日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

本日は、なんとタウンズビルのみ祝日〜♪ 3連休であります。
何の日かといいますと、『Show Day』

移動遊園地がこの時期数日来るのですが、その開催日のうちの平日の1日が休みになります。
学校はすでにスクールホリディ中なので関係ないですが、会社や銀行もお休み♪ しかも、年度末。日本で言えば3月31日です(笑)。徹底してます。
そこで〜、Show Dayの模様を・・・・といいたいところですが、行きましぇん。
そこにある乗り物は、まあだいたい日本でもあるようなものですが、数年前に行った時にグルグル系の乗り物に乗ったらば、日本の遊園地よりも1回の運行時間がえらく長くて、酔いました。
日本の遊園地だったら、このへんで終わるだろう・・・という域を超え、『これでもか!これでもか!』くらい長かったです。お得といえばお得ですが、何事もやりすぎはいけません。
。。。
たまたまですが、ジェフのおじいさんが90歳の誕生日パーティを開くというので、そちらに行ってきます。
多少不自由はあるもののおばあさんと自宅で暮らしてます。たまに介護スタッフが来るようですが、彼らや遠いいとこを呼んでの誕生日パーティなどもすでに行ったらしい。
数日前の本当の誕生日に電話したところ、
『I flat out. You’d better hurry up!』 (もうクタクタ。早く来たほうがいいよ)
だそうです。まあ、まあ、お待ちくだされ。では、行ってきます。

・・・  ←ポチッと応援お願いします♪

2008/06/27

冬超え

ジェフいわく、こちらのニュースによれば6月21日(土)が冬至らしいのですが、日本は23日(月)ではありませんか?違いますか?聞き間違い?
が、正解だとすれば国によって違うのですか??
・・・それはさておき、冬至=冬なわけですが、今年は去年に比べればジェンジェン寒くありません。
というか、例年並の気温ですか。最高気温25-28度、最低気温15度前後。
が、しかし、たまに急に冷え込む夜もあります。
で、ちょっと心配になるのがコチラ、完全外犬のスクービー。

嗚呼、南国。
犬小屋を作らなくてもこういったベッドでOK. (写真では見えてませんが、地上10センチくらいの高さのもの)
先日、ちょっと冷え込んだ日がありまして、その翌日、
『子供の遊び用のテントを買おう』(=お隣さんのマネ)
と主張したのですが、
『いや、自分で作る』
とジェフ。
そして、家にあった廃材でこんなものを作りました。。。


通常の別途に囲いを作って、ビニールをかけたもの。
このビニールは、ジェフのお父さんがアーミー時代に使っていたポンチョ。
風がくる方をこのポンチョでしっかりガード。見た目は悪いですが、しっかり覆われてるので(洗濯バサミで・笑)暖かい・・・と思います。
さすが、アーミーのものって丈夫よね。。
囲いのところに
『SCOOB’S HUT』
とありますが、このhut とは、掘っ立て小屋という意味。まさにそのとおり♪
6月が一番寒いので、またもう少ししたらちょびっとずつ寒さが緩んでくるのでしょう。。。短い冬です。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

ふと、ジェフがパティオでコーヒーを飲んでいるときにあるものを発見。

ジェフの目線の先にあるののは・・・・・
・・・
・・・
・・・

おそらく、昨日ご紹介したのと同じと思われるechidna=ハリモグラ君。
聴覚と嗅覚がいいらしいので、こちらに気づいていると思われますが、気にせず活動中。左側に見えるのが鼻。


じゃああ〜ん。こんなお顔でした〜♪
私も初めて拝見。なぜならば、人の気配に気づくと亀のように顔・手足を中側に隠してしまうから。
おそらくここまで接近して活動を見られるのは珍しいと思われます。
鼻をつっこんでシロアリを探索中。
ところで、昨日、拓ママさんより『ハリモグラとハリネズミはどう違う?』というコメントをいただきましたが、ウィキペディによれば、ハリモグラはカモノハシ目、ハリネズミ(hedgehog)はモグラ目で系統的に違うそうです。(へぇ〜)
ハリネズミはたしかニュージーランドではよく見られるらしいですね。日本にもいるそうですが、どちらの国にとっても外来種だそうです。
一方ハリモグラはオーストラリア固有種。ネイティブアニマル。
夜行性かと思いきや、夏の暑い日は夜行性だそうですが、気温が落ちてくると昼間も動くらしい。
歩き出すと結構トコトコ進みます。その後お隣さんのおうちに行った模様。
お隣さんちにはnastyな犬がいるぞ〜、気をつけや〜。・・・といっても理解できるわけでもなく行ってしまいました。。。。

・・・  ←ポチッとお願いします♪

毎日夕方に庭にある菜園の様子を見に行くのが日課。
何気なく畑に近づいたところ、ごそごそと動くものが!


またもやechidna(ハリモグラ・・・左が頭部)
ああ、何をしているのだ、君は!! 君が入れる隙間はそこにはなかったはず!
ガーデンベッドの木材が破壊されてるではないか。。。。

スクービーも気になって仕方がない。これ以上は近づきませんが、釘付け状態。

さて、このハリモグラは何をしていたのかというと、手前の芝と菜園の境としておいてある木材の中にいるシロアリを食べているのであります。

爪でガシガシと土を蹴散らし、木に穴をあけ、中にいるシロアリも捕まえて食べている模様。

シロアリ、どんどん食べていただきたい。嗚呼、すばらしき食物連鎖♪
が、しかし、トマトの根っこは傷つけないでくれ〜。


↑少し前にもアップしましたが、さらにドアップのハリモグラの体毛。折れているヤツの中は空洞。針と針(体毛ですが)の間には、数センチくらいの黒い剛毛があります。これが成長するとあんな針になるんでしょうか。

前回の記事の時、たしか『その針も抜けるのか?』というコメントをいただいたと思うのですが、いかんせん、常に観察できるところにいないので、どうなんでしょうねえ。

私もマジマジと観察日記をつけてみたいものです。。。

・・・ ←ポチッと応援お願いします m(_ _)m。

先日、姪っ子たちにある学校のイベントに招待されました。
『Grandparents Day』

もちろん、おばあちゃんじゃないですけどね、彼女たちの本物のおじいちゃん・おばあちゃん、つまりは義父母の帰国がその日に間に合わないという都合上、代わりに招待されました。
趣旨はおじいちゃん&おばあちゃんに日ごろの学校での様子を見てもらおうという楽しい行事ですが、たまたまおじいちゃん&おばあちゃんが遠くに住んでいる、または亡くなってる子で、就業前と小学校低学年の子供たちの場合は、親が来てたかな。。。
それはさておき。。。
最初は全学年(幼稚園〜6年生)の歌や学期の演奏↓

この後は、自分の孫や関係者のクラスに行って、ゲスト参加型授業参観。兄弟姉妹で同じ学校に入学することが多いので、複数のクラスを回る人も。
4年生のリリーのクラスでは、事前におじいちゃん・おばあちゃんへの昔についての質問を匿名で集めておいて、先生がそれを読み上げて、ゲストに答えてもらう。
そして、プレップのデイジーのクラスは、自分の作品を説明したり、

いっしょに遊ぶ、いや、作品をクリエイトする(笑)。

     左: ワタクシの作品   右: デイジーの作品
こういう、いろいろなカラフルなものが机に用意してあって、自由に使って作品を作りました。意外に熱中してしまいました。毎日楽しそうでいいなあ〜。
そして、自分の作品に自画自賛♪
。。。
演奏の前の校長先生からスピーチがあり、子供たちから事前に『おじいちゃん&おばあちゃん』についてのアンケートをとっていて、おもしろいものを読み上げました。その一部をご紹介。
・おじいちゃんとおばあちゃん達はたいてい太っている。特におばあちゃんは、自分の靴の紐が結べないほど太っている
・おじいちゃんとおばあちゃんは、いつもゆっくり動く。もっと、エクササイズをしてキビキビ動いた方がよいのでは。

・・・きっついなあ、君たち。
・ぼくのおじいちゃんは空港に住んでいる。ご飯に招待するときは空港に迎えに行って、家に帰るときは空港に送っていく。

・・・おじいちゃんは飛行機にのって訪問するということね。
・おじいちゃんとおばあちゃんは、決して『早くしなさい!』とは言わない。

・・・んん、なるほどね。おじいちゃん&おばあちゃんは、やはり優しいのでしょうね。
子供の視点とはおもしろいですね。どれもこれも笑えました。
なかなか楽しませていただきました♪

・・・ ← ポチッとお願いします。

いつもおいしそうなイタリア料理レシピ満載のryuji_s1さんのイタリア料理ブログより『ブラウンマッシュルームのパスタ』を作ってみました。
何度かご紹介していますが、ryujiさんのレシピはシンプルで豪華。
が、日本では手に入っても、うちのまわりでは手に入りにくい素材もあるので、グーグーとおなかを鳴らしながら、食べたいな〜と拝見することもしばしばなのですが、このレシピは簡単に手に入るブラウンマッシュルーム♪


ブラウンマッシュルームの豪勢な香りとソース。自画自賛のおいしさ(笑)
キノコ好きにはたまりませんよ〜。

・・・日本と同じような食材が簡単に手に入らなかったり、レストランでもダメとなると、仕方なく自分で作るようになるんですね〜。
必要に迫られると、結構いろいろなことができちゃったりします(笑)
が、しかし、キノコは別だなあ。。。 
実はマッシュルームの栽培キットというが売ってます。一度トライしたことがあるのですが、予想通り、うちでは暑すぎたらしく失敗(悲)
えのき、シメジ、まいたけ、エリンギ、生しいたけなど、新鮮なやつが大量に流通してくれるとうれしいのですが。。。
話は戻って、このパスタですが、こういうキノコがたくさん詰まったソースはレストランではなかなかメニューにないと思うのですが、どうでしょう?
簡単ですごくおいしいですので、パスタ&キノコ好きの方はお試しアレ。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

朝起きてからと夕方、スクービーとともに庭に行くのが日課。何をするわけでもないですが、まあ、ちょっと歩くだけ。。。
昨日はいつも行かない時間でもある、午後2時ごろ、なんとなく庭に行ってみようかなと思ってスクービーとともに、とぼとぼと歩き回っていたところ、珍客を発見!

な・なんと犬が!!


どうです、この怖そうな顔。
しかも、ウーウーと威嚇する上に、震えている。
この手のブルがはいってる犬種は要注意。尻尾をふって近づいてこなければ、無理に近寄らないようほうがよし。攻撃するように訓練されているものもいます。
近寄っても逃げないでうなるだけなので、怪我をしているか?
近所ではまったく見かけない犬だし、逃げたのか、捨てられたのか。。。
だとすれば、とてもかわいそうな話だし、うちで飼ってもいいんだけど(!)、とはいえ、首輪にタグもある。いずれにしても、シティカウンシルにまた応援を依頼!
1時間くらいしてから2人のスタッフがきてくれました。スクービーが他の犬に襲われたときと同様、これまた非常に協力的な人々。
首輪のタグをみて、オフィスに問い合わせ、その場で飼い主に電話したところ、
『うちの犬は死んでもういないけど、でも、その犬を見に行く』

と言ったそうな。
・・・はて?なにかニオウ。
登録してある犬が死んで、新しい犬を飼うと登録をしなおさなければいけませんが、たまにそのままにするLAZY人がいるとか。
が、ことの真相はこう。
『私の死んだ犬用の登録タグを友人にあげた(=これはダメです)。その知人は昨晩piggingに行き、その犬も一緒に行ったうちの一匹。その飼い主もその時怪我をして病院に行った・・・』

は?
どういうことかといいますと、
pigging= 豚狩り

何十年前の趣味の1つだったそうですが、野生の豚を犬数匹で捕まえさせるんだそうです。それを肉屋に売るか、もしくは自分の家で食べるか。現代はどうするかわかりません。
昨日の迷子犬は、狩りに使った犬が帰ってこなかったので、そのまま家に帰ったと。
つーかですよ、いまどき野生の豚なんて民家の近くではいませんよ。
うちはタウンズビルの中でもさらに田舎な方ですが、ここからわりと離れた人のいないブッシュまで行かないといけないと思うんですが、この犬は夜通し家を求めて歩いたってことですね。おそらく何十キロ?
だから疲れて動けなかったようです。うなってても、目が開けてられなくて寝ちゃうんですよ。
で、飼い主が取りに来ました。
うちの前でシティカウンシルのスタッフがその人と話しこんでましたが、私たちがいるべき場所ではないので、どう対応したかはわかりません。
それにしても、豚を犬で殺しに行くっていう趣味はどうですかね。違法ではないとか。
当然この犬もそのように訓練されているのでしょう。コエ〜
そんなのが路上をウロウロしてるってのも問題だわ!

・・・それにしてもラッキーだったのが、スクービー。
この犬がいる方向と反対方向に突っ走っていったので、存在に気づかなかった模様。
勝てないくせに、ほかの犬に喧嘩を売るので、この犬が相手では死闘になってたかも。(マジで)
というかですね、犬に対する感覚は鋭いので以前なら気づいたと思うのですが、最近、年のせいか、まわりの動きを察知するのが鈍くなったような。。。これはこれで切ない。。。

・・・  ←スクービーに若さを!

数日前の朝焼け。
たしか午前6時20分すぎ。。。


日本は23日が夏至ですか?ということは、南半球では冬至ということで、今が昼間が一番短いとき。
辞書によれば、冬至はwinter solstice. (夏はsummerに変える、春分・秋分はspring/autumn equinox) 単語はあってもあまり、というかまったく耳にしないので、日本のように暦として祝うとか、何かをするという文化がないのでしょうかね。
今週末はかぼちゃでも煮て・・・・いや、水っぽくてこの調理法はあわないので、ローストして、柚子湯のかわりにたんまりあるレモンでレモン湯でもはいるか。。。

ちなみにクィーンズランド州は夏時間を導入してません。夏前になると導入すべきかどうか毎年議論が始まるようですが、タウンズビルなど赤道に近い方なので、夏と冬では、日の出・日の入りの差は1時間くらい。州の一番下(南)のブリズベンあたりはどれくらいなのかわりませんが、個人的には夏時間は意味なくね?という感じ。
とはいえ、日照時間が多い夏の方が好きだなあ〜。

・・・ ←ポチッとお願いします♪

2008/06/16

君は正しい。

本日は久しぶりに英語のお話。
日曜日のある新聞にのっていたケロッグの広告より。
『頭がしっかり働くように朝食をきちんと食べよう!』という日本でもおなじみの趣旨のものですが、↓の写真をご覧アレ。


7. Find X 

三角形のXの辺の長さを求めなさいというやつですが、この生徒の答えは、
found it (ここだ!)

思わず、プププ・・・と笑ってしまいました。だって間違いじゃないもんね。
ジェフいわく、『これは絶対に問題文が悪い。俺だったら、これで先生と言い合いするね』だそうです。
で、正しくは、というか、こういう回答をなくすにはどう書くべきだったのかというと、
『find the value of X』
だそうです。
・・・まあ、そう書かなくてもわかりそうなもんですけどね。
こういう回答してみたかったけど、気が小さくてできませんでした(笑)。これくらいのユニーク性があったほうが将来たのもしそうでいいような気がしますが・・・ダメかな?

・・・ ←ポチッとお願いします。

以前、知人のお宅に夕食に招かれたときに初めて出会ったものがありました。
それ以来、ジェフはインド風カレーを作るのが趣味ですが、そういうカレーの時には必ず食卓にでてきます。

     ★PUPPODUM★ (『パパダン』と聞こえる・・・)
硬いシートがはいっていますが、これに軽くオイルスプレーをかけて、レンジで40-60秒チンすると、この通り↓


皮が膨らんでサクサクしたチップス状のものが出来上がり。
これを割って、カレーをつけていただきます。
塩味がついているので、これだけでもイケます。
主な原料は、ひよこ豆と米。
油で揚げるのであれば、数秒でできるらしいですが、レンジの方が含む油の量が少なくてすむような。。。
こちらではスーパーで普通に売っていますが、日本でも輸入食品を扱うお店ならあるかもしれませんね。水っぽいカレーと相性は最高。が、しかし、他にも使い方がいろいろありそうです。すこし砕いてサラダのトッピングにするとか。お試しアレ。

・・・ ← ポチッとお願いします♪