところ、彼らが到着。
えらくお互いに近い距離を飛んでいたかと思うと、滑走路を通り過ぎたところで一機ずつ大旋廻をして着陸。
ハワイからの到着だけなのに、いきなり魅せてくれました。
当日はどんなものを拝見できるのかしら♪
ワタクシ、男に生まれて、なおかつ空間能力が高かったら、絶対にパイロットになっていたと思います。
なので、このショーは年初から楽しみにしてました。
が、このダスト・ストームで中止になることもあるのか??非常に心配。。。

ところで、タウンズビルの後は、グアムでショーを行い、その後日本に行くようです。(千歳、三沢、浜松・・・ブルーインパルスとの競演もあるのかしら??)
詳しいスケジュールは公式サイトをどうぞ。(別窓で開きます)
ほとんど毎週どこかでショーをやっているようです。
タフだな。。。さすが、トップガン。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

うちではたまにピザを作ります。
正確に言えば、ジェフが生地から作る。
自分で作ると生地の厚さやトッピングも自由自在なのがよろしい。
先日は、シンプルに焼きあがったピザの上に、後からスモークサーモンをのせました。

スモークサーモンと言えば、ケッパー(ケイパー)の実の塩漬け(↑水色の丸囲み)が欠かせませんが、今回はこのハーブ(↑青の丸囲み)も起用。


            ★ディル :Dill ★
これがなかなかイケます。
右は育ちすぎて花がでてきてますが、その様子からするとウイキョウ(=フェンネル)と同じか近いファミリーのようであります。
ちなみに、『dill』とはスラングで『間抜け、アホ』という意味もあります♪
話を戻しますと・・・
ディルは飾りにもかなり使えまして、パーティなどではこんなものを作ったりもします。

手まり寿司。サーモンの下にクリームチーズがかくれてます。
見た目もよろしく、なおかつ風味がグンと増しておいしい。
これは大人の味。みなさんも是非お試しアレ。

・・・  ← ポチッとお願いします♪

先週末はジェフの『サッカー・カーニバル』観戦。
昨年は丁重にお断りしたものの、今年はかなわず(笑) ┐(´ー`)┌

『サッカー・カーニバル』とは、その年のチャンピオンを決める決勝トーナメント。
オーストラリアでは様々なスポーツのクラブチームがあり、その多くのシーズンは3月〜9月。先週末はほとんどのスポーツで決勝トーナメントがあったようです。
さて、このおじさん達のチームですが、一応クラブチームです。
チームの規定はつぎのとおり。
・30歳未満のプレーヤー参加不可
・30〜35才のプレイヤーは2名まで
(残りは全員35歳以上)
・試合時間 全後半25分ずつ、ハーフタイム10分
決勝トーナメント参加は4チームですが、今回は1チームがキャンセルしたため、穴埋めとして、女子チームが参加。
プレミアリーグやユースのマジなレベルではこんなことはあり得ないでしょうが、ま、そこはおじさん達のマスターリーグなのでね(笑)

この女子チーム、結構若かったらしく、某高校でホストファミリーをやてくれた生徒もいたらしい。
負けられないし、かといってハードコンタクトはできないし、やりにくかった模様。


マスターズのサッカーとはいえ、ほとんどの人が昔はまじめにサッカーをやっていたようなので、試合も結構マジです。
試合中の頭の中は若い頃の全盛期のまま、が、しかし、手足がついていかないので、みなさんよく転ぶとか!(ぷぷぷ・・・)
試合時間が短いとはいえ、ジェフの所属チームは合計4試合やりました。
どうも、おつかれさん。
ちなみに、ジェフが所属するチームの最年長者は50歳を越えてます。
私といえば、マペットを道連れにし、同じく犬を連れてきた友人&日本から訪問中の彼女のお母様と楽しくおしゃべりをしてすごさせていただきました♪
(試合もちゃんと見てました)
体がついていけるのであれば、来年もがんばっていただきたい♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

18(金)の報道によれば、オーストラリアでは9月30日から新型インフルエンザの予防接種を開始するとか。
国内のメーカーが5月から研究やトライアルを開始し、政府は2100万投与分を購入済みで、さらにせっせと製造中。
今週中に確定のようですが、予定としては、大人が9月30日から、10歳以上の子どもが10月16日から開始し9歳未満の子どもへの接種はさらなるデータ収集中で待ちだそうです。
まだ国民全員の数はないので、日本のように優先グループを決定。
・現場の医療従事者
・心臓病、肺疾患、癌、HIVなど慢性疾患をもっている人
・妊婦さん
・0−6ケ月の子どもをもつ保護者
・BMI(肥満度指数)35以上の肥満の人
・原住民や遠隔地の原住民コミュニティーに住んでいる人
最後の2つはオーストラリアらしいですね。
原住民の人がはいるのは、生活習慣など諸事情が複雑に絡んでいるものと思われますが、もしかしたら免疫システムが他の人種と少し違うのかも。(←真意は定かでありません)
豚インフルエンザのニュースはほとんど聞かなくなり、落ち着いている様子。
夏に向かうこともあり、どれだけの人が急いで受けるのか不明ですが、冬になる前にもっと出回ってくれれば安心です。
ちなみに地元紙によれば無料らしい。
それにしても、オーストラリアの政治を毎日追っているわけではないですが、個人的な感触として、政府の決定や動きは日本政府よりも全然スピードが早い気がします。
1つのことを決めるのにいろいろな団体から横槍がはいるでしょうに、それに揺るがないものを持っているのか??

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、あるオージーからこんなジャンクメールが送られてきました。
タイトル:    Western and Asian approach towards life
欧米人とアジア人の違いです。くくりが大きいので、国により・人により当てはまらないものももちろんありますが、まあ、ポイントをついているなというのもあり。
みなさんはどう思うでしょうか?
Blue →  Westerners
Red →  Asians

(1) Opinion

Westers : Talk to the point
Asians : Talk around circle, especially if opinions are diffrent
最近の日本のビジネスパーソンは変わってきたかもしれませんが、確かにポイントが良くわからない人もまだいますね。

(2) Anger

Westerns : show that I am angry.
Asians : I am angry, but still smiling….(Beware!)
ああ、これはいいとこついてますね。

(3) Sundays on the road

Westerners :  Enjoy weekend relaxing peacefully.
Asians : enjoy weekend in crowded places, like going to the mall.

これは、日曜日を安息日とするキリスト教の教えが影響してるのではないでしょうか。
日曜日にお店が開いてたり、イベントがあれば、そりゃ欧米人も外にでるでしょう。

 (4) The Child

Westerners : The kid is going to be independent and make his/her own living.
Asians : Slog whole life for the kids, the centre of your life.
アジアは確かにこの傾向はあるかも。。。

(5) Elderly in day-to day- life

Westerners : when old, there is snoopy for companinship.
Asians :when old, guarantee will not be lonely, as long as willing to babysit grandkids.
なるほどね。オーストラリアのおじいちゃん・おばあちゃんも子守はしますが、同居は少ないですからね。
一昔前は『子どもと同居する』のがしかるべきという時代もあったそうですが、お互いに疲れることがあるので、『そこまでしてする必要ないじゃない?』ということで同居しない傾向になったそうです。
さすが、伝統にしばられないオーストラリア。

(6) The Boss

Westerners : the boss is part of the team.
Asians : The boss is a fierce god.
ああ、これもある意味うなずけるかも。
日本で『マネージャー(課長)』に昇進するのは大変なことのように思いますが、オーストラリアでは同じマネージャーでも『チームリーダー』程度のような気がしないでもない。。。

(7) in the restaurant

Westerners : talk softly and gently in the restaurant.
Asians : Talk and laugh loudly like they own the restaurant.

これはどうでしょうね。お酒の入り具合と、言語の聞こえ具合によるのでは。
中国人や韓国人はよく大声で話してるといいますが、大人数で食事を楽しむのもその原因のひとつか??

ここにアラブ人がはいるとどうなるだろうか。。。


・・・・ ←ポチッとお願いします♪

ただいま、愛車修理中。
たいした問題ではない(と思う)のですが、エンジンをふかしてある一定のところにくると微妙にカラカラと音がする。
ちなみにちょびっと英語の話ですが、体の病状も車の不具合も英語で言うのは何かと難しいものですが、今回の場合次のような表現を使いました。
The engine rattles. 

話を戻しまして、定期検査の時に見てもらったところ、ちょっと時間がかかりそうだとのこと。
車がないと困るので、『代車をちょうだい』と言ったところ、こんな車を貸してくれました。

両サイドにマツダのでっかい宣伝。
まさにマツダのまわし者。
そして、バックにはディーラーのでっかい宣伝。
ちなみに私の車はスバルです。
ディーラーがスバルとマツダを扱ってるからですが、『オートマ貸して』とリクエストしたら『今、これしかない』と言われました。
なんか、こっぱずかしい気がしないでもありません。
もう1週間もこれに乗ってます。早く治して〜。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

4月&5月のブログ記事でご紹介したベトナム旅行。
4月26日のアンザックディ(戦没者記念日)にむけて、ベトナム戦争に行った義父とその仲間達のツアーに途中から参加しました。
記事はコチラ

ジェフの妹夫婦はアップル(MAC)ユーザーなのですが、ジェフの妹がそのツアーの思い出をつづった『coffee table book』としてハードカバーの写真集を作成。
coffee table booksとは、ソファーがおいてあるみんなで話すような場所にあるコーヒーテーブルの下段などにおいておく写真集などで、こちらではよくそういうものを置いている家庭を見ます。
たいてい自分の趣味やお気に入りのものなので、お茶をしながら眺めたり、お客様とは会話のきっかけになったりもします。
私はマックユーザーではないのでよくわかりませんが、自分でレイアウトを決めてそれをアップルに送ると製本してくれるらしい。
先日完成品が届きました。

         

かなりちゃんとしてますが、値段としては1冊30ドルくらい。
ボリュームによるのでしょうが、メチャクチャ高いわけではない。

たとえば、親子留学などでたくさん写真をとった方、こういう写真集を作ってはいかがでしょう。
パソコンに保存しておいたり、アルバムを作るのもよいですが、世界に1つだけのちょっとした手作りプレゼントにもなりますね♪
こういうのはマックの方が強いなあ〜。

・・・   ←ポチッとお願いします♪

先日の地元紙に『most common surnames in Townsville』なるものが載っていました。
電話帳からの集計ですが、トップ10をご紹介。
1.Smith
2. Jones
3. Williams
4. Brown
5. Wilson
6. Anderson
7. Johnson
8. Taylor
9. Martin
10. Thompson と White
ほお、やはりスミスさんが1位ですか。オーストラリア全土でも1位。
スミスさんは米国でも1位ではなかったでしょうか?
スミスとは、昔ヨーロッパで金属にかかわる職業をしていた人に敬意を表して与えられた名字と言われているそうです。
ちなみにオーストラリア全土の集計では、LEEさんが9位にはいるそうですが、タウンズビルではトップ10外。アングロサクソン系がやはり多いようです。
。。。
グループが来るとホストファミリーリストなどを作成しますが、ざっと見ると、このトップ10以外にもいろいろな名字があって、なんじゃこりゃ?という読めないものもあります。
さすが、移民の国。
少し話はそれますが、以前お会いした方で、Kerry Kellyさんという方がいました。
結婚したらそうなってしまったそうです。
日本人にとっては発音テストのようなお名前(笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪