日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

先日の地元紙より、『Names in danger of extinction』より。英語のお勉強もかねてどうぞ。
直訳すると『絶滅の危機に瀕している名前』です。
ロンドンの研究結果らしいですが、
New research shows old-fashioned monikers sucha s Percy and Gertrude are heading the way of the dodo as parents turn to tredier options.
(最近の研究によれば、親がトレンディーな名前をつけたがるので、PercyやGertrudeといった昔風な名前は(絶滅した)ドードー鳥の道をたどっている)
だそうです。
※ちなみにdodo(ドードー鳥)ですが、他にも『間抜け』とか『バカ』の意味でも使われます。

で、その名前とは・・・
●男子
1. Norman
2. Walter
3. Percy
4. Harold
5. Emest
6. Herbert
7. Clifford
8. Frank
9. Arnold
10. Leonard
● 女子
1. Gertrude
2. Edna
3. Ethel
4. Irene
5. Ada
6. Norah
7. Olive
8. Agnes
9. Elsie
10. Mabel
仕事でホストファミリー情報のデータ入力をするのですが、たしかにこういった名前は親の世代でほんの少しお目にかかる程度でしょうか。。。
最近の傾向として、日本と同じく、変わった名前をつけたがる親が多いらしい。が、ですよ、日本の名前のように漢字の意味や音でいくらでも名前が作れるのと違い、英語では新しい名前といってもそのバリエーションには結構無理があるような。
なので、『は?』という男子か女子かわからない名前もあります。
あとは、cをkに変える、 yを ieに変えるとか。
もうね、ワードなんか『スペル間違ってますよー』サイン頻発(笑)
一方で、最近の名前の人気トップ5は、
男子: Jack, Thomas, Joshua, Oliver, Harry
女子: Grace, Ruby, Olivia Emily, Jessica
たしかに多い、多い。
ちなみに、Thomas, Elizabeth, Williamなどは、過去200年間常に上位だそうですよ。これはイギリス王室の影響か??

・・・ ←ポチッとお願いします。

最近、たまに楽しんでるシーフードがあります。
それがコチラ↓


              ★ザリガニ★

yabbyとか redclawとか言いますが、通常は釣りのえさです。
こちらでは釣りに行く前に、ビーチなどでヤビーを捕まえてからホンチャンの釣りに行くのだそうです。(写真のものは淡水のザリガニです)
写真のものはもちろん人間様の食用ですが、結構おいしいのですよ。
体の半分が頭で、はさみの中は小さくて食べないので捨ててしまうため、少々もったいない気もしますが、身が意外に引き締まってて美味。
ちなみにミソは淡白なお味。
魚屋さんで買うのではなく、近所にある『Barra Farm』というところに買いに行きます。
(最近魚屋に行っていないので、魚屋で売っているものかどうかはわかりません)
Barraとは、Barramundi(バラマンディ)のことで、クィーンズランド州北部でとれる白身でジューシーな高級魚であります。
川で生まれて、海に行き、また川に戻ってくるシャケのような魚で、メスは1メートル以上になります。川での釣りは解禁期間も決まっています。
で、このバラファームとは、養殖場+釣堀+水上ゴルフレンジ+BBQ付きパーティ会場のようなところ。ヤビーをなぜ売っているかといえば、バラマンディのえさなのでしょう。
たまには変わった食材も楽しいです♪

・・・  ←ポチッとお願いします♪

日本からの語学研修グループを受け入れているあるセカンダリースクール(8-12年生=日本の中2〜高3)のお話。
公立・私立にかかわらず、10年生以降は大学に進学したい生徒とすぐに働きたい生徒用にそれぞれ選択科目がたくさんあります。
そんな中、あらゆる機会を捕らえて、生徒に体験させる内容が結構あります。
その中で『へぇ〜』というものをご紹介。

             ★学校内のカフェ★

教室の一室を改造して、高学年の生徒が作ったカフェで生徒が運営しています。
この共同プロジェクトは・・・
●技術を履修している生徒が、デザイン・設計からペンキ塗りなど内装を担当
●ホスピタリティを履修している生徒が、メニューを作って販売
●ビジネスを履修している生徒が、原価計算、注文、収支など経営を担当


            ★テーブル&イス★

こちらもデザイン、作成、設置すべて生徒の作品。
すわってみてわかったのですが、テーブルの高さがその辺によくあるものよりも高い。
その高さは、顔を伏せて寝るには最高に良い高さ
これを考慮して設計したのかはわかりません(笑)
あとは、語学研修グループのさよならパーティの食事をホスピタリティを履修している生徒にメニュー、調理、テーブルセッティング、サービスをさせてみたりとか。
別の学校では、古い家を買い取って学校の敷地内にもってきて、それを生徒に改造させてカフェを作るんだそうです。
それもまた学校の施設の1つになります。
即戦力につながる体験ができる授業というのは楽しそうですね♪
このへんはうまいなと思います。

・・・ ←応援お願いします♪

2008/08/23

動物の四季

ただいま、お盆の後出発の語学研修グループ受入れ中。
先日は動物園に同行してきました。
動物園や水族館などは1回行けばよいという方もたくさんいらっしゃるでしょうが、個人的にはいつ行っても楽しめます。
赤ちゃんがいたり、いろいろな表情や動きがすきなのであります。
現在は赤ちゃんがたくさんいる時期。

↑コアラの赤ちゃん。お母さんはグースカ寝てましたが、赤ちゃんはモソモソ動いてました。


↑このカンガルー(ワラビーか?)もおなかに赤ちゃんがいます。

↑ワニの餌付けは、冬場は動きが悪いのですが、昨日はそれでも動いていた方。

↑ こちらは隅の方で休んでいたカンガルー。こういう顔をした人いません?

・・・ ←応援お願いします♪

タウンズビルでは、8月13−17日に『カルチュアル・フェスト』が行われました。
毎年のこの時期に開催されているもので、異文化を楽しみ理解しようというオーストラリアらしいイベント。
在住の日本人の方と日本語を習っている地元の高校生が1グループになって、歌やよさこいソーランなどを披露。

ちなみに私は数年前まで仲間に入れてもらっていましたが、腿の筋肉がついていかず引退(笑)
いや、だって息がでない〜ってくらい息が上がってですね、踊った後の30分は動けないんですよ。ははは。

他にもいろいろな民族の踊りなどが次々に見られて、個人的には好きです。

ちなみにコチラの方・・・・
遠くから見たのですが、一つの疑問が・・・・
『あれは男か、女か??』
踊りと衣装は女性ですが、どう見ても顔が・・・しかもワキ毛もボーボー。
とヒソヒソ話していたら、いっしょにいたジェフの妹が、『あ、さっき影で、胸に詰め物してるの見たよ』
やはり男性でした。すごくわかりやすい男性でしたけど。個人的にはこういうのも好きです(笑)

・・・・ ←ポチッとお願いします♪

最近、あるものをジェフの妹宅で発見。
なにやら、忙しい彼女にはとっても重宝しているとか。それは・・・

                      ★スロークッカー★
どんなものかといいますと、名前のごとくゆ〜っくり調理する(煮込む)電気鍋
LowとHighを選べますが、low(弱火)の場合は調理時間が6〜8時間、 high(強火)でも3〜4時間。
いいなあ〜なんてつぶやいたらば、義母が買ってくれました♪
どういうふうに使うかといえば、材料を放り込んでスイッチをいれるだけ。
あとはこんな感じで調理してくれます↓


               ★ラムのすね肉★
ラムのすね肉をまず、フライパンで表面だけを焼く。

これをスロークッカーに移す。
本日の野菜のうち、じゃがいも、かぶ、にんじん、スープ用に撹拌したトマトは自家製♪

ちょびっと豆も加えたりして、調味料も適当にいれてふたをしてスイッチオン。


            ★はい、できあがり★
何回か試してみましたが、l『ow(弱火)の場合は調理時間が6〜8時間、 high(強火)でも3〜4時間』よりももっと長めがよいです。
日本の圧力鍋が短時間でおいしい煮込み料理ができるなら、この器具はその逆バージョンといったところでしょうか。
スープはほとんど蒸発しないので焦げるということがなさそうですが、やはり家にいるときにやった方が安全でしょうね。
ジェフの妹は、材料を寝る前にいれて、スイッチをいれてから就寝するとか。
特に骨付き肉がいい味をだします。この前は牛テールの煮込みなんかも披露してくれました。おいしかったです。
調理器具もどんどん進化するのですね。。。

・・・ ←ポチッと応援お願いします♪

昨日は以前タウンズビルに住んでいらっしゃった親子が遊びにこられたので、うちで夕食をしました。
数年前、お別れディナーのときにその男の子がうちでキャンプファイヤーをやりたがったのですが、その時は非常に乾燥していて、キャンプファイヤー禁止令がシティカウンシルからでていたのでできませんでした。
今年は特にその禁止令がでていないので、ジェフがキャンプファイヤーを用意。


↑キャンプ専用のバーベキュー台。重い鉄製。
ジェフの家では長年愛用しているもののようです。
そして、肉・肉・肉!
この方々は肉好きなので、タスマニアン・リブフィレ&ソーセージ3種。
トマト&オレガノチキンソーセージ、ガーリック&ハーブポークソーセージ、・・・あとなんだったかな。。。。いろいろな種類のオリジナルソーセージを作る肉屋があるので、たまにそこで買います。塩気が強すぎず◎。
ちなみに、こちらの方、日本に帰国してから健康診断に行ったら、『痩せなさい』とお医者様に言われたとのこと。決して太い方ではないのですが、どうやらビールを飲みすぎたとか。
ヤバイな、私も気をつけないと。。。
こちらにはどうやら日本の健康診断がないようなので、いや、やろうと思えばできますが、日本ででるような診断内容やアドバイスが載ったすばらしい報告書が出てこないのではないかと思います。
そして、おそらく基準数値がオージー用と日本人用では違うのではないかと。これは勝手な想像ですが、たとえば、日本ではキケン信号の範囲でも、オーストラリアだと『ああ、まだ大丈夫♪』みたいな。
んなわけない?

・・・ ←ポチッとお願いします♪

本日は久しぶりに英語のお話から。
遅ればせながら、オリンピック始まりましたね。
すごく見たい種目があるんですが、なかなか見れない(泣)
なぜならば、私が見たいもの=日本人選手の期待が高いものは、やはりオーストラリアでは優先順位が低いですわな〜。しかたないんですけど。
ただいま、オーストラリアでは水泳が注目度大。有力選手が多いですからね。
先日それを見ていて気づいた単語をご紹介します。
・Heat
・preliminary game
↑いずれも『予選』なのですが、水泳や陸上の場合は『Heat』.
サッカーなどはpreliminary game.
この違いはナニ?とジェフに聞いてみたところ、『わからん』
が、しかし、おそらく勝敗ではなく、最終的にタイムで測る予選がHeat、試合の勝敗で決勝進出がきまるやつがpreliminary gameではないかと。
でもって、HEATとは白熱感があっていいじゃありませんか。
予選としては、他にもqualifying gameも言いますが、正確な回答をご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。 m(_ _)m
。。。
ところで、谷選手、残念でした。
そして、北島選手、おめでとう!!
嗚呼、日本の国歌聴きたかった〜。(カットでしたから!!)
そいえば、先日訪問してくれた日本のある高校生のグループに、そのホスト校が
『日本の国歌を歌ってほしい』

というリクエストをだしました。
幸いにして、国歌を歌うことにまったく抵抗のない(すばらしい)学校だったので快く歌っていただきました。
(※ 独り言:海外にでるとわかると思いますが、愛国心&国歌斉唱は当たり前のこと。オーストラリアではスポーツの試合の前にも必ず歌うので、今やオーストラリアとニュージーランドの国歌は鼻歌で歌えます♪)
現地の学校も生徒も大喜び。
おそらくですが、その理由のひとつは日本の国歌は少し他とは違うのですよね。
たいだいの国は『パンパカーン!』的な元気な感じの曲が多いなか、日本のものは重厚で幻想的。
日本の国歌、大人の調べです。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ジェフともども忙しくて放置しがちな野菜畑でしたが、先日はジェフが少し手入れと収穫をしました。

いつのまにか大きくなっていたジャガイモ〜♪
毎日手入れをしてると、成長が遅いやつは割りとじれったくなるのですが(笑)、知らないうちにこんなに大きくなっていて感激。


        ★まるで天狗のようなジャガイモ★
手作りのものはこういう形の面白いヤツもできるので、それを見るのも楽しみです♪
どの野菜もスーパーで買うよりおいしい気がします。
メインの野菜畑はいろいろな動物に食べられないようにフェンスで囲ってありますが、種がたくさん余ったこともあり、パティオの近くにもカブを植えていたのですが・・・・
ちょうどよく育ってきたところで、スクービーが留守の間に全部食べてしまいました!あああ!!!
これはかまってあげる時間がなく、ほっとかれている仕返しであります。
犬も侮れません。

・・・ ←ポチッとお願いします。

先日、姪っ子リリーの9歳の誕生日&ジェフの両親のタウンズビル滞在最後の日。
そこで、夜はレストランでお食事。
誕生日ケーキは手作りのものを持ち込み↓


 
              ★エイリアン★
だそうです。
あまりリリーらしくない選択ですが、どうやら、こういう子供向けのケーキの本があって、一応子供に選ばせるらしいですが、難しそうなのは却下されるので、最終的にこれに落ち着いた模様。多少妥協したに違いない。。。。


とはいえ、なかなかおいしいケーキでした。
思い起こせば、9年前。私とジェフはまだ日本におりましたが、朝、新橋のオフィスビルにちょうど入る前に携帯が鳴って、ジェフが『生まれた!』と興奮しながら教えてくれたのを覚えています。
9年・・・長いというか早いというか。。。
ともあれ、リリー、誕生日おめでとう。
そうそう、話はそれますが、先日ご紹介した高校生グループのさよならパーティなんですが・・・・
パーティが行われたのが火曜日の夜なんですけど、2日前の日曜日に赤ちゃんを産んで、新生児をつれてパーティにきているホストマザーがいました。
予定よりかなり早くなってしまったそうですが、日本人の生徒さんにさよならも言いたいので即退院。6人目なので慣れたもんだそうですけど、夜8時くらいまで生後2日の新生児とともにフル参加。
オージー母ちゃん、強し!

・・・ ←ポチッとお願いします♪