日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

家の子犬のその後ですが、名前は仮称であったMuppet(マペット)が、まさしくマペットのようにおもしろい動きをするので、そのまま定着し、正式な名前になりました。
マペットとは、セサミストリートなどででてくる操るぬいぐるみのことです。
イギリス英語系では、『ばかちん』的なスラングでもありますが、まあ、それもご愛嬌。
我が家にきて早4週間になりますが、すでに2倍の大きさになりました。
話には聞いてましたが、子犬の成長とは早いものです。
ところで、マペットはスクービーが大好き。

大好きゆえ、どこでもついていく。
が、しかし、スクービーはうっとうしいので逃げる。
そんなこんなで庭も階段も怖がらずに走り回ります。
やはり犬から学ぶことが多いよう。
で、スクービーも『訪問者ではない』ということを理解しはじめ、あきらめ気分。

顔を嘗め回されたり、寝てるところをかまわず飛び掛られたりしてますが、まあ、慣れてきたようで、マペットの顔を舐め返すようになりました。
といっても、舐めながらうなってます(笑)
行き過ぎるとたまに噛んで怒ったりして。
いやいや、スクービー様様。
ところで、この犬は外犬になりますが、ある程度の大きさになるまで室内で飼ってます。
うちに来た当時の大きさでは、庭に放しっぱなしにすると、カイトかシーイーグルにさらわれて食べられる可能性もありました。
何回か狙われてましたし。
好奇心いっぱいで、すべてをおもちゃと思っているマペット。
さて、夏に向けて『ヘビ』をどう教えるかが課題であります。。。。

・・・ ←ポチッとお願いします。

前回ご紹介した姪っ子リリーの誕生日パーティですが、今回のバースディケーキは、大きなホールではなく、カップケーキ

テーマが『日本』ですから♪
『寿司ケーキで』というリクエストをしたそうな。
製作者にとってはかなりのチャレンジだったらしいですよ(笑)
最近、デコレーションがこっているカップケーキが流行っているとか。
某雑誌によれば、アメリカのドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で主人公のキャリーがほおばっていたかわいいピンク色のカップケーキに注目が集まり流行だしたらしい。
ジェフの妹の知人でこのビジネスをはじめた人がいまして、今回は彼女に頼みました。他にもこんな感じの作品があります↓
Happy Cakes (別窓で開きます)
どうです、なかなか素敵でしょ。
こういったかわいいカップケーキを作る人やお店が各都市で増えているのかもしれません。
たまには見た目にかわいいケーキもいいかも。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、姪っ子リリーが10歳の誕生日パーティを行いました。
家族でのお祝いは別にやるので、普通は友達を招く子どものパーティには参加しません。
ですが、今回は応援を頼まれました。なぜならば、テーマが
『Japanese』

だから。
うれしいじゃないの。ということでちょっとがんばっちゃいました。
私の担当はお寿司作りと浴衣を着てパーティ進行のお手伝い。
さて、こちらの子どもの誕生日パーティというと、話を聞くところでは・・・
・小学生前は親も参加(自分の子どもは自分で面倒をみるということでしょう)
・小学生になると子どもだけ参加。親が開始時間にドロップオフし、終了時間にピックアップ
・だいたい2時間
・だいたいの流れ: 
アクティビティ → 食べる → アクティビティ → バースディケーキ&プレゼント
今回はテーマが『日本』なのでこんなことをやりました。

               ★折り紙★
私とジェフの妹ともに知っている日本人の友人にも応援を依頼。
きれいなものをたくさん作ってくれました。感謝・感謝♪

               ★カラオケ★
そうよね、やっぱり。
どこかのカラオケソフトを使用。
今流行のハナ・モンタナなどいろいろ入っていて大盛り上がり。


              ★ヌードルレース★
普通サイズの箸を使って麺を運ぶリレーと・・・

当日ジェフ作の超拡大版箸のレース。
ジェフとジェフのお父さんまで仕切りにはいって、こちらも大盛り上がり。
それにしても女の子が10人も集まるとやはりすごいですな。
この日は土曜日の午後遅めのパーティだったこともあり、5人が泊まっていきました。
大興奮+大盛り上がりで室内は大音量。大人は外で夕食を食べ、われらは退散(笑)
それにしてもお父さん+お母さんの努力は大きいですね。
みんな楽しんでくれたようでよかったです。。。ほっ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

突然ですが、これは何でしょう?


商品名 : mosquito-hitting swatter
fly swatterというと「ハエたたき」です。
ラケットのところに虫があたると電流がながれて感電します。つまり、虫退治器。
商品名には『蚊』とありますが、虫ならなんでもOKであります。
これをはじめて見つけたのは4月に行ったベトナム。
チャーターしたバスの運転手助手がこれと同じものをもっていて、時々振り回してたんですよ。
最初は素振りか遊んでいるのかと思いましたが、よくみたらハエを退治してました。
。。。
ハエも蚊も多いオーストラリア。
なかなか重宝してます♪

・・・  ←ポチッとお願いします♪

アメリカにお住まいのうろこさんが管理されている使える英会話力練習の素材&アイディアいっぱいのブログ
『オンラインで楽しく英会話上達☆オンタノ英会話』

非常にわかりやすい説明&ジョークも冴えている♪
オンライン上でこれだけ無料で使える教材があるものなのかと毎回驚かされます。
さて、そのうろこさんが『英語100時間チャレンジ』コミュニティを企画
勉強し続けることが大事な語学。
これをコツコツと続けると同時に、仲間を作って情報交換・励ましあいながら楽しく勉強しましょうというもの。
一刻も早く上達した方、伸び悩んでいる方などなど、是非ご覧&トライしてみてください。
。。。
英語圏の国に住めば自然と英語ができるようになる・・・というのは幼稚園生か小学校低学年までの話で、それ以上の年齢になるとほぼ不可能と思っていいでしょう。
友達との会話だけから吸収するだけで満足してしまうと、『社会で使えるきちんとした英語』にはほど遠い上、上達が遅いことが多いと思います。
特に長期留学をする場合、一番避けなければならないものの1つは、
日本語も中途半端、英語も中途半端。

くだけた英語ときちんとした英語の両方、さらにきちんとした日本語があってこそ、優秀な人材となりえるのではないでしょうか。(自分にも言ってますが・笑)
ですので、うろこさんの企画は留学予定のある人にも、留学中の人で英語力に自信がない方にもお勧めです。
。。。
日本語も英語も中途半端・・・で思い出しました。
昔の話ですが、こちらの某大学で日本語授業のお手伝いをしていたことがあります。
日本語授業は日本語を母語としない人が外国語として習うほかに、将来オーストラリアで日本語を教えたい日本人学生が、教授法を見るために履修することがあります。
こういった日本人学生も他の学生同様、課題はすべてやります。
ネイティブですから普通、成績はA+ですよ、もちろん。
仕事のひとつとして課題の添削をしていたんですが、ある日、ある日本人学生のエッセイを読んで唖然としたことがあります。
・文章構成がおかしい+小学校高学年か良くて中学生レベル。
・「忙しい」を「急がしい」と書く
会ったことない学生だったので、もしかしてオージー?と思い、教授に確認したところ、やはり日本人。
中学生からオーストラリアで留学を始めたものの、あまり勉強しなかったらしく、結局英語もイマイチ。そして日本語もその後成長なし。
オーストラリアで教職をとって日本語の先生になる希望だったらしいですが、正直言って、そんな先生に教わる生徒は不幸だなと思いました。
・・・彼のその後は知りません。。。

ま、それはさておき、このような状況にならないためにも毎回言ってますが、基礎である文法や構文は大事。それをおさえて、生きた英語・使える英語を覚えていく。
根気のいる地味〜な勉強。
たまには辛いこともあるでしょう。
がしかし、そこはひとつ、オンタノ企画に参加してステップをひとつずつ駆け上がってください〜♪

・・・  ←ポチッとお願いします♪

少し前から見かけてはいたのですが、どうしようかなあ〜と思っていたアレ
が、しかし、季節モノですから、やはり買ってみました。

                ★生栗★
スーパーによっては秋・冬に野菜売り場でひっそりと売られてます。
これを進んで買って調理するのはアジア人とヨーロッパ人か・・・?
こちらの野菜・果物はビニール袋に好きな量だけいれる量り売りが多く、そうすると表示がない。レジ係が種類を判別するわけですが、たいていレジ係りに聞かれます。
『何これ?デイツ?』

ちがいますがな。chesnut
『マロン』はフランス語なのでこれを言っても通じません♪
chesnutsと言えば、「ああ」という感じで理解しますが、やはり身近な食材ではないのでしょう。

。。。
ところで、オーストラリアでは先日終わったこんな番組が視聴率NO.1をずっと獲得しておりました。   
MasterChef Australia  (マスターシェフ・オーストラリア。別窓で開きます)
料理好きの素人さんが、プロ並みの料理を作って勝ち抜いていくリアリティ番組。
ほんと、おもしろい番組でした。ITコンサルタントとかマーケティングマネジャーとかそんな人たちが繊細な料理を作っていくわけですよ。
来年の番組用にすでにすごい人数の人が応募してるとか。
新聞によれば、このおかげで、いろいろな珍しい素材にトライしてみようという人があちこちで増えていて『栗ペースト』などもすごく売れだしたらしい。
7・8年くらい前は食べ物に関して保守的な人が多い印象をうけてましたが、最近は子ども達でもチャレンジャーが多くなったような気がします。
。。。
で、先日購入した栗はひとまず『栗リゾット』にしてみました。
栗ごはんも作りたいし、知人の方ご推薦の鶏・栗・しいたけの煮物もやってみたい。
日本にいたらできあいを買っていたと思いますが、便利すぎないと自分でやろうという気がおきるのでたまにはいいものです。
また買ってこよう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2009/07/18

山火事の季節

ここ数日、なんとなく焦げ臭かったんです。
ご近所で火燃やしでもしてるんだろうなと思っていましたが、焦げ臭い時間が長い。
そして、その夜、見つけました。

       ★ブッシュファイヤー★
山火事です。裏庭の川の対岸にある場所が赤赤と燃えてました。
冬の乾燥する時期はブッシュファイヤーの時期。
自然発火が多いのですが、木によってはこの火事があることで表皮が焼けて、次の新しい皮ができ成長を促すので、民家に近づかない限りは放っておきます。
もしくは、道路に近いところなどは、シティカウンシル(多分)が意図的に火をつけて、監視下の元燃やしてしまうこともあり。そうすれば、そこは来年まで燃えない。   

ちなみに、ある程度大きくなるまで室内で飼っている子犬のマペットに、だいたい夜中の2〜3時にトイレで起こされるのですが、この日はドアを空けたとたん、外に白い煙が充満してました。
風向きの加減でしょうが、近所が火事なのか?と思うくらい、ちょっとびっくり。
で、その晩、窓を閉め忘れたジェフの部屋は翌日、火事の匂い、つまり焚き火の匂いが充満。
1日中、焼き芋を焼いているような匂いの中にいるというのも、なんだか・・・やはり臭い。
ああ、それにしても朝晩寒い。ヒーターなしでの10℃以下はきついなあ。。。
太陽がでるまで我慢、我慢♪

・・・  ←ポチッとお願いします♪

その後のうちの新入り子犬ですが、2週間のうちに見る見るうちにでかくなっております。多分1キロは増えたでしょう。
ちなみに英語で、急成長するとか、急速に発展することを
growing like a mushroom (マッシュルームのようにでかくなる)
と言うんですけどね。to mushroomで動詞としても使えますが、まさにその通り(というか、マッシュルームの成長ってそんなに早いのか??)
で、名前が決まりました。Muppet (マペット)

マペットとはセサミストリートででてくるような手で動かす人形のこと。仮称で呼んでいたのですが、動きが合っているので定着してしまいました。
で、スクービーはどうしているかというと、非常に迷惑そうであります(笑)
マペットはスクービーが大好き。
が、しかし、スクービーはもうすぐ12歳。子犬の動きはうっとうしいわけです。
結構避けて通ります。

マペットはそれでもあきらめない。
子犬特有の「噛む」くせがでてきてまして、スクービーに近づいては耳を噛んだりしてますが、さすがにやりすぎると、ワン!と一喝。


怒られているところ。
Enough is enough! (いい加減にしろ!)といったところでしょう。
私たちが諭すより、スクービーの一喝の方が効くので、スクービー教育係任命。もっと嫌そう♪


この2頭、血筋は遠いはずですが、お尻には似たような黒い模様。

マペットは今日もスクービーを追いかける!
。。。
ジェフの妹のところにいる子犬(4ケ月)とはやはり遊びのレベルが合うらしく、2頭で楽しそうに遊んでます。

遊び疲れるとベッドもシェア。
マペットはスクービーのベッドにも忍び込みますが、スクービーはマペットを追い出す、または自分が出ていく始末。
スクービーよ、まあ、そんなにイケズにならず、仲良くしておくれ〜!
子犬とすごすのも面白いものです。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ジェフの一時帰国中の両親と妹家族がミッションビーチに数日行くというので、ちょっくら私たちも訪ねてみました。
ミッションビーチ(Mission Beach)とは、タウンズビルから北へ約3.5時間、ケアンズからだと南に1時間ちょっと。
規模は小さいですが、ちょっとしたリゾートビーチです。
野生のカソワリ(ヒクイドリ)がいる場所でも有名。


こんな砂浜が広がります。
向こう見えるのはDunk Island。ここにあるリゾートもなかなかの場所で、ケアンズから飛行機で行くか、ここミッションビーチからシータクシー(船)で行けます。
こじんまりして、騒がしすぎない素敵なビーチ。


子ども達は1日中ビーチで遊び、朝夕は散歩する人、夕方はサッカーをするグループなども。
何しろ広いので思いっきりボール遊びをしてもOK.
おかげさまで翌日筋肉痛。
こういうところはホテルもいいですが、ビーチまで歩いて1分もかからないビーチハウスもオススメ。
特に大人数の場合は融通が利きます。

今回ジェフの両親&妹ファミリーが泊まったビーチハウス。
すご〜く広いキッチン。
定員6人のコンドミニアムには、たいてい6+アルファの数の食器しかないような感じですが、ここは様々なグラス、皿、カトラリーが20組以上、キッチンで考えられるあらゆるものがすべてそろってアッパレでした。
まるで、『どんどんパーティして♪』と言っているような感じ(笑)

古いクィーンズランダースタイルの家を改築し、リフトアップしたようで部屋など住居部分2階でプールも完備。

目の前はビーチ。
大人にも子どもにも最高の家。こんな家に住んでみたい〜。


うちの新入りも同行。
初めてのビーチですが、風があって、ちょっと寒かったらしい。
海はあまり喜んでおらず、早々に海から離れて日光浴をしておりました。
ミッションビーチ、ゆったりすごしたい人には最高にオススメのビーチです♪

・・・ ←ポチッとお願いします。

前回ご紹介した2人用テント4泊$540に宿泊してまでも見に行きたいというファンが多いV8 supercarsレース。
ジェフがモータースポーツ好きであり、待ってましたとばかりの地元開催なので、個人的にはあまり興味はなかったものの行ってみました。
こんな車です。


動画も載せてみました。
スタートはこんな感じ ↓

スピードがあがるとこんな感じ↓

いやあ、すごいスピードです。
ギアチェンジするときの爆発音もなかなかの迫力。
タウンズビルのコースは市内の道路を一部使っていて短いこともあり、平均スピードは時速180キロくらいだそうですが、十分早いです。
距離が長くて丘の中を走りぬける有名なバザーストでは時速230-240キロになるとか。
普段自分が走っている道路がレースコースになるのも不思議な感じ。
やはり間近で本物を見るのは面白いですね。
ついでにルールやドライバーを知るともっと面白い。
金曜日から日曜日までの3日間のイベントですが、土曜日の時点ですでに11万人が来場。この3日間の経済効果は1000万ドルを超えるとか。
昼間は結構暑いですが、休める木陰と芝生もあるし、子供用の遊び場、コンサート会場もあり。
観覧席から見るも良し、コース際から見るも良し。
結構面白かったので、来年も行ってみようかなと思います。
ジェットスターやカンタスに乗るともらえる耳栓持って♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪