日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

地元紙でも州版の新聞でも、週末などは子供向けのページなどあるのですが、たまにジョークが載ってます。
まあ、ジョークや笑のツボはお国によってだいぶ違うのはみなさんご存知と思いますが、『それにしてもさ〜』というのが多いようなオーストラリア。
『ha! ha! ha! Jokes』
Q1.What do you get from old cows?
 (歳をとった牛からは何がとれる?)
  A:  wrinkle cream
 (しわ防止りクリーム)
 【その心は】 牛からはクリームがとれるので、年老いた牛からはしわ防止クリーム・・・ってなんか逆のような。。。
Q2.What do you call a penguin in the desert?
 (砂漠の中にいるペンギンをなんと呼ぶ?)
  A:  Lost
 (迷子)
 【その心は】ペンギンは通常砂漠にいないから・・・・んんんん・・・・
Q3.What do you get when you cross an elephant and a kangaroo?
 (象とカンガルーを掛け合わせたらどうなる?)
  A : big holes all over Australia
 (オーストラリア中、大きな穴だらけになる)
 【その心は】 カンガルーはどこにでもいて駆けまわってますからね。なるほど。

          こんな感じで・・・
Q4.Where does a monkey cook his toast?
 (サルはどこでトーストを作る?)
  A : under a gorilla.
 (ゴリラの下)
 【その心は】ゴリラとグリルをかけてます。。。

どうなんだろうか〜?
つまんね〜!以前にどうしてそういう回答がでてくるのか、まずそこから頭を使います。
いや、もしかしたら、かえって頭の体操に良いのかも。
意味をジェフに聞きますと、
『どうして、君はそうno sense of humorなのだ?』
と嘆かれますが、ジョークというより『なぞなぞ』として紹介した方がよいと思うよ。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

なかなか暑くなってきました、タウンズビル。
夏が近づいているわけですが、夏になるとできないもの・・・・
野菜つくり。
そう、暑すぎて育たない
というわけで、最後にもう一回がんばってみようということで、収穫できそうなものはすべて収穫し・・・・

使命が終わった苗や木は引っこ抜き(ご苦労様、ありがとう)、heat toleranceなもの選んで種&苗を植えました。


ピーマン、とうもろこし、トマト、じゃがいも、レタス。

↑ちなみにこちらは、今年初挑戦&非常に楽しみなソラマメ(broad beans)。
が、しかし、今年は豆系はno luck。収穫はインゲン1本。どうやら目に見えない虫にやられているらしい。
種から育っても、やがて枯れる・・・ちっ!
どうやら収穫の望みは薄そう。
ちなみに、こちらの気象庁のようなところいわく、今年の夏は、
stinking hot summer (メチャクチャ暑い夏)
stinkは、あの『臭い』とか『どうしようもない』という単語。この表現、うちのまわりではよく使います。
なおかつ、サイクロンの発生確率が高そうだとか。
隣のガムツリーが倒れてきそうな懸念が・・・・保険を確認しておこう。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日は久しぶりに英語ネタ。
オーストラリアではラグビーが3種類ありますが、現在、ラグビーリーグなるものの決勝ラウンドで、ファンの間では・・・我カーボーイズが負けてしまったとしても、やはり決勝は気になるところ。
そんな中、いつも行く郵便局に行きました。
ここのおじさんもラグビーリーグ好き。
先日行った時にもあるおばちゃまのお客さんとすでにラグビーの話をしていました。
ちなみに今年のベスト4は、
Sea Eagles (Manly, NSW)
Sharks (Crounulla, NSW)
Storms (Melbourne, VIC)
Warriors (New Zealand)
おじさん 『どこ応援する?』
お客さん 『そうねえ、ストームズかウォリアーズね』
おじさん 『ああ、コックローチーズはアウトね』

※コックローチーズ(ゴキブリ): New South Wales代表チームの別名ですが、ここではNSWの2チームのこと。
大声で世間話をしてると、関係ない人がはいってきて、さらに盛り上がっている時があります。聞いてると結構おもしろい。
ワタクシ思うに、オージーはちょっと辛口な皮肉っぽい、なおかつ話をしている相手と連帯感を感じさせるジョークが好きなような。。。
さて、メルボルンのストームズは優勝候補ですが、キャプテンがgrapple tackleで2週間出場停止命令。これもどう判断されるか話題になってたんですが、こんな時に痛いですな。
※grapple : 引っ掛け鉤、しっかりつかむこと
相手のあごや首に手をかけて、魚釣りの針状にぐいっと引っ張ること。これ反則。
そして対戦チームのコーチのコメント
He’s been flirting with it all year.  It is time to pay the price.

※ flirt with :軽く見る。withの後に人が来る場合は、面白半分に手を出す、とか浮気する
※ pay a price : 代償を払う、つけが回る。
新聞のスポーツ欄も結構勉強になります。

ところで、先日メルボルンに行ったときのこと。
土曜日の夜がありまして、『お、民放で試合が2つ見れる♪』なんて期待していたらば、なんと、放映してない!
ビクトリアはオージールールが人気とはいえ、地元チームが優勝候補にもかかわらずテレビ放映していないとは!
ジェフいわく、『そこは別の国なのだ』
今年はウォーリアーズを応援しよう♪

・・・ ←応援お願いします♪

私の母は相変わらず定期的にいろいろなものを送ってくれるのですが、先日はこんなものがはいってました。

小さいコーン、ウェハース、タルト、クリームの元、クリームを絞る袋、デコレーションなんかが全部入っていて、自分で好きなようにデザインできる、まさに『ケーキ屋さん』

日本にいるうちの甥っ子5歳がこれにはまってるらしい。
知育菓子とは言いすぎでしょうが、『自分で考えて作って食べる』という行程があるので、脳に刺激があっていいかも。
リリーとデイジー用に2箱送ってくれまして、早速箱を開けて作りはじめた二人。
予想通り、性格がでますね。
スポーティなデイジーは、サクサク作って食べておしまい。
リリーは丁寧に時間をかけて作っていく、こういうのが好きなタイプ。


            ★デイジー作: ヨット★
中央の三角のウエハースは帆。その後ろのズドンと高いウエハース丸1枚は人。
発想が自由・・・というのか、切るのが面倒くさいだけのか。。。(笑)

           ★リリー作: こちらもヨット★
コーンが倒れてるのが残念ですが、仕上げが丁寧派。
。。。
もし、ホームステイなどで滞在先に小さい子がいる家庭では、こういうおみやげも喜ぶと思います。
甥っ子もはまっているくらいなので、男女問わず、作るのが好きな子はおもしろがるでしょう。
こういうお菓子、どうやらオーストラリアでは見ないようです。
説明が日本語なので、それを英訳する必要があるので、コミュニケーションの勉強やネタとしても◎。
高いものを買わなくても、意外なものがすごくウケたりします。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

先日、うちのスクービーを獣医に連れて行きました。
別に病気というわけではなく、ここ最近目と耳のチェックアップ。
目は白くなってきているんですが、これは歳だからしょうがないでしょうな。
来月で11歳ですし。

犬種により、『この犬種はOOになりやすい』というのがあるようで、スパニュエル系は
・cataract (白内障)
・耳の病気 (長くて垂れているので風通しが悪い)
・脂肪のおでき

目ですが、すぐにどうこうしなきゃいけない状態ではないけども、
『11月に目のスペシャリストが来るんだけど、よければ診てもらえば?』
だそうです。
オーストラリアでは、医師は最初に全般を診るGENERAL PRACTITIONERがいて、その医師が専門医が必要と判断すると、はじめて SPECIALIST という医師みてもらえます。
日本のように、耳が痛いから耳鼻科へ!ということはできないんですな。
どちらがいいかは別として、獣医の世界にもそういう構造があるのかも。
その先生は、犬の目に人工的なレンズをいれたりするらしいですが、そういう治療が有効か、または必要かの診断をしてくれるらしい(たぶん$120くらいで)
手術費用は1000ドルくらいらしいですよ。
高いんだか、安いんだかわかりません。
最近はレーザー治療も安くなってきたらしいですけど、おいくらなのかしら??
犬の治療保険にはいっていないので、いずれにしても全額負担。
この獣医さんは、特にそのスペシャリストに会うことを強く薦めたわけではないですが、できるだけのことをしてあげたいという飼い主もいるでしょうし、犬は人と同じ言葉が話せない分、結局すべては飼い主の判断。
あらゆるオプションを知らせてあげるのも彼らの仕事なのかもなあ・・・なんて思ったりして。
お金がかかるのも大変ですが、こういう時期に来てしまったと思うと非常に切なくなってきます。
人間も動物も健康が一番ですな。。。

・・・ ←ポチッとお願いします。

なんか、こことのこと急に暑くなってきました。
さすが、南国。春は短く、夏にまっしぐらな感じ。
どうも、スクービーがゼーゼー言って、暑そうだったので、ちょっと早いかと思ったもののサマーカットにしました♪

               ★before★
もう、羊状態も限界か。

                                     ★ after ★
同じ犬です。
相変わらず、クッション1個分ほどの毛がとれます。
スクービーの毛はとても柔らかいのですが、お互いにくっつきやすい。
刈った毛も袋の中で勝ってにボール状に固まってくんですよ。
この毛質じゃ、暑いだろうね。
実はこちらの方が、これからの季節、注意が必要なノミ・ダニをチェックしやすいのと、歳のせいででてくる脂肪のおできのチェックもしやすい。
おまけに、今日の午後は、獣医さんに目をチェックしてもらうので、ついでに全身もチェックしてもらおうという魂胆。
個人的には、サマーカットのちょっぴり情けなく見える方が好きであります。
(あ、いや、手入れしやすいからか・笑)
その後、散歩に行ったところ、ご近所の数人からも『お、髪の毛切ったね〜』なんていわれ、スクービーも得意げ。
(あ、いや、私が得意げ)
夏が来たね〜、スクービー君。
また思う存分、泳ぐがいいですよ。

・・・   ポチッとお願いします♪

みなさん、パラリンピック見てますか?
日本ではオリンピックのように放映されているのでしょうか?
オーストラリアでは同様に毎日テレビ放映されています。
初めて見るスポーツも多く、なかなか興味深い。
『車椅子ラグビー』は、車椅子でガンガンぶつかるんですが、やはり男のスポーツといった感じ・・・と思いきや、イギリスチームにはなんと女性選手が1・2名男子チームにいる!
水泳や陸上では、そのユニフォームから障害の様子が見えますが、障害の種類別に区切られているとはいえ、障害もいろいろ。
たとえば、肩から腕を失った人、ひじから失った人、腕自体が動かない人・・・
だからでしょうか、オリンピックよりも1位から8位までのタイム差が大きいような。。。
これは各選手わかっていることでしょうが、それでも勝負に挑む姿はそれぞれがまぶしい。
先週は、義足をつけた女子の陸上レースでは、先頭のランナーが途中で転んでしまったところ、日本人をふくむ選手数人が、ゴールを切ったら、すぐに引き返してそのランナーを助けに行きました。
見るたびに、何かしら言葉では言い表しくい感動、畏敬の念すら感じます。

ところで、うちの姪っ子NO.3のポピーにも障害があります。
非常にレアなケースで、全体の発育が遅れるというものですが、レアなケース故、すんなりカテゴライズできないため、公的・私的なサポートを受けるのに大変苦労しているらしい。
そこで、彼女の母親、つまりジェフの妹アンジーは、そんな苦労から障害をもつ子供達とその親をお互いにサポートする非営利のネットワークを立ち上げてしまった。
The umbrella Network "families supporting families"

先週は、全国的にDisabled Action Weekで、日曜日には障害者をサポートする団体が集まってイベントが行われ、そこに参加して正式な発足。
(カメラ忘れた・・・泣)
ポピーの障害の可能性についてはおなかにいる時からわかっていて、早い時期から悩んでいた。
が、彼女はつぶれずに決心した。
精力的に動いて、前を見ている。
彼女のは変わった・・・というか、内にこもっていたものが目覚めたという感じか。
それを呼び起こしたのは、姪っ子ポピーでもある。
先日読んだ『江原啓之さんへの質問状・スピリチュアルな法則は人救われるのか』より。かなり抜粋ですが・・・
『ハンディという個性を持った魂は、大げさに言うと”飛び級”できるということ。一気に魂のほころびを直したいという思いから、そういうカリキュラムを選んだということ。
修行のスタートラインに立てるほどに魂が成熟している。
そういう個性を持つ子どもは、”この人が親なら大丈夫”という人を選んで生まれてくる。家族にとって試練かもしれないけど、それも学び』

これらの文章前後も読まないと、内容を完全にご理解いただけないと思うので、あまり抜粋したくはないのですが、心に響いたのでご紹介しました。
(ちなみに江原さんは『障害』という言葉は物質中心主義的価値観ゆえの言い方で、よく思っておられないご様子)
この英訳本があったら、アンジーにプレゼントしたいところです。
伯母の立場ではできることも少ないでしょうが、私も人生の学びをさせていただければと思います。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

うちの野菜畑にトマトが6本あります。
こちらでは、たいてい10センチくらいの小さい苗が6本セットで売っているのですが、6本がちゃんと育つと、それはそれはトマトだらけ。
当然のことながら、いっせいに実をつけるので食べきれないという状況になります。
すべての収穫を無駄にしないということで、自己流でドライトマトを作ってみました。

今年育てたのは、Roma tomatoという楕円形のトマト。イタリアの品種っぽい、アレ。
それをたて4つか6つ割にして並べます。それを50−60度くらいのオーブンにて4・5時間焼く・・・というか干す。
一度塩を振りまして、日中、太陽がでていれば外でも干す。
これが正しい作り方かどうかはわかりませんが、数日もすれが、ドライトマトの完成。

100近いトマトを使ったと思うのですが、あっさり小さくまとまって収納も◎。
おまけに、噛めば噛むほど味がでてきたりして、おやつ感覚で食べると、割といくらでもいけちゃう。
これを、ハーブやらフェタチーズといっしょにオリーブオイル漬けにしてもいいでしょうね。
このまま、または細かく刻んで、サラダにいれてもパスタにいれても◎。なかなか重宝します。
トマトがたくさんある方はお試しアレ♪

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ジェフともども仕事が一段落し、ちょっと余裕がでてきたな・・・と思うと、目にはいってくるのは・・・

ああ、気温が上がってきたせいか、雑草が伸びている。。
ヤシの木の葉っぱがいっぱい落ちている。。。
ジェフはかねてから気になっていた一大プロジェクトに着手。
それは、庭にある階段のtimber (木材)の取替え。


かれこれ20年ほど経っているようですが、中はシロアリに食われて粉状。
でもって、このシロアリを食いにたまにイキドナ(はりもぐら)が来るんですが、
その強力な爪でガシガシはがしていくものだから穴だらけ。

       ★こんな感じで、シロアリ物色中★
ということで、このティンバー取替え作業開始。

1つ1つティンバーとレンガをはがしていきます。
ティンバーのサイズが前回もののと必ずしも同じではないので、レンガも置きなおします。
平にするために、下に細かい砂利を足したりとか。。。

気の長い作業ですよ。
あとまだあんなにありますよ。
夏がきちゃいますよ。
ああ、手が痛い〜、とか、もうダメだ〜とか言ってるんですよ。
プロにまかせりゃいいじゃないの。っていう話だと思うんですよ。
どうして自分でやりたがるのか???
ま、趣味なので放っておきますけど。
私は野菜畑と剪定に専念します(笑)

・・・ ←クリスマスまで終わると思う人、応援お願いします♪

2008/09/10

犬の個性。

仕事の方がひと段落してきて、みなさんのブログにもおじゃまできるようになってきたいのですが、最近、???と思っていることが。。。
あ、いや、前からなんですけども。
うちの犬と同じ犬種を飼っていらっしゃる方のブログを拝見するのが、結構楽しみだったりするのですが、たとえば、拓ママさんの『イングリッシュ・コッカーのいる生活』とか、桜月ママさんの『English cocker 〜穏やかな日々〜』とか。 
桜月ママさんの今日の記事とか、拓ママさんのこの記事ですが、こちらをご覧あそばせ。
この記事をみて改めて思ったのですが、なんでうちのスクービーの毛はこうならないのか??
みなさん、背中の毛なんかまっすぐで足の下なんかも10センチくらい伸ばして、すばらしいfurなんですが、スクービーは伸ばすとグルグルのドレッド状になります。


だから、散歩中、たまに『あ、プードルだ♪』とか言われます。
でも、ちゃんと『いや、これはコッカースパニュエルと言うのだよ』と教育します。

前髪なんかも、クセっ毛全開で、明日のジョーのようになびきます。
実は、先日、ちゃんととかせばまっすぐになるかな??なんて実験してみたのですが、
『ギャー』と叫ばれる始末。ブラシが毛にはいらん(泣)
人間にも直毛とクセっ毛があるように、これも個性でしょうか。
ま、いいか。あと1・2ケ月して夏になったら、丸刈りだ
だから、暑いところでオシャレは育たないのだな、きっと。。。

・・・ ←ポチッとお願いします♪