日本人超少数、オージーだらけの生活の様子や
ネイティブ英会話をお届け

ただいまこちらの学校でアシスタントをするプログラムに参加している某大学生の様子を見学しに、その大学の先生とともに学校訪問。
日本語クラスや通常クラスで、先生のお手伝いをしたり、時間をもらって日本の文化紹介などもしています。
今回は時期を逃しましたが、節分のお話、箸の使い方、おにぎりの作り方など、どのクラスの生徒もたのしそうにやっておりました。(あるクラスでは、ランチのあとにもかからず、全員おにぎりをおいしそうに食べていたのが印象的でした・・・・)
さて、もう何回も学校の授業は見学しているので、もはや見慣れてしまったのですが、初めは、『へええ〜』と少々驚いたことがあります。
まあ、たいしたことではないのですがね。それは何かといいますと、次の写真をご覧ください。

さて、この2つの共通点はナンでしょう?
それは『床にすわる』ことでした。↑の写真のように本の読み聞かせとかグループワークの時はこのようにするようですね。床がカーペットなので違和感がないのかもしれません。(高校生のクラスでこれは見たことないのですが・・・)
後ろから授業をみてると、まあ、いろんな子がいておもしろいですね。でもって、個人的に小学校の教室が好きなのですが、なぜかというと、壁に貼ってあるモノを見ていると『へえ〜』と学べることがたくさんあって飽きません。勉強になります(笑)

本日は1ページにまとめました♪ ←ポチッと一押しお願いします♪

本日は、先日の地元紙より、ちょこっと英単語のご紹介と、中学・高校で留学を考えているみなさんには注意する必要があるお話。
題名 : 『Corey ‘wannabes"』

※wannabe 熱狂的ファン とか 〜気取りの とか。

Coreyというのはメルボルンの男子高校生の名前で、『Coreyを目指せ!』といったところでしょうか。このCorey君、何をしたかというと、両親が留守の間に自宅でパーティを開き、そこに500人も来てしまって警察が介入してやっと収めたという全国的に物議をかもし出した出来事の張本人。(そのパーティを仕切る才能?をかわれて、あるクラブのDJだか仕切りをやらせてやろうというエージェントまで現れたらしい・・・)
両親がいない間にパーティを開くというのは、ハリウッド映画などでよくでてくる一幕ですね、その通り、アレです。
が、ですよ、実際に夜の住宅街にそんなにティーンエイジャーが集まったら大変な迷惑。15-20歳くらいまでいろいろらしいですが(オーストラリアでは18歳から飲酒OK)、まあ、みんな酔っ払ってケンカが始まりますわね。ゴミも散らかり放題だし、うるさい。
で、先日タウンズビルのある16歳の生徒の家で誕生日パーティが開かれた時に300人ほど集まってかなりの警察が動員された模様。ある生徒曰く、Corey君を目指せ!という動きがあるのだとか。
パーティ情報がネット上で伝わって、相手が知り合いであろうがなかろうが関係なくパーティに集結。オーストラリア全国的にこの手の騒ぎは昔からあるようですが、新聞にはこんなススメが・・・

・・・続きを読む前に ←ポチッとお願いします♪

また食べのもの話で恐縮ですが、先日、いつも簡単そうでゴージャスなレシピ満載のRyuji_s1さんのイタリア料理レシピよりこんなパスタを作ってみました。

 ★小エビのフェットチーネ カレークリームソース★

我が家の食材ストックの都合上、スパゲティと細め長ネギの部分で代用ですが、とてもおいしゅうございました。たまにはこういうソースもいいですね。
夕食メニューに困った時は、ほんとRyujiさんのブログにお世話になっております♪
さて、エビといえば、私が住んでいる場所はエビや牡蠣、川魚&リーフフィッシュなどのシーフードも多いのですが、ここ数年ずっと値上がり。
ボートがあるなら自分で釣りに行った方がおトクそうなんですが、そんなところで本日の地元新聞に・・・・

・・・続きを読む前に  ←ポチッと応援よろしくお願いします♪

たまに『豆』が食べたいなと思うのですが、実はアジアンスーパーマーケットに行くと、結構いろんな豆があります。豆なんか1から料理したことないクセに、ある日3種類買ってみました。
豆を煮るのは、母や祖母がやっていたのをなんとなく見ただけで、どうも『コツと年季がいるものだ』というイメージがあったのですが、そこはオーストラリア。そんなこと言ってられません。食べたいものは自分で作らねば・・・。『物がない』というのは人間を成長させますな(オオゲサ・笑)
で、kidney beans =金時豆を煮てみました!
・・・ほんと煮るだけですね。時間がかかるだけで簡単でした(笑)
さて、意外に量が増えてしまったので、ある2種類のものを作ってみました。一つ目。


          ★チリコンカーン★

ミニ・トルティーヤにチリコンカーン、Guacamole(私には『ワカモリ』と聞こえる)ソース、チーズを乗せて巻いてガブリ。
ワカモリソースは、アボカド、サワークリーム、レモン、塩・コショーを混ぜますが、自分で作った方がおいしいような。
さて、次。これはジェフが『うわっ!!!』嫌がるヤツ・・・
・・・続きを読む前に ←ポチッと応援お願いします。。。

ええ、ジェフがこんなものを作ってくれました。

はい、本日私の誕生日であります。
ジェフの家族は誕生日の朝に電話をくれます。まず、ジェフの妹アンジーより。
『で、ジェフからプレゼントもらった?』
『ん?ないよ。カードとケーキだけ』

『世界でもっともロマンチックでない人と結婚しちゃったわね。ま、私もその一人だけど。ガハハハ・・・』

ジェフは買い物が嫌いですし、まあ、たいしてほしいものもないもので全く期待してないと言いますか。日本に住んでいたら状況は違ったかもしれませんが(笑)
前日の夜に『ああ、プレゼント買うの忘れた!』とかよく言ってます(ホンマカイナ)。とはいえ、人生に一度くらい、でっかいリボンがかかった素敵な新車が玄関の前にとまってた!とかいうのはあってもいいと思いますけども(ないか・・・)
ちなみに写真のケーキはインスタントのミックスものですが、オージーの味覚に慣れてきたせいか?味は悪くありません。有難く頂戴します。
ところで、自分の誕生日までは、『新しい年だ!』と思うのですが、この日を過ぎたとたんに、『あ、もう3月だ!』となり、あっという間に1年終わる感じがします。時間を無駄にしないようにがんばらねば。。。
今日はオチなしです♪

 ←誕生日ということで、1つお祝いクリックお願いします♪

先日意外なものを見ました。コチラ↓

いやいや、亀がその答えではありません。
まあ、ガレージにいるというのは、これはこれで意外なんですが。なにせ、川からここまでは100メートルはあると思うので(場所柄、超細長い土地)、はてさて、急な坂道、どこのルートを通って、一体どれくらいの時間がかかったのか。。。。
で、ですね、それよりも意外な発見とは・・・・
・・・続きを読む前に ←1押し応援お願いします♪

本日は週末の新聞記事より。英語のお勉強もかねながらどうぞ。
『Fare evasion crackdown』

※fare:運賃、evasion:逃れること、crackdown:一斉取り締まり
何かといいますと、クィーンズランド州の鉄道を管理している部門が、無銭乗車を取り締まりだしたというもの。
タウンズビルにも電車はありますが、日々使う通勤用ではなく長距離移動用なので、わたくし電車にはトンと乗らないのでよくわかりませんが、どうやらブリズベンやゴールドコースト近辺では普通往復チケットを買うらしく、片道しか買わないで『失くしちゃいました』と言って支払いを逃れる大人が多いらしい。
こういった無銭乗車で年間約1000万ドル(約10億円)の損害があるとか。それに喝をいれる記事ですが、こういった大人の言い訳がこれまた細かい!

・・・続きを読む前に ←ポチッと応援お願いします♪

2008/02/16

釘付けDVD

ただいま日本の某大学より学生さん達がきておりまして、地元の学校で先生のアシスタントとしてインターンシップをしています。
4月よりこのプログラムのためにトレーニングをうけた学生さんたちで、日本語授業や他の教科でもお手伝いをしていますが、長いようで短い8週間、是非全力でがんばっていただきたい。
さて、このプログラムにかかわっていらっしゃるある方が、以前タウンズビルのご近所さんでして、お願いをしてこんな素敵なお土産を用意してくれました。。。

・・・続きを読む前に ←ポチッとお願いします♪

またもや大雨。が、しかし、やんで数日たつのですが、裏の川が相変わらず増水中。いつもだったらすぐに引くのに今回は引きが遅い。
どうやら川上にあるダムから放水中らしい。実はダムの扉が新しくなりまして、先週初開きしたそうですよ。車ですぐのところにあるので見に行きました。


貯水量100%を超えているので、ジャンジャカ放水中。ということは、しばらく水は引かないような感じ。。。
で、ですね、この増水のおかげで、かなり近くまで来るんですよ、アレが。なので捕まえようと思いまして・・・・

・・・続きを読む前に ←ポチッと応援よろしくお願いします♪

2008/02/13

Sorry Day

本日はオーストラリアは歴史的な日になりました。英単語を交えながらご紹介。
なぜかというと、本日は題して『Sorry Day』。
何に対して『ごめんなさい』かといいますと、オーストラリア政府が正式にindigenous の人々(先住民:アボリジ二とアイランダーの人々)に対する迫害の正式な謝罪をし、その採択をしたからであります。
初めての公式謝罪だそうです。ちなみに前政権はこれをやってしまうと、compensation(補償)の嵐が来るだろうということで拒んでたんだとか。
1910年から1970年まで、後からやってきた白人が先住民の親子を引き離したり、英語の名前に変えさせたり、まあひどい仕打ちをしたわけです。償うべくは償って差別が少しでもなくなる方向に行けばいいですね。
ちなみに、この被害にあった世代を『Stolen Generation』と呼びます。
さて、式典の模様は見ませんでしたが、首都キャンベラには約100名の先住民が招待されたそうで、首相自らのご指名でタウンズビルからはこの人が出席!
・・・続きを読む前に ←ポチッと応援お願いします♪