日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

うちの庭先には野鳥にえさをやる器があります。
たまに、鳥のえさをスーパーから買ってきて、思いついたときに器にえさをおいておくという極めてテキトーな趣味であります。
来るのは小鳩が多いですが、まれにセキセイインコがくることもあり。
黄色と青のインコを見るとなんか得した気分になります。
が、しかし、たまに鳥以外のヤツが夜のうちにこっそりやってきて食べることもあり。


              

                ★ポッサム★
このポッサムはおなかに赤ちゃんがいるようでありました。
実はポッサムが来たのはちょっと久しぶり。
なぜかと言えば、隣の犬が捕まえて殺してしまうのですよ。
うちの犬はそんなことしませんが、ポッサムを捕まえる犬は結構いるようであります。
犬的には遊びのつもりでしょうが、かわいそうだなあ。
ほっといておあげ。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日6月29日は世の中的は通常の月曜日ですが、タウンズビルは休日です。
なぜかと言えば、
『Show Day』

1年に1回、この時期に移動式遊園地が北上してきます。
フライングカーペットとか結構激しいものから、赤ちゃん動物園などがあります。
子ども達にとってはshow bagという、おもちゃやアクセサリーが詰まっている福袋のようなものが楽しみらしい。
通常金曜日から月曜日までの4日間開催。このうち月曜日が休日。
このまま北上して、ケアンズあたりは来週から再来週でしょう。
1つの市だけ休日・・・というと、ビジネスやお店は通常通りにも思えますが、たしか銀行も休みです。学校は冬休み中。
本日友人宅でランチに誘われておりますが、フルタイムの仕事をしていて平日では会えない人も来るので、やはり仕事も休みであります♪
このフレキシブルさがいいです、オーストラリア。
ちなみに『Show Dayに行くとインフルエンザになる』というのが、もっぱらのジンクス?らしく、要は人ごみの中に行くからですが、日本の都会を知っているものにとっては『これくらいじゃ、人込みとは言わんよ』といった感じで、風邪もひきそうにありません。
が、今年は豚インフルエンザもあるからか、今のところ例年の入場者数より10%ダウンらしい。
手洗い・うがいはしっかりしましょう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日姪っ子達が泊まりにきた時のこと。
みんなで夕食にきて、姪っ子達だけが家に帰らず残るというのがいつものパターンであります。
夕食後、デザートを食べながら大人チームはおしゃべりをしていたところ、真ん中の姪っ子がなにやら真剣にデザートの空き箱をいじっておりました。
で、こんなものを作りました。

ジェット噴射器?ターボ?
これをつけると早く走る、もしくは飛べるというヤツです。
イカみたいですが、ちゃんと腕に通す部分も作ってあったりして、よく考えてます。
プレップや学校でこういう空き箱を使った工作をするんでしょうが、似たようなことを私も小さい頃やりましたね〜(遠い目)
そういえば、昔NHKか教育テレビの子供向け番組で、こういう工作コーナーがあったと思うのですが、よく牛乳パックを使ってませんでしたか?
今もやってるのかしら。
テレビでそれをやる人って、すごく器用に上手にやるじゃないですか。
自分で作ってみたい!・・・というよりも、あの器用さを見る方が好きでした。
妙に見とれていた記憶があります。
巧みの素質なし(笑)
小さいころから自分の得意・不得意をわりと冷静に理解していたような気がします。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

オーストラリアには『メディケア』という国民健康保険があります。

治療内容により政府からカバーされる範囲が決まっていて、無料のものもあれば差額を払うものもありますが、クリニックでの支払いは次のうちいずれかの方法になります。
1.とりあえず全額支払って、その後メディケアオフィスに行ってカバーされている金額を払い戻してもらう。
2.差額があればそれだけ支払う
どちらにするかはそのクリニックによるようで選べるわけではなさそうな。
で、いつも診てもらっているドクターがいるクリニックは1番の方。
となると、診療をうけた後日、そのオフィスにわざわざ行かねばならないわけです。
割と丈夫な我が家は医者に行くことは滅多にないので、まあいいかと言えばいいんですが、先日メディケアからこんなお知らせが。。。
『あなたの銀行口座に振り込むこともできるわよ』

いいじゃないの。これは簡単♪
で、ネット上で手続きをしたのですが、レベルの高い個人情報だけにアクセスをきつく設定していることから、こんな指令がでました。
『あなたにしかわからない質問と答えを5つ作りなさい』

・他の人にすぐわかるような答えはダメ
・他の人に予想されそうな質問もダメ

ログインしたときにパスワードのほかにもランダムに2問でてきて正解をださないとアクセスできないというもの。
例文としては、『あなたのお母さんの旧姓は?』
これはよくある例。
誕生日は?とか、好きな色は?とかはダメってことですよ。
この手の質問は銀行のネットバンキングでも作るのですが、だいたい2つですよ。
5つって結構きついですよ。
ワタクシ、10分考えて挫折。
まじめに取り組みすぎたかしら。。。

さて、みなさんならどうする?

・・・ ←ポチッとお願いします。

そういえば、6月22日前後は夏至だったと思いますが、今年はいつだったのでしょう?
昔から寒くて日が短い冬が嫌いな私としては、夏至を頼りに冬を乗り切ったものでございます。逆に夏至を過ぎると『ああ、また日が短くなるのか・・・』と落胆したりして。
が、ただいま南半球にいますので、こちらは冬至。
今が一番日が短く寒い。(あ、昨日たまたまかぼちゃを食べた♪)
・・・とはいえ、緯度が高いので夏と冬の日照時間がさほど変わらない(だからサマータイムがない)のと、冬といってもたいした寒さではありませんが、とはいえ朝晩冷えます。
そんな時にはやはりお風呂が恋しい。
しかも、ザブ〜ンってやつをやりたい。
が、しかしできなんですよ、うち。
なぜかというと、↓ ザブ〜ンとやっても排水溝がある・・・と思いきや・・・

コレはコンクリートでふさがれております。
それに、この辺の家は床に段差がないことが多いので、ザブ〜ンとやるとカーペットのある部屋までお湯が行ってしまう可能性が!
逆に言うと車椅子には非常にフレンドリーであります。


ということで控えめにお湯をはり、日本から送ってもらった温泉の元を入れる。
これがいいんだな。体の芯までポカポカ。ああ、極楽。
たまに姪っ子達が夕食やお泊りに来るとシャワーかお風呂にはいっていくのですが、温泉の元をいれてあげたら大喜び。・・・色がね
で、姪っ子達は色で選ぶので、まずピンクがなくなる。
まあ、いんですよ、私のお気に入りの筆頭は『ヒノキ』ですから。
ヒノキはたいてい白だったりするので姪っ子達にはうけない。

色は関係ありません。
でも念のため『ヒノキの香り』は隠してあります(笑)

・・・  ←ポチッとお願いします♪

本日は環境問題に微力ながら取り組むお誘いのお話です。英単語の勉強もかねてどうぞ。
先日、電力会社からこんなお手紙がきました。

A step-by-step guide to CLEAN ENERGY for your home

電力源を温室効果ガスが出ないものに切り替えて、二酸化炭素排出量を削減し、地球を温暖化を防ごうというプログラムです。
なぜ、『足跡』のデザインなのかと言えば、
足跡=footprint ですが、頭にcarbonがつくと・・・
carbon footprint = 二酸化炭素排出量

だからでしょう。 
通常の電力はfossil fuels(化石燃料)から作られていますが、このプログラムに参加すると、電力会社がrenewable energy sorces(再生可能なエネルギー源)、つまり、wind(風力)、hydro(水力)、biomass(バイオマス)から提供される電力を仕入れると同時に、この産業部門の発展にも貢献すると言うもの。
これに参加すると電気代が少し上がるのですが、コースが5つあり好きなものを選べます。
一番お手ごろなコースは3ケ月でプラス$12。(こちらは3ケ月ごとの請求)
これは、クィーンズランド州の地方の一般家庭において使用される1年間の平均電力量の10%を再生可能なエネルギー源に切り替えるという設定。
他に25%、50%、75%、100%とコースがありますが、100%でもプラス$120。
すごいの値上がりでもないので、我が家も参加予定。
さて、どれにしようかしら。。。
・・・ところで、タウンズビルは1年間のうち300日が晴天と言われております。
なので、ソーラーシステムを導入したら電気代がすごく浮きそうなのですが、導入を検討した知人曰く、まだ設備と設置そのものが高くて止めたとか。
これもこのプロジェクトの一部の資金が業界に回って安くできる研究などしてくれるのかしら・・・。安くなったら買いたい♪

・・・ ←ポチッとお願いします。

ただいま冬のオーストラリア。
南部のビクトリア州を中心に新型インフルエンザがはやっているわけですが、それをうけてオーストラリア国内ではこのような措置がでております。
1.日本、アメリカ、パナマ、チリなどの感染者が多い国からの帰国者および訪問者はオーストラリア到着後7日間は学校に行ってはいけない。
2.学校内で一人でも感染者がでた場合は、7日間学校封鎖
が、しかし、昨日これらが6月26日で解除。
ということで、また短期留学や語学研修が遂行できます。
オーストラリアでは感染者数は2000を超えていますが、これらの措置は強毒性の感染症の場合のもので、蓋を開けてみたら、それほど重くもないし、すぐに回復する人も多いので事実上『季節性インフルエンザと同じ扱い』になったそうです。
現状を踏まえてこのような扱いにしたそうです。
かかったら、薬を飲んで普通に治せちゅーことですね。
個人的には必要以上のパニックを引き起こさず妥当な動きだと思います。
というか、すでにパニックでしたけども。
がですね、措置が変わるかなあ〜と思った兆候がありました。
それは先週の金曜日。
『ブロンコス』というブリズベンのラグビーチームがあるんですが、この中のトッププレーヤーがですね、新型インフルエンザ陽性でタミフルを飲んでたんですが、試合の前日か前々日に『試合に参加して良し』というお達しが行政からでたのですよ。
この判断に『ふ〜ん』と思った人も結構いたはず。
ちなみにこの選手、カーマイケル・ハントと言いますが、日本のサントリーから1万ドル以上の契約でお誘いがかかっているそうです。
日本に行くのかな〜。
そうそう、観客の中に豚の鼻がついてるマスクをしている人がいたのですが、どこで買えるのだろうか。。。結構かわいいマスクでした♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

以前の記事で紹介しましたが、4月にベトナムに行きました。
ジェフの父親は元軍人でベトナム戦争に行っており、同窓会兼アンザックディの追悼式参加ツアーに、我らも途中参加したわけです。
ツアーご一行様は我らが合流する2週間くらい前から、北部のハノイからツアーを開始してまして、いろいろと回っていました。
その中で、大理石の置物を制作&販売をしている場所に寄ったらしい。
そして、ジェフの母親が、1対のベトナムの狛犬をお買い上げ。
『大理石の犬を買ったのよ〜。船賃込みですごく安かったの〜♪』
とうれしそうに話してました。
彼女はこういうのが好きでありまして、中東でもカーペットに目がありません♪
話を聞きつつ、昔国際輸送の会社に務めていたことがあり、船賃+その他コストに察しがつくのですが、それを考えても確かに格安っぽい。で、どんなお犬様がくるのだろうと楽しみにしたところ、ご到着。


真っ白な大理石(すごく重い・・)で美しい。サイズもちょうどいい感じ。確かにこれは『買い』だと思います。
ベトナムの狛犬は、一匹は足元に『世界=地球』をおき、もう一匹は『子犬』をおいているだそうです。


↑ こちらには子犬が。
でね、この台座に注目!
・・・
・・・
・・・


なんと名字が書かれている!
しかも黒マジックって。。。
あまりの突拍子のなさに笑えてしまったのですが、笑ってはいけない。
どーすんだ、これ。
裏に書け・・・つーか、お買い上げした人の名前を商品に書くなっちゅー話ですな。
そろそろ、ジェフの両親がホリディでやってくるのですが、このお犬様との対面を楽しみにしており、どういう反応をしますやら。。。
まあ、手先が器用なお義父さんが、なんとかしろと言われて、なんとかするであろう(笑)。

・・・ → ポチッとお願いします♪

昨日の夜のことですが、スクービーがなにやら発見。

まあ、こんな感じで固まっている場合、みつけたものといえば、アレとアレのどちらか。
今回は・・・


        ★ハリモグラ:echidna★
怖がって丸まっていますが、同時に腐った木の切り株の中にいる蟻を食べております。
スクービーはハリモグラと亀は距離で離れていても匂いでみつけます。その代わりヘビはどんなに近くてもわからないらしい。

ハンティングドッグの血が騒ぐのか、普段落ち着きのない彼が狙いを定めて微動だにせず観察。


ハリモグラが移動すると、スクービーも移動。
噛み付いているのではなく、匂いをかいでます。
スクービーは普通歩く時は爪の音がカチカチするのですが、ハンティングモードの時は爪を床につけずに音を立てずに歩きます。まさに本能。


移動先も先回りをしてじっと観察。
全部電気を消すと、そのうち飽きて自分のねぐらに戻ります。
何か好奇心をそそられるらしい。
猫のようにピューと逃げれば追いかけるのかもしれません。
スクービーは猫を追いかけるのが大好きであります。
。。。
ところで、かなり先のツアーですが、参加生徒のリストが届きました。
ホームステイが含まれる場合、概要的なリストではアレルギー情報などが載っているのですが、『動物がダメ』というのが、アレルギーがあるのか、好き嫌いの問題なのか明確にしてもらっています。
なぜかというと、オーストラリアでは動物を飼っている家庭が多く、特にタウンズビルでは動物を飼っていない家庭は少ない。
ということで、アレルギーのある子に焦点をあてて、好き嫌いに関しては我慢してもらうわけですが、案外、犬とか猫が『嫌い』という子もいるのですね。
小さいときに嫌な思いをしたり、いろいろとあるのでしょうが、動物loverとしてはちょっぴり寂しいですね。
犬も猫もいっしょにいると結構発見があって楽しいんですよ〜。
もし、今までは嫌いであってもこちらに来て『あ、そうでもないじゃん』と思ってもらえればうれしいと思います。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2009/06/15

犬のエキスポ

昨日、近所で行われた『dog expo』に行ってきました。
ドックショーではなく、いろいろな犬種のブリーダーが犬を連れてくるとあっては、そりゃ、犬好きにはたまりません。
会場に来る人も犬を連れてきてOKだったので、結構いろいろな犬が見れました。
他にもレースを引退したグレーハウンドの里親を探す団体、セラピー件の団体、ガイドドック団体、アシスタントドッグ団体のPRなどもありました。
あとはアジリティなんかも。

いやあ、賢い犬達です。うちのスクービーには到底できません。
と・と・ところで、イングリッシュ・コッカー・スパニュエルのブリ-ダーを発見!!


この犬種の部リーダーはタウンズビルには今はいないと思っていたのですが、いました♪
ジェフはうれしくてしかたがない。
次の子犬はいつ生まれるの?としっかり聞いてました。年末までないそうですが。
ブリズベン周辺にブリーダーが多いので、ネットで検索して注文し、飛行機でやってくる子犬も多いのです。
。。。
さて、知り合いもPRで参加しておりました。
『Assistance Dogs NQ Association』 

他の犬が嫌いな社交性に乏しいスクービーが大好きなカイザー君。


ジェフの妹のところにいるポコ。
ミニチュアダックスフントで1歳未満ですが、障害がある姪っ子のアシスタントドック。
まだ訓練中ですが、アシスタントドックとして認定されており、誰のアシスタントをするのかという該当者と犬の両方の写真が載っている証明証をもっています。
これをもっていると公共の場所どこにでも行くことができます。
で、この前はタウンズビルからブリズベンまでの飛行機、もちろん人がいるエリアに同乗したらしい。
こんな小さいソーセージドッグでもアシスタントができるのかと、興味津々の人たちや子どもに囲まれてました。
この前スーパーに連れて行ったら、見ず知らずの30人くらいから質問攻めにあったとか(笑)
ポコよ、大いに使命を全うしなさい。

・・・ ←ポチッとお願いします♪