日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け
2009/03/28

庭師、再び。

最近、ジェフが知人に依頼をされて庭を造りました。

自分でデザインをしてOKをもらったら材料を買いに行ってそのとおりに作ります。
デザインと言っても手描きです。
写真では茶色ばかりですが、そのうち草と木が育ちます。
庭を1から造ったのは久しぶり。こういうのはどうも苦にならないようで、楽しそうにやってました。仕事もそれくらいやってくれるとうれしいなあ〜(悲)

・・・  ←ポチッとお願いします。

2009/03/26

川の住人たち

昨日ご紹介した蛍からのついで話ですが、蛍が育つほどの川なので、川の中にすむ生き物もたくさいいます。
最近、よく魚を見るので、パンをあげてみました。
すると、まあ、来る来る。
メダカのようものから、20センチくらいの魚まで5・6種類の魚がいます。
最近はヤツまでやってきます↓

写真で他にも披露したいところですが、水面が光っているのとこういうところの魚は地味なので、上手く写らないのが残念。
肉眼だとよく見えまして、怪我をしている魚なんかもたまにいます。
実は、先日サヨリのようなダツのような細長い口の尖った魚を発見。
ちなみに『ダツ』は暗い海の中で光を見るとそれに突進する習性があるので、ナイトダイビングでうっかり電気を海中に照らしてしまい、それに向かってきたダツに体をつきぬかれて亡くなるダイバーが毎年数人いるとか。
地域によっては『ダツはサメより怖い』と言われているところもあるらしい。
で、私が見たものは体長30センチくらい。サヨリにしては太いような気がするし、それ以前にどちらも淡水には住んでいないような。。。。
川魚図鑑でも買ってみようかと思っている今日このごろです。

・・・  ←ポチッとお願いします。

先日の夜のことですが、こんなものを発見♪
さて、これは何でしょう。。。

                 ★蛍★
実際にはこんな感じ↓

                 
意外に小さく、1センチに満たない感じ。ヘイケボタルのサイズでしょうか?
って日本では蛍は見たことがないのですが。。。
蛍の生態はよくわかりませんが、裏に川があるからこのへんに居るのだと思いますが、5秒ごとにポワ〜と光るのはなんとも言えず不思議なもの。
昔記事にしたのですが、以前、うっかり部屋の中にはいってしまったようで、深夜になんとなく目が覚めたら、緑の光がゆ〜らゆ〜らしてたんですよ。
『あ、これが人魂か!!!!』
と凍りついたのですが、・・・・・目でよ〜く追ってみると、なんだか動きが虫っぽい。
で、あ、蛍か・・・・と気づいたのでした♪
話を元に戻しますと。。。
光ってるなあ〜と思ったら、突然光がなくなりました。
飛び去ったらか、ゲッコーに食われたに違いない。自然は厳しいなあ。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日は、久しぶりにネイティブ英語を交えたお話。
日本とオーストラリアを結ぶジェットスターが昨日こんな発表をしました。
Jetstar intends to reinstate direct Osaka – Cairns services by December 2009

*reinstate : 元に戻す、復活させる
通常の会話にはあまりちょくちょくお会いしないような単語ですが、たまにはニュースででてくるような単語も勉強するのもよし♪
。。。
で、ですね、この発表『ああ、やっぱりね〜』というのが個人的な感想。
何があったかというと、約3ケ月前から、大阪・名古屋ーケアンズ間の路線を廃止し、その代わりにゴールドコースト線を開始したわけです。
新しい路線を開設するのはユーザーにとってはいいですが、昨今高校生の修学旅行などでも需要があるケアンズ線をいきなり廃止とは、まあ、ずいぶん、イケズなことするなと思ってました。政治的なものも背景にあったようですが。
これで観光が一大産業のケアンズは大打撃。
旅行業界からのブーイングも大きかったのではないかと思います。
現在日本側の空港利用の調整中で本決まりではないですが、ほぼ実現のようです。
ゴールドコーストもいいですが、グレートバリアリーフと熱帯雨林の大自然&世界遺産を楽しむならやはりノースクィーンズランドに来ないと。
わざわざ東京を経由してきていた関西の方もたくさんいらっしゃるようなので、お互いに良い方向に向かっているようで。
よかったね、ノースクィーンズランド♪

・・・ ←ポチッとお願いします。

2009/03/23

生レモンの山

ただいま、あるものが豊作中。

                                    ★レモン★


レモンは特に手入れをしなくても勝手にたくさん実をつけてくれます。
この木は2メートル強ですが、200個はとれます。
レモンをしばらく買わなくてすむのは良いのですが、さすがに200個以上はもてあまし中。知人・友人、ご近所にも配るが次々に収穫されてくれる。
が、しかし、たまに料理に使いたい時にあるというのは便利。
せっかく実ったものなのでありがたく収穫し、まるのまま冷蔵庫で保存するか、絞って冷凍しておくか。。。
一気に10個くらいのレモンを必要とするレシピなんかないのだろうか。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日、親戚のところに行ったジェフの妹が、私たち宛てのおみやげをもってきてくれました。

スペルト小麦使用、アレルギーのある人にもやさしいパン。


ナッツ類、押し麦など穀物類など10種類ほどがはいっているグラノーラ。
これらは何回かこのブログで紹介したことありますが、ジェフの叔父さん・叔母さんが作っているもので、趣味がこうじて週に数回だけ売り出しているもの。
このパンは、すごいドッシリ系で固めです。
こういうパンはクリームチーズやマーマーレードがあいます。
↑のグラノーラもそうですが、一般のシリアルと食パンに比べたら、固い。
ということは、何回も噛みます。
アゴの発達にはこういうのがいいんだろうなと思いながら、ダイエットもかねてよ〜く噛んでます。
Wii fitのおかげで少し体重が落ちました♪
見た目にはわからない程度ですが、なんかうれしいなあ〜。
お菓子は食べずに体に良いものを、よ〜く噛んでこのまま続行しよう♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

先日の話ですが、ある保険会社から電話がかかってきました。
『7月2日の交通事故の件なんですが、覚えてます?
こちらのドライバーは○○って言うんですけど。。。』

・・・はて?
あああ、あれですか。
って、私が事故を起こしたのではありません。
私の目の前で起きた事故の話。

早い話が2台の車が軽くぶつかって、怪我人などはでてません。
あんなケースでまだもめてんの?ってな具合の話。
細かい話はおいておいて、素人目に見れば、どっちもどっちだろうと思ったのですが、実際に事故の原因を作ったおばさまが、えらい剣幕で逆ギレしていて、もう片方がかわいそうだなと思ったので、善良な市民のワタクシとしては、何かあったら証人になってあげるよと連絡先を残したのでした。
で、保険会社が送ってきた用紙に公平な立場で正直に記載。

(ちょっと控えめに・・・)
あたしったら、結構わかりやすい絵を描くわ♪と自画自賛。
笑い事ではないですが、そんなたいした事故ではないのですよ、ホント。
相手が悪くて長引いているなという感じ。
あれくらいなら、とっととEXCESSを支払って喧嘩両成敗にすればいい・・・と思ったりして。
この程度で半年以上かかるなら、人身事故だと数年はかかるというのは納得。
そんなことがないようにしたい。
ところで・・・・
この『EXCESS』というのは、イギリス英語で『控除免責金額』のこと。
こちらが支払わねばならない場合、この金額までは支払うけれども、それ以上は保険会社がすべて支払うというもの。
通常の任意保険で、25歳以上で事故歴がなければ、$200くらいでしょう。
幸いにして、今のところ私たちもこの枠。
ただし、事故を起こして保険を使うと、翌年から保険金額もエクセス金額も上がるとか。
オーストラリアに来てレンタカーを借りる方は、このEXCESSを限りなくゼロに近づけるエキストラな保険に入ることをオススメします。
いくら自分が気をつけていても、あたられるということもあるので、この方が安心です。
ちなみにジェフがレンタカーを運転していた時、当て逃げされて$800ほど支払い、苦い思いをしました。それ以来、うちはEXCESSは低く設定しています。

でも、あれですね。車の事故とかって自分がかかわっていなくても、しばらくドキドキしてるもんですね。つくづく小心者だと思います。(稀に・笑)

・・・ ←ポチッとお願いします♪

週末の新聞に『TOP TOYS FOR CHRISTMAS 2009』なるリストが載ってました。
イースターもまだなのに、もうクリスマスかい!
10ばかり載っており、個々についてはよくわからないので載せませんが、その中の1つに
Bratz magic Hair Gwor & Cut
というのがありました。
Bratz(ブラッツ)、相変わらず根強い人気のようですね。
こんなやつです。


本来は4人キャラクターがいて、みんなこんな感じです。
まあ、イマドキのイケてるティーンエイジャー像ですね。
子どもにすごい人気らしく、ご他聞にもれずうちの姪っ子8歳も大好き。
日本でも人気なのでしょうか?
で、これで思い出したのですが、同じく8歳の娘をもつオージーのお父さんが言ってました。
『うちは、ブラッツやバービーは娘に絶対に見せない。うちでは禁止アイテム』

なぜかと言えば、こういうセクシー系のものを小さいときから見ていると、体が早く成長してしまうんだそうです。具体的に言えば、初潮が早くくるとか。
へえ。
いずれ成長するので、急いで成長することないということです。それに、お父さんとしてもいろいろと心配なのでしょう。
その分、そのお宅では娘さんにはスポーツなどを盛んにさせているとか。
なるほどねえ。
小さい子ども、特に女の子がティーンエイジャーにあこがれるのは、どこの国も同じようです。。。

・・・  ←ポチッとお願いします。

先日、友人2名がそれぞれ犬を連れて遊びに来ました。
お互いに犬一匹飼いなので、たまには犬同士の社交性と高めてみよう・・・・
いや、そうではなく、この世で5頭の犬しか『友』と認めない、犬嫌い&社交性が限りなく低いスクービーのためにおこしいただいたようなものであります。

その5頭の友のうちの一頭であるラブラドールのカイザー君。
カイザー君は一目会ったその日から大好き。
この日もずーーーーとカイザー君の顔をぺろぺろ舐めてました。カイザー君はすごい迷惑そうでしたが(笑)
この行為をするのは、2年前に死んだ犬にだけ。『友』と認めているジェフの妹の犬にもしない。よほど大好きらしい。

こちらは『マーズ君』。今回2回目のご対面。
グレートデンがはいっているので、1歳にしてかなり大きい。
1回目の対面の時は、スクービーが威嚇して追いかけることもありましたが、追いかけてくれるのが大好きなマーズ君、さらにすごく社交性があるので、威嚇の甲斐がなく、根負け。
今回はかなり慣れた模様。


棒を求めてずっと泳ぎ続けるカイザー君、それをいっしょに追いかけたいが、泳ぎが苦手なマーズ君、負けるとわかると勝負を放棄するスクービー。


とはいえ、そんなこんなで楽しそうに遊んでおりました。
すごい進歩だ、スクービー。友達作れるじゃなか!
もっと小さいころからこういう機会があればよかったのにね。(とジェフを責める)
カイザー君の飼い主のドッグトレーナーさんいわく、社交性をつけるためにも子犬の時にパピースクールに行ったほうがいいそうです。
次はそうしよう。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ただいま、日本の某大学から学生2名が来てまして、2ケ月ほどこちらの学校で先生のアシスタントをしています。
昨日はその大学の先生が視察にいらっしゃり、その同行。
学生さんの働きぶりを見に行きました。

『相撲』についての授業。 
楽しみながら覚える工夫がたくさんありました。
↑3人でやる相撲もおもしろいかも(笑)


↑ こちらはおにぎり作り体験&試食中。
数年前は、小さなドライわかめでも『黒いもの』を嫌がる子どもがいたのですが、最近は寿司が普及しているせいか、ゼンゼン気にしないようで、
『先生、2個目いい?』
担任 『ダメ』
と言われている生徒が何人もいました。
ランチの後なのによく食べるね〜と感心。
このプログラムでは、学生はタウンズビルのほかに、アメリカとニュージーランドにも派遣されてます。
前年6月からティーチングや英会話のトレーニングを積み、しかも参加者全員が派遣されるとは限らないという厳しいプログラム。
今年で4年目にはいりますが、毎年非常にすばらしい学生さんが来ており、受入れ校にも喜んでいただいているようです。
一生懸命がんばっている学生の姿を見るのは、本当にほほえましいものであり、こちらも元気がわいてきます。
あと数週間、全力をだしきってがんばってくださいね♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪